ぐらめぞ()さん 大老 サポーター   フォロー

生まれは、静岡市清水区(旧清水市)です。
旧東海道に面しており、曾祖母はお茶屋でバイトしていた娘時代に、次郎長にからかわれていたそうです。
3分ほど歩けば「吉川神社」、更に10分ほどで「吉川氏館跡」があります。
小中学校は、駿府城の三の丸内にあり、お堀にかかる「城代橋」を渡って通学していました。
よく二の丸の石垣をよじ登って遊んでいましたが、今では堀下まで降りられなくなっています。
近くの東御門は、荒れ果てた石垣とその上に歩兵第34連隊の橘大隊長の銅像が立っていただけでしたが、今ではその銅像も撤去され、御門と巽櫓が再建されました。
今、駿府城の大規模な発掘が行われており、さらにまた大きく変貌していきそうです。

ぐらめぞさんのマイベストキャッスル

1 戸吹城(東京都あきる野市) 戸吹城(東京都あきる野市)
恐ろしい?お城が好きな山城ファンとして、選んでいきました。 その1位が、関東一恐ろしいと言われているこのお城です。 山城のマッターホルンと言われているとかいないとか? もう一度攻城するかと聞かれたら、迷わずノー!ですが。。。
2 浄福寺城(東京都八王子市) 浄福寺城(東京都八王子市)
簡単に攻城できると思いきや、狭くて急勾配の登城道で、おまけに落ち葉で埋まっていて、木に掴まって身体を引き上げたり這い上がったりと、大苦戦。 更に、帰路で選んだ搦手は降り口が見つからずに山を越えて延々と。。。 何とか急斜面を木から木へ飛び移って降りることができましたが、夕方から雪の予報で下手すれば遭難したかも?
3 笠間城(茨城県笠間市) 笠間城(茨城県笠間市)
正面からの攻城は至って普通にできるお城で、整備も行き届いています。 しかし、頂上にある神社の裏手は修験の場で、ものすごい岩を鎖を伝いながら登るようになっています。 それでも降りるのは出来そう・・・と思いきや、途中で鎖は錆び落ちており、諦めました。
4 網代城(東京都あきる野市) 網代城(東京都あきる野市)
山の周りを探し回って、やっと見つけた道を登り、結構苦労して攻城しました。 ところが、こちらが搦手だったようで、登頂した主郭から大手道を降りていきましたが、降りるのもこわい道で、こちらから登ったら大変だったと思いました。 その道を、スポーツウエア姿のおじさんが駆け上がってきたのに、ビックリしたことも忘れられません。。。
5 津久井城(神奈川県相模原市) 津久井城(神奈川県相模原市)
よく整備された公園になっており、楽に攻城出来ます・・・というのは、帰り道で知ったことです。 行きは、津久井湖畔に面したバス停で降り、目の前の崖にあった登頂道から攻城しました。 まあものすごい道で、途中鎖を伝いながら息絶え絶えでした。
6 要害山城(山梨県甲府市) 要害山城(山梨県甲府市)
調べていたバスが、行ってみると時刻表になく、行き先の旅館廃業のために大幅減便となっていて、躓きの出だし。 武田の詰城でそこそこ急峻ではありますが、山城としてはまあ普通。 しかし、攻城後に主郭から搦手を降りていくと・・・途中の分かれ道を右に行っても左に行っても超危険。 諦めて引き返しましたが、そのまま強行突破していたら滑落も?
7 韮山城(静岡県伊豆の国市) 韮山城(静岡県伊豆の国市)
本城は苦も無く登れますが、砦部分への道がありません。 観光案内の人に尋ねると、行けないことはないが、前年に行方不明の女性が滑落遺体で発見されたとのこと。 10mほど登ってはみましたが、ここは素直に自粛しました。。。
8 岩殿城(山梨県大月市) 岩殿城(山梨県大月市)
一枚岩の上に建つ、難攻不落の岩城?で、ここを1位にするのが正解かも? ただ、つづら折りに登っていく道は、今はよく整備されていて、さほど苦労せずに登れます。(現在は通行止め) しかし、「稚児落とし」方面はかなり厳しい道で、脇に寄り道していきたい私でも、素直に歩くしかありませんでした。
9 備中松山城(岡山県高梁市) 備中松山城(岡山県高梁市)
さほど苦労せずに攻城出来たのでこの順位ですが、間違いなく評価1位の山城ですね。 でも、この城に自動車で攻城するのはもったいないですよ。 麓から、大石内蔵助腰掛け石経由で登りましょう。 それから、奥の大松山城も外せません。
10 大矢部城(神奈川県横須賀市) 大矢部城(神奈川県横須賀市)
霊園の案内所で聞くと、奥に登頂口があるとのこと。 駐車場の奥に、細い階段がありました。 しかし、「安全が確認できるまで、通行禁止、」の案内板が・・・ よくわかりませんが、草もぼうぼうで、いずれにしてもとても登れたものではありませんでした。
あなたも自分だけのマイベストキャッスルを披露してみませんか?
マイベストキャッスルを設定する

みんなのベストキャッスルを表示する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

瀬戸内海を席巻した村上海賊、その当主である村上武吉の娘「景(きょう)」を主人公とした小説です。織田軍との激戦である第一次木津川口の戦いが描かれます。
個性あふれる登場人物が魅力的で物語に没頭できました。合戦シーンの描写はドキドキハラハラの連続で大興奮して読めます、焙烙玉コワイ…。
能島城へ訪問する前に読んでおくと村上海賊を身近に感じることができ、攻城もよりいっそう楽しめると思います。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る