割烹旅館 水明荘は千葉県の「野田」エリアにある旅館です。もっとも近いお城は木野崎城です。

もう一度周辺地図を表示する

割烹旅館 水明荘

*【外観】利根川沿いに佇む旅館。ごゆっくりお寛ぎ下さい。
提供:じゃらん
昭和レトロな雰囲気に癒される。自慢のお食事は個室かお部屋食にて
利根川沿いに佇む、割烹旅館。
旬の味覚にこだわったお食事をお部屋食か個室でご用意致します。
24時間入浴可能な大浴場で癒しのひと時を
無線LANを完備しておりますのでビジネス利用も可能。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 割烹旅館 水明荘
住所 〒278-0012 千葉県野田市瀬戸835
交通案内
  • 【東武線からより】車以外/東武野田線『梅郷』下車  タクシーにて約10分(2000円程度)
チェックイン
  • チェックイン 16:30
  • チェックアウト 10:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を11件表示しています

木野崎城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

木野崎城
3875 木野崎城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県野田市木野崎下町

平均評価:★★☆☆☆ 2.16(0位) 見学時間:17分(0位) 攻城人数:24人(2695位)
今城
3169 今城 制覇   別名 高野城、高野館、高野要害

[茨城県][下総] 茨城県守谷市けやき台3-17

平均評価:★★☆☆☆ 2.17(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:33人(2399位)
筒戸城
3106 筒戸城 制覇

[茨城県][下総] 茨城県つくばみらい市筒戸

平均評価:★★☆☆☆ 2.38(0位) 見学時間:23分(0位) 攻城人数:33人(2399位)
菅生城
2830 菅生城 制覇   別名 古谷城

[茨城県][下総] 茨城県常総市菅生

平均評価:★★☆☆☆ 1.78(0位) 見学時間:18分(0位) 攻城人数:33人(2399位)
守谷城
984 守谷城 制覇

[茨城県][下総] 茨城県守谷市本町

平均評価:★★★★☆ 3.77(0位) 見学時間:56分(0位) 攻城人数:198人(499位)
布施城
2369 布施城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県柏市布施281

平均評価:★★☆☆☆ 1.50(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:70人(1466位)
松ヶ崎城
916 松ヶ崎城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県柏市松ヶ崎字腰巻457-1

平均評価:★★★☆☆ 3.11(0位) 見学時間:31分(0位) 攻城人数:155人(628位)
花輪城
996 花輪城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県流山市下花輪1355

平均評価:★★★☆☆ 2.50(0位) 見学時間:20分(0位) 攻城人数:148人(656位)
野々井城
4062 野々井城 制覇   別名 野々井本能寺城

[茨城県][下総] 茨城県取手市野々井

平均評価:★★☆☆☆ 2.40(0位) 見学時間:22分(0位) 攻城人数:10人(3297位)
根戸城
915 根戸城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県我孫子市根戸

平均評価:★★★☆☆ 3.10(0位) 見学時間:50分(0位) 攻城人数:105人(956位)
高井城
985 高井城 制覇   別名 下高井城

[茨城県][常陸] 茨城県取手市下高井

平均評価:★★★☆☆ 2.82(0位) 見学時間:30分(0位) 攻城人数:98人(1026位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 (日経文芸文庫)

嘉吉元年1441年、時の将軍足利義教が赤松一族に殺される、いわゆる、嘉吉の乱からはじまる物語です。
播磨、備前、美作の守護を領していた大大名が、何故時の将軍を討ったのか、結果、討ち滅ぼされてから、お家再興のため、悪党と呼ばれながらも時代の流れに抗う様が描かれております。
昔よくいったお祭り、奇祭さいれん坊主が赤松一族の霊を弔うものとは知りませんでした。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る