箱根湯本温泉 天成園は神奈川県の「箱根」エリアにある旅館です。もっとも近いお城は湯坂城です。

もう一度周辺地図を表示する

箱根湯本温泉 天成園

箱根湯本温泉 天成園
提供:じゃらん
安心・安全!新型コロナウィルス対策をできる限り講じております!
箱根の山々に囲まれた絶景屋上露天風呂で癒しの湯浴み。お食事なしの日帰り旅行も大歓迎!
人気のライブキッチンや朝食の海鮮丼はそのまま、その他のビュッフェメニューは、できるだけ、個々小皿でご提供◎

なまさん

箱根湯本駅から徒歩で約20分あれば着きますし、旅館共同の送迎バスが約15分間隔で出ていて、約5分くらいで着きます。ホテルの裏には、滝が二つあり、玉簾神社もあり、また、目の前にはせせらぎもあり、雰囲気はいいです。部屋もきれいで、売りのバイキングも、新型コロナの感染対策で、手間はかかるでしょうが、小鉢で提供されていました。複数人の方での宿泊におすすめです。

じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 箱根湯本温泉 天成園
住所 〒250-0311 足柄下郡箱根町湯本682
交通案内
  • 【名古屋より】車/東名高速を東京方面へ~御殿場IC~国道138経由、宮の下、国道1号、10分 車以外/新幹線小田原駅乗換、私鉄箱根登山線箱根湯本駅下車
  • 【東京駅より】車/東名高速厚木ICから小田原厚木道へ~小田原西IC~箱根方面、国道1号線、10分 車以外/小田急線直通箱根湯本駅下車、バス5分
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 10:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を6件表示しています

湯坂城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

湯坂城
1024 湯坂城 制覇

[神奈川県][相模] 神奈川県足柄下郡箱根町

平均評価:★★☆☆☆ 2.43(0位) 見学時間:40分(0位) 攻城人数:43人(1420位)
石垣山城
113 石垣山城    別名 石垣山一夜城、太閤一夜城、御座所の城、関白様御城

[神奈川県][相模] 神奈川県小田原市早川1383-12

平均評価:★★★★☆ 3.64(48位) 見学時間:1時間1分(71位) 攻城人数:1230人(83位)
小田原城
25 小田原城    別名 小峯城、小峰城、小早川城、小早川館

[神奈川県][相模] 神奈川県小田原市城内6-1

平均評価:★★★★☆ 3.78(27位) 見学時間:1時間34分(15位) 攻城人数:3199人(8位)
岩原城
2413 岩原城 制覇

[神奈川県][相模] 神奈川県南足柄市岩原

平均評価:★★☆☆☆ 2.36(0位) 見学時間:17分(0位) 攻城人数:40人(1490位)
土肥城
1029 土肥城 制覇

[神奈川県][相模] 神奈川県足柄下郡湯河原町宮下

平均評価:★★★☆☆ 2.67(0位) 見学時間:57分(0位) 攻城人数:45人(1366位)
荒井城
1546 荒井城 超制覇

[神奈川県][相模] 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴

平均評価:★★☆☆☆ 2.22(0位) 見学時間:23分(0位) 攻城人数:42人(1447位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る