松山城
松山城

[愛媛県][伊予] 愛媛県松山市丸之内1


  • 平均評価:★★★★☆ 4.22(5位)
  • 見学時間:1時間42分(15位)
  • 攻城人数:1530(13位)

松山城の歴代城主一覧(松山藩・歴代藩主)

松山城は江戸時代の最初に築城した加藤嘉明、その次に蒲生忠知が城主となりましたが、いずれも一代かぎりでした。

提供:加藤嘉明像(藤栄神社蔵)

その後、松山藩に入封した松平氏(久松松平家)は1635年(寛永12年)から廃藩置県まで、16代(14人)が城主をつとめました。

松山城の歴代城主

歴代 西暦(和暦) 城主 メモ
11603年(慶長8年)加藤嘉明(よしあきら・よしあき)豊臣秀吉の子飼衆で、賤ヶ岳の七本槍・七将のひとり。足立重信を普請奉行に任じ、松山城を築城。20万石。享年69。
21627年(寛永4年)蒲生忠知(ただとも)蒲生氏郷の孫。出羽上山城より移封。24万石。1634年(寛永11年)8月、忠知が参勤交代の途中に死去し蒲生家が断絶したため、大洲藩主・加藤泰興が一時松山城を預かる。享年31。
31635年(寛永12年)松平定行(さだゆき)松平定勝の子で、於大の方は祖母、徳川家康は伯父にあたる。伊勢桑名より移封。15万石。郷土菓子になっているタルトを長崎から松山に伝えた。享年82。
41658年(万治元年)松平定頼(さだより)松平定行の長男。父の隠居により家督を継ぐ。ほとんどを江戸で過ごし、松山入りはわずか3回であった。享年56。
51662年(寛文2年)松平定長(さだなが)松平定頼の次男。松山入りは父・定頼と同じくわずか3回であった。1674年(延宝2年)、江戸において大病に陥り、今治藩主・松平定時の嫡男の鍋之助(のちの定直)を養嗣にむかえる。享年35。
61674年(延宝2年)松平定直(さだなお)今治藩主・松平定時の長男。又従兄にあたる定長の養嗣子となり、定長の死去に伴い家督を継ぐ。配流処分となった越後高田藩主・松平光長を預かり、城内に蟄居させる。1687年(貞享4年)、藩庁を松山城二ノ丸より三ノ丸に移し二ノ丸を藩庁別棟(隠居所)とする。1705年(宝永2年)にはじめて藩札を発行。赤穂事件に関して、赤穂浪士47名のうち大石主税、堀部安兵衛ら10名を預かった。享年61。
71720年(享保5年)松平定英(さだひで)松平定直の三男。家督継承に際し、父の遺言にしたがい内分1万石を弟の定章に分知(これにより松山藩内に松山新田藩1万石が誕生)。享保の大飢饉などの気象災害が多発する。享年38。
81733年(享保18年)松平定喬(さだたか)松平定英の長男。父の死去により家督を継承。弟の松平定功を養嗣とする。享年48。
91763年(宝暦13年)松平定功(さだかつ・さだなり)松平定英の次男。従兄の松山新田藩主・定静を養嗣子とする。享年33。松山入りはわずか2回であった。
101765年(明和2年)松平定静(さだきよ)松平定功の急病によって継嗣となり、翌日には本家を継承した(その際、新田藩1万石は松山藩に返還されることなく、幕府に返上されたため、松山新田藩は消滅)。1768年(明和5年)、幕命により田安宗武の六男・豊丸(のちの定国)を養子としてむかえる。享年51。
111779年(安永8年)松平定国(さだくに)田安宗武の六男で、徳川吉宗の孫にあたる。松平定信の兄だが、兄弟仲は悪かった。1784年(天明4年)の落雷で焼失した松山城の再建を幕府に願い上げ、許可される。享年48。
121804年(文化元年)松平定則(さだのり)松平定国の次男。正室は白河藩主・松平定信の娘。1805年(文化2年)に初の藩校「興徳館」を設立。享年20。
131809年(文化6年)松平定通(さだみち)松平定国の五男。兄の養嗣子となり家督を継ぐ。藩校三省堂を設立する。1820年(文政3年)より天守再建工事にかかる。文化面のみならず殖産興業や倹約厳行などをすすめ、松山藩中興の祖として仰がれた。享年32。
141835年(天保6年)松平勝善(かつよし)薩摩藩主・島津斉宣の十一男。1832年(天保3年)、松平定通の養嗣子となる。1854年(安政元年)に天守再建。享年40。
151856年(安政3年)松平勝成(かつしげ)高松藩主・松平頼恕の三男。徳川慶喜の従兄にあたる。1864年(元治元年)の第一次長州征伐では一番手の出兵を命ぜられ勝利を収めた。1867年(慶応3年)、隠居が許され、家督を養子定昭に譲る。
161867年(慶応3年)松平定昭(さだあき)伊勢津藩主・藤堂高猷の五男。松平勝成の養嗣となり、家督を継ぐ。史上最年少の22歳で老中に就任。1868年(慶応4年)の「鳥羽・伏見の戦い」では前将軍・徳川慶喜に従ったとして朝敵の汚名を受け、蟄居謹慎を命ぜられる。
171868年(明治元年)松平勝成定昭が蟄居を命ぜられたため、再任。松平姓を返上し旧姓の久松となる。1869年(明治2年)、版籍奉還により藩知事に就任する。享年81。
181871年(明治4年)久松定昭松平定昭が蟄居を免ぜられ再び家督相続し、松山藩知事となるが、半年後には廃藩置県により知藩事を免ぜられる。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

松山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る