勝山城
勝山城

[福井県][越前] 福井県勝山市元町


  • 平均評価:★★☆☆☆ 2.40(352位)
  • 見学時間:31分(320位)
  • 攻城人数:135(313位)

勝山城の案内板

勝山城に設置されている案内板の内容を紹介します。
案内板は、城址碑のそばにあります。

小笠原氏越前勝山城(2万2777石)
 天正8年(1580)、袋田と呼ばれていたこの地に初めて城を築いたのは、柴田勝家の一族、勝安である。勝安は、九頭竜川の河岸段丘である七里壁や、北側に広がる沼地などを利用して城を築き、勝山支配の拠点とした。
 勝安が築いた城は、元和元年(1615)の徳川幕府による一国一城令により壊されたようである。以後、その跡地には代々の領主の館が建てられる程度であった。
 勝山において城郭と城下町が整備されてくるのは、元禄4年(1691)に小笠原貞信が入封してからである。貞信は2万2777石をもって美濃国(岐阜県)高須から勝山に入封した。当時、勝山には城跡しかなかったので、貞信は幕府に対し築城の許可を願い出たが、実際に許可を得たのは宝永6年(1709)年7月12日、二代信辰(のぶとき)の代になってからである。
 信辰は、まず、本丸の普請(ふしん)に取りかかった。古い堀を掘り返したり、土居を築いたりして一応その形を整えた。しかし、財政が続かなかったようで、その後の工事は中断した。工事が再開されたのは、およそ60年後の明和7年(1770)、五代信房の時である。信房は二の丸を築き、藩主の御殿をそこに移転した。七代長貴(ながたか)は、幕府の若年寄という要職についたが、藩の財政は出費がかさみ厳しかった。その上、文政5年(1822)には本丸から出火し、門・高塀・土蔵を残して焼失した。この時は、町や村むらからの見舞い金や手伝いによって、瓦や桧皮葺(ひわだぶき)の御殿が再建された。また、長貴の代には、二の丸北部の未完成部分が仕上げられ、築城からおよそ120年が経過してようやく当初の計画(左の図)に近い形の城郭ができあがった。しかし、点線部分の「蔀曲輪(しとみくるわ)」と「東馬出(うまだ)し」はつくられず、天守閣も築かれることはなかった。
 八代長守(ながもり)の時に明治維新を迎えたが、城郭の建物等は売りに出され、天守台と本丸の堀の一部を残し埋め立てられた。
 ここには、ながく小山状の天守台があり、市民から「お天守」と呼ばれ親しまれてきたが、昭和42年の市民会館建設に際し削平された。現在、その跡地には、長守の筆による「勝山城址之碑」が残るのみである。
 なお、左の図は、増田公輔氏が宝永6年の「勝山城再建絵図」をもとに作成したものである。平成19年3月
勝山市
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

勝山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

[新装版]戦国武田の城

武田氏が進出していった山梨からはじまり長野、群馬、静岡、愛知の5県にわたる足跡を追った1冊です。どのように攻め進んだか動きがわかるのでおもしろいです。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る