大庭城
大庭城

[神奈川県][相模] 神奈川県藤沢市大庭城山


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.11(--位)
  • 見学時間:46分(--位)
  • 攻城人数:252(389位)

大庭城址の案内板

大庭城址公園内にある大庭城址の石碑と案内板を紹介します。

大庭城址
 大庭城は、平安時代の末期(12世紀末)、大庭荘(おおばのしょう)を本拠としておこった関東平氏の雄(ゆう)、大庭氏の拠点であったと伝えられますが、明らかな記録はなく、室町時代中頃(15世紀後半)になって、扇谷(おおぎがやつ)上杉定正の執事太田道灌が、本格的な築城を行ったとされています。
 その後、上杉朝良のとき、北条早雲によって攻略され、以後、小田原北条氏の支配下に置かれました。そして、天正15年(1587)、小田原北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされ、大庭城は、廃城となったようです。
 現在残されている土塁(どるい)・空堀(からぼり)などの城址の構えには、小田原北条時代の改修があったものと考えられますが、雄大でかつ綿密に設計されていたことは、築山(つきやま)、裏門、二番構(にばんがまえ)、駒寄などの地名からもしのばれます。
大庭城蹟
此地大庭景親ノ居城ト云フ、後上杉定正修メテ、居城セシガ、永正九年子朝良ノ時、北条早雲ニ政略サレ、是ヨリ北条氏ノ持城トナッタ。廃城ノ年代未詳空塹ノ蹟等、当代城郭ノ制ヲ見ルニ足ルモノガアル。
 昭和七年九月神奈川県

ほかにもこんな案内板がありました。

原始・古代の集落
 この台地上には、縄文・弥生・古墳・奈良・平安時代など各時代の遺物が広く散布しており、大庭城が築かれる以前から、人々の生活舞台となっていました。
 これまでの数回におよぶ部分的な発掘調査でも、縄文時代の集石(しゅうせき)遺構をはじめ、弥生時代後期から古墳時代にかけての竪穴(たてあな)住居や方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)、さらに奈良・平安時代の竪穴住居などが、豊富な生活用具(土器・石器・鉄製品・装身具等)をともなって、数多く発見されています。
 これらの貴重な資料は、特に弥生時代以後の人々が、東側の引地川や西側の小糸川流域に水田を開き、この地に大規模な集落生活を営んでいたことをもの語っています。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

大庭城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

全国 御城印 大図鑑

近くの本屋さんにあったのでついつい
買ってしまいました。後で見ると
攻城団最初の出版本ということで
おめでとうございます!!。
攻城団のバッジも書いてありがとうございます。分かりやすいです
マイナーなお城もかいてありますね。
絶対に入手したい御城印ベスト5など
皆にお勧めできます
自分は集めてないんですけど
この本見たら集めてしまいそう⁉
‥‥‥‥長い文ですいません

とんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る