ひょうごの城紀行 (上) (のじぎく文庫) 単行本

この本は攻城団ライブラリーに収蔵されています

山鳩さん

 中世から近世にかけて兵庫県下には千を越える城郭があったというが、上下巻で71の城についてその歴史や現状を写真・現況図付きで紹介している。1998年発行。
 特に興味深く読んだのが2つ。
・2019年12月、発掘調査後の現地説明会に参加した松原城が「蒲公英(たんぽぽ)城」の名で載っていて、その成り立ちや造成される前の山城の様子が本に残っていてうれしく思った。
・金山城の「(光秀が丹波攻略で)敵中深く楔を打ち込んだのが金山城の築城である」の一文に大いに納得。先の大河ドラマでは描かれなかったので寂しかったが、広重の浮世絵「鐘坂」に江戸時代の金山の姿が(名所・鬼の架け橋がメインで)描かれているとは、へぇ〜!
 他に姫路城、置塩城、黒井城、篠山城など計36の城について6人が執筆している。白旗城、利神城は下巻なので図書館で借りようと思う。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル ひょうごの城紀行 (上) (のじぎく文庫)
著者
出版社 神戸新聞総合出版センター
発売日 0000-00-00
ISBN
  • ISBN-10 4875214952
  • ISBN-13 9784875214953
価格
ページ数 302ページ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
AmazonバリューコマースもしもアフィリエイトA8.net

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

  • 熊本城天守閣常設展示図録 (復興熊本城別冊 天守閣完全復旧記念)
  • 刀剣・兜で知る戦国武将40話 (青春文庫)
  • 戦国の城の一生: つくる・壊す・蘇る (歴史文化ライブラリー)
  • 黄金の日日
  • 城郭考古学の冒険 (幻冬舎新書)
  • 豊臣家の人々 (中公文庫)
  • 石垣の名城 完全ガイド (The New Fifties)
  • 再審・本能寺の変 光秀に信長は殺せたのか?
  • 日本三百名城 (中公ムック 歴史と人物 4)