ドタバタ関ヶ原 単行本(ソフトカバー)


まーちゃんさん

長谷川ヨシテルさんが書かれた本は今回で4冊目となります。これまで読ませてもらった本と同様、筆者の独特な視線で解りやすく書かれており、最後まで楽しく読ませて頂きました。普通の歴史書に掲載されている史料がなかなか理解するのが難しいですが、この本ではヨシテルさん風に口語で訳され、所々にユーモアがちりばめられていて非常に解りやすかったです。関ヶ原の戦いと並行して、全国各地で東軍と西軍に分かれて戦われており、天下分け目の戦いとよく言ったものだなと感じました。また、関ヶ原の戦いが歴史を遡ると2回もあった事を知り、関ヶ原が昔から重要な地域であると感じました。来年の大河ドラマ「どうする家康」の予習に丁度よかったです。ストーリー的には来年終盤での放送だと思いますが、その時読み返してみたくなる一冊です。


つば九郎さん

 毎回、一捻り加減がクセになる、れきしクンこと長谷川ヨシテルさんの著作、第4弾のドタバタ関ヶ原です。ここまで、ポンコツ武将列伝、ヘッポコ征夷大将軍、ヘンテコ城めぐりときて、今回がドタバタで関ヶ原です。 
 日本の歴史史上、最大の合戦が言うまでもなく関ヶ原の戦いです。この関ヶ原に、主役として参加した人、脇役として参加した人、主役だったはずの人、地方で参加した人、関ヶ原に居たのに傍観した人、なぜか参加していない人、活躍した人、そして活躍できなかった人、それぞれの関ヶ原です。
 長谷川さんが、実は大の石田三成ファンということで、三成はもちろんのこと西軍武将への愛が今回は、あふれています。また関ヶ原にいなかった場外乱闘組の加藤清正や伊達政宗にも、しっかり目配りがなされております。そして何より、勝者の東軍なのにやらかしちゃた筆頭の、間に合わなかった徳川秀忠にこそ深い愛情が感じられます。いつもの優しさですね。
 これまでの3作品に登場している話とリンクする部分も増えてきて、歴史の重層する面白さを感じます。また何年か前に映画になった関ヶ原を見た時にも思ったんですが、もう一度、司馬さんの関ヶ原をちゃんと読み直さないとなと思っております。戦国4部作、家のどこかにはあるはずなので。広い家でもないのに。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル ドタバタ関ヶ原
著者 長谷川 ヨシテル
出版社 柏書房
発売日 2020-07-22
ISBN
  • ISBN-10 4760152571
  • ISBN-13 9784760152575
価格 1650円

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
AmazonバリューコマースもしもアフィリエイトA8.net

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

Amazonウィッシュリスト

攻城団で必要としている資料(書籍・雑誌)やカメラ等の機材をAmazonのウィッシュリストで公開しています。いずれも直近では必要としないもののいずれは攻城団の運営に必要なものばかりですので、プレゼントしていただければ大変ありがたいです。
また現状、匿名でのご支援が可能なのはこの方法のみとなっています(匿名で送るにはクレジットカードで決済せず、ギフト券で支払う必要があるようです)。

Amazonウィッシュリストで支援する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

図説 近世城郭の作事 天守編

江戸城天守を再建する会の特別顧問をされている三浦正幸先生が書かれた著書で三浦先生のお話は講演会等でよくお聞きしているので、お城の構造について勉強したく手に取りました。前半は天守の外壁、窓、狭間、石落、そして基本的構造について詳細に解説されており、外壁の仕上げ、屋根、破風の形に格式の上下があることを知り、今後天守の見方が変わるように思えました。後半は現存12天守、失われた天守の詳細説明がされています。熊本城の宇土櫓が第一期普請で建てられた初代天守であることを初めて知りました。この一冊で天守の構造に付いてほぼ網羅していると思いますので、天守の構造について詳しく知りたい人にはお勧めです。なお、続編として「櫓・城門編」もあるようですのでそちらも読んでみようかと思います。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る