八王子城―みる・きく・あるく (揺籃社ブックレット 4) 単行本


赤ヱ門さん

私の知る限り、八王子城初のガイドブックだと思います。また百名城が選定されるより以前に、単独の城跡(しかも天守や建造物のない)で、こうしたガイドブックが出版されているというのは、ちょっとした驚きです。
扱われている内容は八王子城跡の歴史的背景・戦略的立地条件はもとより、遺構・発掘状況・地質・動植物・沢や滝・ハイキングコースまで、まさにオールインワンの一冊です。八王子城の入門書としても最適です。
初版は1989年、改訂版でさえ2001年と内容的には現状と合わなくなった箇所もあるかと思いますが、そこは差っ引いて読んでいただければと思います。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 八王子城―みる・きく・あるく (揺籃社ブックレット 4)
著者
出版社 揺籃社
発売日 0000-00-00
ISBN
  • ISBN-10 4897081858
  • ISBN-13 9784897081854
価格 756円
ページ数 79ページ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
AmazonバリューコマースもしもアフィリエイトA8.net

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

Amazonウィッシュリスト

攻城団で必要としている資料(書籍・雑誌)やカメラ等の機材をAmazonのウィッシュリストで公開しています。いずれも直近では必要としないもののいずれは攻城団の運営に必要なものばかりですので、プレゼントしていただければ大変ありがたいです。
また現状、匿名でのご支援が可能なのはこの方法のみとなっています(匿名で送るにはクレジットカードで決済せず、ギフト券で支払う必要があるようです)。

Amazonウィッシュリストで支援する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

夕雲の城外伝 猿啄の春

織田信長による美濃攻めの過程で発生する猿啄城攻めをテーマとした漫画。堂洞合戦を題材とした「夕雲の城」のスピンオフ作品です。こちらも巻末の資料が豊富でオススメ。坂祝町の中央公民館などで購入できます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る