むぎ()さん 大老 サポーター   フォロー

=いつも沢山のあっぱれありがとうございます=

近頃は、あまり人に知られていないマイナーなお城を巡ることで、ほとんど人に会うことなく城址巡りを楽しんでいます。
制覇モードを使えば、人に会わないマイナーなお城が結構検索出来ます。

現在攻城団に登録されていない城も含めると658城攻城しました。
出来れば今年700城達成したいなと思っているところです。
まだ1000達成出来てないのに、城跡10000もあるのかと思うと
気が遠くなります。生きてるうちにどれだけの城を攻められるだろうか。。。


★プロフ★群馬県在住♀、趣味は城めぐりとラリー(モータースポーツ)
「むぎの城さんぽ」というブログを書いています。Twitterも同じアイコンです。

むぎさんのタイムライン

むぎさん が  石倉城(群馬県前橋市) の写真をアップしました(2022-09-23)

石倉城之記
石倉城之記

むぎさん が  石倉城(群馬県前橋市) の写真をアップしました(2022-09-23)

城址碑
城址碑

むぎさん が  石倉城(群馬県前橋市) を攻城しました(2022-09-23)

むぎさん が  松本城(長野県松本市) の写真をアップしました(2022-09-21)

水堀に映る夜の天守
水堀に映る夜の天守

むぎさん が  松本城(長野県松本市) の写真をアップしました(2022-09-21)

黒門と天守
黒門と天守

むぎさん が  松本城(長野県松本市) の写真をアップしました(2022-09-21)

夜の天守
夜の天守

むぎさん が  松本城(長野県松本市) を攻城しました(2022-09-21)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2022-08-31)

昨日、突然娘が一人旅で二条城へ行きました。早朝新幹線に乗り、帰りは夜行バス。目的の二条城は工事中、周辺を回って、京都新城へ行ったり自転車をレンタルして京都を満喫してきました。いつまでも子供だと思って心配してましたが、これからはどんどん自分の行きたい所を旅するようになるんだなあと成長を感じた一日でした。(親はハラハラでした)

むぎさん が  久能山城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2022-08-17)

一の門からの眺め
一の門からの眺め

むぎさん が  久能山城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2022-08-17)

家康公愛馬之霊所
家康公愛馬之霊所

むぎさん が  田中城(静岡県藤枝市) の写真をアップしました(2022-08-17)

下屋敷の茶室内部
下屋敷の茶室内部

むぎさん が  駿府城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2022-08-17)

紅葉山庭園
紅葉山庭園

むぎさん がプロフィールを更新しました(2022-08-17)

=いつも沢山のあっぱれありがとうございます=

近頃は、あまり人に知られていないマイナーなお城を巡ることで、ほとんど人に会うことなく城址巡りを楽しんでいます。
制覇モードを使えば、人に会わないマイナーなお城が結構検索出来ます。

現在攻城団に登録されていない城も含めると658城攻城しました。
出来れば今年700城達成したいなと思っているところです。
まだ1000達成出来てないのに、城跡10000もあるのかと思うと
気が遠くなります。生きてるうちにどれだけの城を攻められるだろうか。。。


★プロフ★群馬県在住♀、趣味は城めぐりとラリー(モータースポーツ)
「むぎの城さんぽ」というブログを書いています。Twitterも同じアイコンです。

むぎさん が  清水袋城(静岡県静岡市) の写真をアップしました(2022-08-17)

旧袋城の石
旧袋城の石

もう文字が読めません

むぎさん が  興国寺城(静岡県沼津市) を攻城しました(2022-08-15)

むぎさん が  江尻城(静岡県静岡市) を攻城しました(2022-08-15)

むぎさん が  久能山城(静岡県静岡市) を攻城しました(2022-08-15)

むぎさん が  清水袋城(静岡県静岡市) を攻城しました(2022-08-15)

むぎさん が  高根城(静岡県浜松市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-15)

むぎさん が  鳥羽山城(静岡県浜松市) を「行きたいお城」に登録しました(2022-08-15)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る