むぎさん 奉行 サポーター   フォロー

=いつも沢山のあっぱれありがとうございます=

近頃仕事に追われクタクタですが、お城のことを考えているのがなによりの息抜きです。
どんなに疲れていてもお城に行くだけの気力、体力だけは別腹のごとく残されているのは自分でも城バカだなあと感じる今日この頃です。

★プロフ★群馬県在住♀、趣味は城めぐりとラリー(モータースポーツ)
「むぎの城さんぽ」というブログを書いています。Twitterも「むぎ」で同じアイコンです。

むぎさんのタイムライン

むぎさん が  荒砥城(長野県千曲市) の写真をアップしました(09:59:57)

パノラマ
パノラマ

目の前のとても特徴的な三角の山が出浦城、奥の連なる山が和合城、高津屋城、虚空蔵山城と、ここから見るだけでも多くの城が見えます。

むぎさん が最近のひとことを更新しました(08:21:21)

長野県の上田古戦場にある道の駅で、馬鹿バーガーなるもの発見!このネーミングすごくない?でも「うましか」と読んで下さいと書いてありました^_^; 岡城攻城での寄り道の出来事でした。

むぎさん が  岡城(長野県上田市) を攻城しました(2019-07-20)

むぎさん が  坂木陣屋(長野県埴科郡) を攻城しました(2019-07-20)

むぎさん が  荒砥城(長野県千曲市) を攻城しました(2019-07-20)

むぎさん が  狐落城(長野県埴科郡) を「行きたいお城」に登録しました(2019-07-20)

むぎさん が  常陸太田城(茨城県常陸太田市) を攻城しました(2019-07-18)

日本たばこ産業が所有していた旧太田倉庫跡地が現在9月まで発掘調査中です。その後は宅地になるようです。

常陸太田城(茨城県) - むぎの城さんぽ

【常陸太田城】ひたちおおたじょう【別名】佐竹城・舞鶴城・青龍城【構造】平山城【築城者】藤原(小野崎)通延【築城年代】1109年(天仁2年)【指定史跡】-【場所】常陸太田市中城町151地図常陸太田城は、小野崎通延が築城し馬坂城を居城としていた佐竹隆義が小野崎氏を小野崎城へ追いこみ常陸太田城を入手、佐竹氏の本城としました。佐竹氏は会津上杉討伐や関ヶ原合戦に参陣しないなど徳川家康に反抗的態度が多かったために、秋田に国替えを命じられました。秋田移封後は水戸藩の支庁が置かれ明治初期に廃城となりました。西本郭太田小学校へやって来ました。学校はお休みで、職員室を訪ねてみたのですが先生方はいらっしゃいませんでした。通報されないように体育館に居た保護者の方に声を掛けて、事情(城跡を見に来たこと)を告げました。舞鶴城址碑西本郭の太...常陸太田城(茨城県)

むぎさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、三重県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が公開されました(2019-07-16)

「伊賀上野城」 天守もあって高石垣に圧倒されます。忍者にもなれてファミリーで楽しめる城です。
「松坂城」 蒲生氏郷が築いた多くの石垣が見所です。
「津城」 藤堂高虎の石垣の上から水堀を眺める。櫓や銅像もあって続100名城に選定されました。あらためてまた行ってみたい。

むぎさん が  小野崎城(茨城県常陸太田市) を攻城しました(2019-07-15)

学校が休みの日は正面玄関は鍵がかかっているのでグラウンド側から職員室に声を掛けて先生とお話させていただきました。
学生が部活動で登校していたので学校の撮影は遠慮致しました。

小野崎城(茨城県) - むぎの城さんぽ

【小野崎城】おのさきじょう【別名】-【構造】平山城【築城者】小野崎通盛【築城年代】1145年―1151年(久安年間)【指定史跡】-【場所】常陸太田市瑞竜町小野崎地図小野崎通盛は、小野崎に館を構えていたことから小野崎新太夫と称しました。佐竹昌義の家臣となり、その勢力は宿老・守護代へと発展していきました。その後佐竹領の拡大に伴い、小野崎城から櫛形城へと所領替えとなり小野崎城は廃城となりました。城址碑常陸太田市立瑞竜中学校にある城跡碑の撮影許可を取りに職員室を訪ねました。撮影許可と他に遺構がないか尋ねてみたのですが、残念ながら遺構は残っていないとのこと。東側の一段下(里川側)から遠景で見ると城(館)を置きそうな地形であることがわかります。しかしそれ以外城跡であったことを偲ぶ材料がみつかりませんでした。近くには白鷺神社...小野崎城(茨城県)

むぎさん が  常陸太田城(茨城県常陸太田市) の写真をアップしました(2019-07-14)

三の郭発掘調査中
三の郭発掘調査中

むぎさん が  小野崎城(茨城県常陸太田市) の写真をアップしました(2019-07-14)

城址碑
城址碑

職員室に声を掛けて撮らせて頂きました。

むぎさん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2019-07-14)

模擬天守最上階
模擬天守最上階

むぎさん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2019-07-14)

模擬天守
模擬天守

むぎさん が  山方城(茨城県常陸大宮市) の写真をアップしました(2019-07-14)

模擬天守正面から
模擬天守正面から

むぎさん が  山方城(茨城県常陸大宮市) を攻城しました(2019-07-14)

むぎさん がプロフィールを更新しました(2019-07-13)

=いつも沢山のあっぱれありがとうございます=

近頃仕事に追われクタクタですが、お城のことを考えているのがなによりの息抜きです。
どんなに疲れていてもお城に行くだけの気力、体力だけは別腹のごとく残されているのは自分でも城バカだなあと感じる今日この頃です。

★プロフ★群馬県在住♀、趣味は城めぐりとラリー(モータースポーツ)
「むぎの城さんぽ」というブログを書いています。Twitterも「むぎ」で同じアイコンです。

むぎさん が  久米城(茨城県常陸太田市) を攻城しました(2019-07-13)

むぎさん が  明徳寺城(群馬県利根郡) を攻城しました(2019-07-10)

土塁と虎口がとても良いです。
堀は竹藪でなければなかなか良い堀です。

明徳寺城(群馬県) - むぎの城さんぽ

【明徳寺城】みょうとくじじょう【別名】天神山砦・天神山城【構造】丘城【築城者】沼田氏【築城年代】1390年―1394年(明徳年間)【指定史跡】町指定史跡【場所】利根郡みなかみ町後閑地図明徳寺城は、会津葦名氏の攻撃に備えて荘田城の沼田氏が築いた天神山砦を改築して城を築きました。戦国時代には北条氏と真田氏の争いに巻き込まれ、後に小田原征伐へと発展し真田氏の領地になるが、後に廃城となりました。みねの湯つきよの館「みねの湯つきよの館」を目標にしてやって来ました。すると矢印看板は「みねの湯つきよの館」の方を指しているのでお邪魔させていただきました。案内看板と標柱案内看板のある「つきよの館」の駐車場から見た入口です。左手に下る道があるのですが、草が生い茂っていて降りて行く気になれなかったのですがその先には井戸があるようです...明徳寺城(群馬県)

むぎさん が  栃尾城(新潟県長岡市) を攻城しました(2019-07-08)

本丸からはとても良い眺めです。
中腹に駐車場と登り口があります。

栃尾城(新潟県) - むぎの城さんぽ

【栃尾城】とちおじょう【別名】舞鶴城・大野城【構造】山城【築城者】芳賀禅可【築城年代】室町時代初期【指定史跡】県指定史跡【場所】長岡市栃尾大野町地図上杉謙信の旗揚げの城と云われる栃尾城は、越後守護となった宇都宮氏綱の家臣芳賀禅可が築きました。上杉謙信が青年期を過ごした城であることでも知られていますが、謙信の死後家督争いとなった「御館の乱」では、越後の主導権争いになり栃尾城は景虎側に味方していたため、景勝軍に攻められ中城まで火を放たれ間もなく落城しました。その後慶長3年に入城した堀秀治は、慶長15年に堀家取りつぶしとなり栃尾城は廃城となりました。駐車場麓の諏訪神社から登るルートがあるのですが辛いより楽な方が良いのと、この日はもう夕暮れで城の中で日が暮れてしまいそうだったので迷うことなく中腹の駐車場からの登城です。...栃尾城(新潟県)

むぎさん が  箕輪城(群馬県高崎市) を攻城しました(2019-07-03)

むぎさん が  村松城(新潟県五泉市) を攻城しました(2019-07-02)

村松藩は北越戊辰戦争の戦乱の渦に巻き込まれてしまい、廃城となっています。赤坂古戦場跡などの戦場地なども一緒に訪れてみるのもよし。

村松城(新潟県) - むぎの城さんぽ

【村松城】むらまつじょう【別名】村松陣屋・松城【構造】平城【築城者】堀直吉【築城年代】1644年(正保元年)【指定史跡】-【場所】五泉市村松地図村松城址公園として整備されている村松城は、かつて堀直竒の二男直時が3万石を分けられ、安田に陣屋を築いた後、直時の嫡男直吉がこの地に移転させ陣屋を築きました。1850年(嘉永3年)に城主格に昇格したことで陣屋から現在の城の形へと大改修しました。戊辰戦争では新政府軍に火を掛けられ廃城となりました。村松郷土資料館村松郷土資料館の駐車場に車を置いて公園内を散策開始!堀本丸と南曲輪の間の堀は駐車場から村松郷土資料館へ行く途中で見ることが出来ます。手洗鉢村松郷土資料館入口前にあるこの手洗鉢は、江戸時代に村松藩の藩主が将軍家菩提寺である上野の寛永寺に寄進したものを平成11年に寛永寺の...村松城(新潟県)

むぎさん が  高知城(高知県高知市) を攻城しました(2019-06-29)

天守1階武者走りのところを下向いて歩いていたら取っ手がありました。
お見逃しなく!

高知城(高知県) - むぎの城さんぽ

【高知城】こうちじょう【別名】鷹城【構造】平山城【築城者】山内一豊【築城年代】1601年(慶長6年)【指定史跡】国指定史跡国重要文化財【場所】高知市丸ノ内地図【スタンプ設置場所】本丸御殿入口【城郭検定】出題あり高知城は、大高坂山に山内一豊が築いた平山城です。それより以前に長宗我部元親が築城するも、水害に見舞われ未完成のままでした。山内一豊が浦戸城入封の際、長宗我部盛親の遺臣が、浦戸城の明け渡しに反対する一揆を起こし対立すると武力だけでなく、土佐の地に歩み寄った対策を成し浦戸城とは別に大高坂山城に高知城を築くこととなりました。現存している堀は江戸時代に比べて3分の1に減ってしまって、堀幅においては半分ほどになってしまっています。追手門追手門の奥には天守も聳えます。門前が枡形になっていて、石垣の上の狭間塀と門の二階...高知城(高知県)

むぎさん が  羽根尾城(群馬県吾妻郡) を攻城しました(2019-06-23)

むぎさん が  長野原城(群馬県吾妻郡) を攻城しました(2019-06-23)

むぎさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、長野県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が公開されました(2019-06-16)

高遠城:タカトオコヒガン桜は高遠の宝です。
濃いピンクが特徴で他では見られない美しさなので、桜のシーズンにはぜひ訪れて欲しいです。
松本城:文句無しに長野県民が誇る城です!
上田城:松代城と迷いましたが初心者でも真田丸で御存知の上田城にします。

むぎさん が  徳島城(徳島県徳島市) を攻城しました(2019-06-14)

天守の置かれた位置に注目。最初は本丸に築かれたようですが明治期まであったのは東二の丸でした。

徳島城(徳島県) - むぎの城さんぽ

【徳島城】とくしまじょう【別名】渭山城・渭津城【構造】平山城【築城者】蜂須賀家政【築城年代】1586年(天正14年)【指定史跡】国指定史跡【場所】徳島市徳島町城内1地図【スタンプ設置場所】徳島市立徳島城博物館受付カウンター・徳島市教育委員会社会教育課カウンター・徳島中央公園東側駐車場入口事務所(いずれも年末年始休館あり。電話で確認のこと)【城郭検定】出題あり阿波踊りの発祥の城と言われる徳島城は、豊臣秀吉の四国平定で戦功をあげた蜂須賀正勝の子家政が阿波一国を拝領し、一宮城に入城した後に秀吉の命により急遽猪山に新城を築城することとなりました。室町時代には山頂に渭山城(渭津城)、麓には寺島城と呼ばれる城が存在していましたが長宗我部元親や小早川隆景、比叡山の僧徒らの援助により二つの城を合わせた大規模な平山城の完成を迎え...徳島城(徳島県)

むぎさん が  稲付城(東京都北区) の写真をアップしました(2019-06-13)

東の山門より
東の山門より

むぎさん が  稲付城(東京都北区) を攻城しました(2019-06-11)

毎月26日に行くと道灌堂の扉が開けられるので太田道灌の木像が拝観出来ます。

稲付城(東京都) - むぎの城さんぽ

【稲付城】いなつけじょう【別名】-【構造】山城【築城者】太田道灌【築城年代】永禄年間~天正10年【指定史跡】都指定史跡【場所】北区赤羽西1-21-17地図稲付城は、静勝寺境内にあり太田道灌が築城した(寺伝)といわれる砦です。三方向を丘陵に囲まれ、街道上の主要地点であった場所に立地し江戸城と岩槻城の中継をするために築城されました。また、静勝寺は太田道灌の菩提寺として木像を納めた道灌堂が祀られています。赤羽駅から徒歩で約5分の地点とのことでしたが、いつものごとく真逆に行ってしまい倍の時間でようやく城跡碑が見えるところまでやって来ました。稲荷社階段を登り始めると右手にお稲荷さまが見えて来ました。いつもならここでお参りをするのですが、今日は登城予定をしていなかったのでいつもの賽銭袋を持参してなくて、軽く挨拶だけで済ませ...稲付城(東京都)

むぎさん が  丸亀城(香川県丸亀市) を攻城しました(2019-06-04)

夜の本丸はお勧めです!
重ね押しスタンプラリーも完成するととても綺麗です。
石垣の復興を願ってぜひやってみてください。

丸亀城(香川県) - むぎの城さんぽ

【丸亀城】まるがめじょう【別名】亀山城【構造】平山城【築城者】生駒親正、山崎家治、京極高和【築城年代】1597年(慶長2年)、1643年(寛永20年)【指定史跡】国指定史跡国重要文化財【場所】丸亀市一番丁地図【スタンプ設置場所】丸亀城天守(天守閉館期間中は丸亀市立資料館)【城郭検定】出題あり亀山に砦を築いたのがはじまりで、高松城の支城として築いたのが丸亀城です。一国一城令で一度廃城になりましたが、その後山崎家治が再建し、京極氏が完成させました。この時瀬戸内海を見張る要所であった丸亀城が幕府にとって重要と考えられ、丸亀城再築と資金援助、参勤交代の免除という幕府からの特別待遇を受けていました。現存する天守としては最小で、天守こそは小さいですが本丸を取り巻く石垣は偉大で圧巻です。内堀訪れたこの日は子供の日が近いため、...丸亀城(香川県)

むぎさん の読者投稿欄「「関ヶ原の戦い」にもし参陣するなら、東軍と西軍どっちがいいですか?」への回答が公開されました(2019-06-01)

西軍に参加して石田三成を助けたい❗

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

日本の城 君も「城」博士になれる!

沖縄の首里城から北海道の五稜郭まで16のお城の歴史を鳥瞰復元図(香川元太郎氏)で紹介する図鑑。小学生の調べ学習向けに城の変遷や天守の構造、城のつくりかた等を丁寧に解説している。行ったことがある城、まだ行ったことがない城、それぞれ鳥瞰図を眺めて楽しんだ。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る