むぎ()さん 奉行 サポーター   フォロー

=いつも沢山のあっぱれありがとうございます=

近頃仕事に追われクタクタですが、お城のことを考えているのがなによりの息抜きです。
どんなに疲れていてもお城に行くだけの気力、体力だけは別腹のごとく残されているのは自分でも城バカだなあと感じる今日この頃です。

★プロフ★群馬県在住♀、趣味は城めぐりとラリー(モータースポーツ)
「むぎの城さんぽ」というブログを書いています。Twitterも「むぎ」で同じアイコンです。

むぎさんのタイムライン

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-11-12)

Q:米沢城の観光案内所にある攻城団チラシはここにあるのですがみなさんおわかりでしょうか?
答えは…次のひとことで。

むぎさん が  七州城(愛知県豊田市) を攻城しました(2019-11-11)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-11-06)

山形県の成島館のブログを書きました。
伊達政宗公の思い入れの強い神社です。片倉小十郎ゆかりの神社でもあります。(※諸説あり)
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/658b22a4221d05ac7165166ede2061cd

成島館(山形県) - むぎの城さんぽ

【成島館】なるしまだて【別名】-【構造】平山城【築城者】大伴駿河麻呂【築城年代】777年(宝亀8年)【指定史跡】-【場所】米沢市広幡町成島1057-2地図成島八幡宮は将軍大友駿河麻呂が777年(宝亀8年)に蝦夷討伐に際し、天皇に願い出て創建されたのが始まりです。米沢では最も古い神社で、伊達氏、上杉氏の領主によって改修が行われています。伊達政宗は、仙台市の国宝大崎八幡宮へと分霊し、今でも祀られています。入口成島八幡宮の参道入口です。ここには神社の案内看板や数々の石碑があります。鳥居こちらが搦手道となります。そして正面には高良大明神が祀られています。参道風情のある石畳の参道を登り本殿のある主郭を目指します。階段ここを登ればいよいよ主郭に当たる場所となります。ここまで、楽々やって来ることが出来ます。境内ここには、社殿...成島館(山形県)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-11-03)

昨日は来年開催の「全国山城サミット上田・坂城大会」のプレ大会に行って来ました。
団員のほむほむさんも参加されていて帰りには一緒に近くの矢島城にも寄って来ました。
また、萩原さちこさんと直接会話を交わす機会があり、攻城団ショルダーバッグにも気付いて頂き感激しました(^^)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-11-02)


先日に引き続き、岐阜県の明知陣屋のブログを書きました。
来年の大河ドラマに合わせて大正ロマン館1F展示室に「麒麟がくる ぎふ恵那 大河ドラマ館」を開設される予定です。
来年が待ち遠しいですね。
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/5dec6463bb5e4c72f634f878058eca63

明知陣屋(岐阜県) - むぎの城さんぽ

【明知陣屋】あけちじんや【別名】―【構造】陣屋【築城者】遠山方景【築城年代】1615年(元和元年)【指定史跡】-【場所】恵那市明智町古町地図明知城の山麓にある陣屋(代官所)で、明知城が廃城となり陣屋が構えられました。旗本の遠山氏が江戸時代から明治の大政奉還となるまで行政を行った場所であります。当初は参勤交代で江戸を行き来していましたが、1678年(延宝6年)からは江戸定府となり明知陣屋の代官を村上氏が勤めることとなりました。北町奉行などを歴任した遠山景元は名奉行として知られ、時代劇の「遠山の金さん」のモデルになるほどの名奉行でした。駐車場日本大正村の駐車場にやって来ました。ちなみに、明知陣屋、大正ロマン館には駐車場がありません。明知城縄張図大正村の駐車場にも明知城の案内看板が設置されています。周囲の施設は、まだ...明知陣屋(岐阜県)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-10-30)

岐阜県の明知城のブログを書きました。
車でも公共交通機関でも楽に行けて、土の城を実感出来る素晴らしい城址です。
手軽に登れて見所沢山なのでぜひ、参考に行ってみてください。
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/e45305041e81592209b84d6e134b1bfc

明知城(岐阜県) - むぎの城さんぽ

【明知城】あけちじょう【別名】白鷹城・明智城【構造】山城【築城者】遠山景重【築城年代】1247年(宝治元年)【指定史跡】県指定史跡【場所】恵那市明智町城山地図明知城は、岩村城に次ぐ規模の城郭で明知遠山氏代々の居城です。「畝状堀群」が特徴的で斜面に複数の横堀と竪堀が郭の周囲に構築されています。戦国期には織田信長の配下にあり、武田信玄の将で高遠城主の秋山氏が東濃地方へ侵攻。これに遠山方は惨敗し、武田方に落ちます。しかし、この後も一国一城令で廃城になるまで明知城の奪還を繰り返す戦が続いていました。入口入口は何本かあるのですが、駐車場が設けられた主要地方道瑞浪上矢作線から登ることにしました。「白鷹城」の旗や看板が見えて来るので、従って入って行きます。駐車場通り抜けの出来ない脇道を入ると、駐車場と案内看板があります。ここ...明知城(岐阜県)

むぎさん が  成島館(山形県米沢市) の写真をアップしました(2019-10-28)

成島八幡神社入口
成島八幡神社入口

むぎさん が  成島館(山形県米沢市) の写真をアップしました(2019-10-28)

成島八幡宮
成島八幡宮

むぎさん が  舘山城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2019-10-28)

土塁の上の弁財天の石碑
土塁の上の弁財天の石碑

むぎさん が  舘山城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2019-10-28)

堀切(縦堀)
堀切(縦堀)

むぎさん が  米沢城(山形県米沢市) の写真をアップしました(2019-10-28)

菱門橋より
菱門橋より

むぎさん が  米沢城(山形県米沢市) を攻城しました(2019-10-28)

むぎさん が  舘山城(山形県米沢市) を攻城しました(2019-10-27)

むぎさん が  成島館(山形県米沢市) を攻城しました(2019-10-27)

駐車場は成島ワクワクランドを利用するのが良いと思います。

成島館(山形県) - むぎの城さんぽ

【成島館】なるしまだて【別名】-【構造】平山城【築城者】大伴駿河麻呂【築城年代】777年(宝亀8年)【指定史跡】-【場所】米沢市広幡町成島1057-2地図成島八幡宮は将軍大友駿河麻呂が777年(宝亀8年)に蝦夷討伐に際し、天皇に願い出て創建されたのが始まりです。米沢では最も古い神社で、伊達氏、上杉氏の領主によって改修が行われています。伊達政宗は、仙台市の国宝大崎八幡宮へと分霊し、今でも祀られています。入口成島八幡宮の参道入口です。ここには神社の案内看板や数々の石碑があります。鳥居こちらが搦手道となります。そして正面には高良大明神が祀られています。参道風情のある石畳の参道を登り本殿のある主郭を目指します。階段ここを登ればいよいよ主郭に当たる場所となります。ここまで、楽々やって来ることが出来ます。境内ここには、社殿...成島館(山形県)

むぎさん が  高天神城(静岡県掛川市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-10-26)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-10-25)

武節城のブログを書きました。
麓の道の駅で焼いてる鮎の塩焼きは、全部、子持ちでした。
五平餅も少し個性のある味で、焼きたてをいただきました。
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/46c6d03ff01e7b06041a56a71a0a6153

武節城(愛知県) - むぎの城さんぽ

【武節城】ぶせつじょう【別名】地伏城【構造】平山城【築城者】菅沼定信【築城年代】永正年間【指定史跡】-【場所】豊田市武節町城山地図武節城は、田峯城主菅沼定信によって田峯城の支城として築かれました。信州と美濃の国境にあり、武田、徳川の戦乱に巻き込まれ三河の最前線基地として物見や狼煙を上げる情報伝達の重要拠点でもありました。長篠の合戦では、敗れた武田勝頼が敗走し、武節城に辿り着き一泊したとして知られています。道の駅どんぐりの里いなぶ道の駅で、トイレを済ませ、五平餅と子持ち鮎の塩焼きを食べて準備完了!さあ、攻めましょうか登り口入口アクセスは2ヶ所、まずはトンネルの脇の道から看板に従って行ってみることにしました。登り口道の駅があるので、車を置いて歩くのもありです。でも、車が足の人なのでどこまでも車で行こうと思ってしまう...武節城(愛知県)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-10-23)

埼玉県の金窪城のブログを書きました。よかったらご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/b0f47a91e919da4226c3d5f3c8d1031c

金窪城(埼玉県) - むぎの城さんぽ

【金窪城】かなくぼじょう【別名】太瑯城【構造】平城【築城者】加治家季【築城年代】治承年間【指定史跡】県指定史跡【場所】児玉郡上里町金久保地図金窪城は、別名は太瑯城(たやじょう)よも言い、武蔵国の最北端にあって上野国との国境の城として重要とされていました。戦国期には摂津守定利が居城していましたが、1582年(天正10年)神流川合戦で織田信長の家臣滝川一益に攻められ、落城しました。後に、徳川家康の関東入国により武田信玄の甥である川窪信俊の所領となり、陣屋がおかれたのですが、1698年(元禄111年)に川窪氏が丹波へ転封となったため廃城となりました。県道392号を走っていると金窪城址の看板が見えて来ます。ここで看板に従って曲がります。萠美保育園保育園が見えたところで車を一旦停止。ここから館の敷地に入ります。館址入口保...金窪城(埼玉県)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-10-21)

本日は、かなり遅くなってしまいましたが千葉県の飯野陣屋のブログを書きました。
高遠藩、保科正之氏の弟の陣屋だそうです。日本三大陣屋だということも知りませんでした^_^;
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/3a2c9514e15b87e2fbbb509d458d669a

飯野陣屋(千葉県) - むぎの城さんぽ

【飯野陣屋】いいのじんや【別名】-【構造】陣屋【築城者】保科正貞【築城年代】1648年(慶安元年)【指定史跡】県指定史跡【場所】富津市下飯野地図飯野陣屋は飯野藩初代藩主保科正貞(高遠藩主保科正之の弟)が築いた陣屋です。以後明治維新を迎え版籍奉還に至るまで保科氏が藩主を勤めました。正貞は、信州高遠城主保科家に生まれ、早くから徳川家に仕えて大阪夏の陣では大活躍をしました。前封に飯野村を加増され、飯野藩は譜代大名となり、大阪城番や江戸城の門番を命じられていました。飯野陣屋濠跡碑濠跡へやって来ました。水濠になっていて、水が濁っているので底の様子は見えないのですが、ここにある説明を読むと泥に埋まっていると思われますが、薬研濠になってるようです。この先は本丸でもある飯野神社の参道になります。大手道城を持つことが許されなかっ...飯野陣屋(千葉県)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-10-18)

本日は長野県の須田城です。
台風19号の影響がどうなっているのかわかりません。
8月に行った内容なのでこれから行かれる方は登れるかどうか未確認ですが、こんなところです。
https://blog.goo.ne.jp/mugiide/e/ffa1e186cadb6e2c10e20520d929990f

台風19号の爪痕は、日を追うごとに新たに見えてきていることもあります。
仕事をしながら、ブルーシートを貼ったり、土嚢を運んだりというお手伝いをしたりしています。
緩い斜面でも崩れている状況なので関東、東北方面の山城や川の近くの城址は十分注意してください。

須田城(長野県) - むぎの城さんぽ

【須田城】すだじょう【別名】臥竜山城【構造】山城【築城者】須田氏【築城年代】室町時代【指定史跡】市指定史跡【場所】須坂市臥竜3地図須田氏は井上城主の分家であり、臥竜山に出城を構えたのが須田城です。本城は本郷にある大岩城で、当初村上氏に属していましたが、武田氏と上杉氏の争いでは武田氏につき、武田氏が滅亡すると上杉景勝が北信四郡を占領したため上杉へと下り越後へ。越後須田氏は海津城の城将として信濃に帰国し、武蔵国八王子城の城将も勤めています。その後、慶長三年に上杉氏の会津への国替えの命が下ると、これに抵抗し、須田氏は海津城で自害して果てました。残された者は上杉氏と伴に会津へ移り、須田城は廃城となりました。臥竜公園とりあえず臥竜公園目指して行ってみました。案内看板を見ると公園内に須田城があります。テニスコート駐車場に車...須田城(長野県)

むぎさん が最近のひとことを更新しました(2019-10-15)

クイズおもしろかったですね。(ぜひ、攻城団でもやって欲しいです!)
使っている写真もちゃんと攻城団のものでしたね。
こうの団長さんの表情で当りなのがよくわかりました。(^^)
正解率も高くて流石だなあと思いました。
ちなみに今アクセス集中しているらしく、苗木城の写真が重い~

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

宮坂武男氏が現地を歩き縄張図・鳥瞰図を起こしたもので、これを頼りに山城へ出掛けています。山城歩きを始めたら欲しい1冊ですが険しい山城もあるのでこの本で予備知識を入れて危険のないよう行ける範囲で楽しんでいます。シリーズで各所あります。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る