赤いRVR()さん 大老   フォロー

ここのところ登城記録の整理ができていなかったので、ここに登録して1年たったので、それを機に少しずつ確認をしながらまとめてみたら、2019年末での全登城数は1832城、信濃の城が968城で、それ以外が864城でした。そのうち百名城は76城、続百名城は43城でした。今年になって30城ほど攻めているので、2020年中にはもしかすると2000城の大台に乗るかな。最近は信濃の山城はクマが怖いので、どうしようかな… といいつつ、今年も山城に登っていることでしょう!?

赤いRVRさんのタイムライン

赤いRVRさん が  若栗城(富山県黒部市) の写真をアップしました(2022-01-20)

遠景
遠景

水田地帯の中に島のように残っているのがわかる。

赤いRVRさん が  若栗城(富山県黒部市) の写真をアップしました(2022-01-20)

城跡碑
城跡碑

赤いRVRさん が  若栗城(富山県黒部市) の写真をアップしました(2022-01-20)

郭内駐車場
郭内駐車場

公園になっていて、駐車場も完備されている。

赤いRVRさん が  若栗城(富山県黒部市) を攻城しました(2022-01-19)

赤いRVRさん が  多度津陣屋(香川県多度津町) の写真をアップしました(2022-01-11)

蓮堀の説明書き
蓮堀の説明書き

発掘調査で石垣が確認されたようです。

赤いRVRさん が  大井城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2022-01-11)

黒岩城の切岸
黒岩城の切岸

こちらに来る人は少ないようだが、遺構はよく残っている。

赤いRVRさん が  大井城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2022-01-11)

左手が王城、右手が石並城、間の堀跡
左手が王城、右手が石並城、間の堀跡

堀跡は道路になっている。

赤いRVRさん が  大井城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2022-01-11)

王城のケヤキ
王城のケヤキ

城跡のシンボル的な木、県天然記念物

赤いRVRさん が  多度津陣屋(香川県多度津町) を攻城しました(2022-01-10)

赤いRVRさん が  大井城(長野県佐久市) を攻城しました(2022-01-10)

赤いRVRさん が  羽場城(長野県辰野町) の写真をアップしました(2022-01-09)

外郭土塁
外郭土塁

少しわかりづらい場所ですが、いくつか残っています。

赤いRVRさん が  羽場城(長野県辰野町) の写真をアップしました(2022-01-09)

空堀
空堀

台地の縁を利用した城、堀もよく残っています。

赤いRVRさん が  羽場城(長野県辰野町) を攻城しました(2022-01-09)

赤いRVRさん が  高島城(長野県諏訪市) の写真をアップしました(2021-12-31)

慶長期とされる石垣
慶長期とされる石垣

本丸南の公民館裏手の石垣は、慶長期の積石らしいです。

赤いRVRさん が  高島城(長野県諏訪市) の写真をアップしました(2021-12-31)

凍った堀と復興天守と櫓・門
凍った堀と復興天守と櫓・門

水面の凍てついた模様も幾何学模様で美しいです。

赤いRVRさん が  上原城(長野県茅野市) の写真をアップしました(2021-12-31)

西下の段郭
西下の段郭

主郭下の帯郭のさらに下にはいくつもの郭が続きます。

赤いRVRさん が  上原城(長野県茅野市) の写真をアップしました(2021-12-31)

麓の諏訪氏館前の駐車スペース
麓の諏訪氏館前の駐車スペース

ここから坂道を登ると段郭を見ながら主郭へ行くことができます。

赤いRVRさん が  高島城(長野県諏訪市) を攻城しました(2021-12-31)

赤いRVRさん が  上原城(長野県茅野市) を攻城しました(2021-12-31)

赤いRVRさん が  磯部城(神奈川県相模原市南区) の写真をアップしました(2021-12-02)

上磯部の土塁
上磯部の土塁

城の中心部とされる場所からは離れているが、外郭的なものだったのでしょうか。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

将軍の日本史 (MdN新書)

源頼朝から徳川慶喜まで「幕府の長としての将軍」39名がずらりと並んでいる。ビッグネームも儚い存在も一人ひと項目ずつ(同一人物だが足利義材と義稙は二つの項目に分けて)公平に取り上げた「総覧」だ。
出色はコラムで、将軍になれそうでなれなかった面々の紹介が面白かった。その一人、尾張藩主・徳川宗春は地元では「名君として愛されていた」とか。いつか名古屋城攻城の暁には郵便ポストの上の宗春公も見てこようとグーグルマップに印をいれたところだ。
私は歴史に疎く見逃しが多いが、将軍を軸にして日本史の常識をこの「総覧」は補ってくれる。「日本坊主列伝」とともに貼りまくった付箋のところを読み返し、城下町探索に深みを持たせたい。

山鳩さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る