S(えす)さん 大老   フォロー

東京在住サラリーマン。身分は足軽級。
お城めぐり歴はたぶん15年くらい^^;少ない連続休暇を利用し、時々遠征します。昼は城、夜は酒とうまいもの。泊はビジネスホテルかカプセルホテル(但、家の風呂は狭いので大浴場付きを好む)。時折、酔った勢いで夜間のお城撮影を敢行します。しかし、撮影したものはことごとくブレているw
若いころは一日でいかに多くの城をまわれるかというタイムトライアル的なこともよくやっていましたが、最近ではだいぶ落ち着いてきました。

旅先で出会った郷土料理・名物をひたすら紹介するブログ「名物を食べよう!」を執筆中(2022/1/3 記)。

◆「名物を食べよう!」;https://ameblo.jp/meibutu-hunter/

Sさんのタイムライン

Sさん が最近のひとことを更新しました(2022-10-02)

10月の一言
◇10月になりました。
朝晩はだいぶ涼しくなり、いよいよお城巡りシーズンの到来ですね。
皆様はお城に行く際に何を目指しますか?天守がある城ならばもちろん天守ですが、ない場合、まずは城址碑の有無を確認するかと思います。
城址碑は主郭に建てられていることが多いですし、主郭ではないにしても城址碑を確認することで到達感を得られますから。
しかし、整備されていない城の中にはその存在すら忘れられているものもあります。
今回紹介するのはそんな城址碑の一つ、静岡県の隠之城(かくのじょう。攻城団未登録)を紹介します。
まさに今回の一言にうってつけの名前ですが、この城は宇津山城の支城とされ、城主・朝比奈氏の姫をかくまったという伝説からきているようです。
そして姫だけでなく、城址碑までも木々によって隠されたように建てられており(注意してみれば道路から見える、と思う)、発見はなかなか困難ですw
そもそもこの城の情報自体が非常に少なく、縄張りなどの詳細も不明ですが、城址碑の脇は堀状になっていました(場所のヒント。私はこれで発見できました)。
涼しくなって活動しやすくなってきましたし、皆様もまだ攻城団で報告されていない未知なる城址碑を求めて出かけてみてはいかがでしょうか。(写真は2012/7/15撮影)◇

Sさん の読者投稿欄「戦国時代、江戸時代を舞台にした小説やマンガでオススメがあれば教えてください」への回答が更新されました(2022-10-01)

和田竜の「のぼうの城」ですかね。
後に映画化もされ、大ヒットしましたからこちらの方で覚えている方も多いはず。
この作品を読んだことによって忍城とそのゆかりの地めぐりなんかもしました。

Sさん の読者投稿欄「あなたにとって印象深い戦国時代の合戦とその理由を教えてください」への回答が更新されました(2022-09-01)

関ヶ原の戦いです。
小学生の時に授業で習っているはずですけど、実際に興味を持ったのは中学生の時でしたね。
丁度、「信長の野望」が流行っている時でたくさんの戦国武将や時代背景を知る中で、最終局面というべきいわゆる「天下分け目」の戦となったのが関ヶ原の戦いで、当時のオールスターのような布陣に興味を持ちました。
当時はインターネットなんてありませんでしたから、百科事典で戦いの時系列など追ったりしました。
大人になって、現地を訪問しましたが、やはり当時の息吹が聞こえてくるようで感動しましたね。

Sさん の読者投稿欄「あなたが気になる名前のお城を教えてください」への回答が更新されました(2022-08-01)

意味ありげな名前と城の歴史についてロマンがあるのは岐阜県の帰雲城ですね。
帰雲城は当地を治めていた内ケ島氏の居城でしたが、天正地震による帰雲山の崩落で城や城下町が埋もれてしまいました。
現地は山深い立地となっており、県道156号線から少し庄川方面に入ったところに城址碑や帰雲神社が鎮座しており、その場所から帰雲山の崩落跡といわれる山肌を望むことができます。
内ケ島氏もよくわからない謎の一族ですし、埋蔵金伝説なども存在するので遺構は発見されていませんが、面白いお城だと思います。
写真は帰雲城城址碑と崩落跡と考えられる山肌です(2011/9/24撮影)。

Sさん の読者投稿欄「あなたの徳川家康に対するイメージを教えてください」への回答が更新されました(2022-07-01)

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。


徳川家康公の遺訓といわれるものです。
私の座右の銘であり、家康公のイメージも概ねこのような感じですね。
生い立ちからなのか自身をとても律している人物だったのではと思います。
写真は岡崎城の家康像です(2011/10/23撮影)。

Sさん の読者投稿欄「あなたが思う「最強の城」はどのお城ですか?」への回答が更新されました(2022-06-01)

やはり熊本城でしょうか。
西南戦争において西郷隆盛率いる薩摩軍を撃退していますし。
実戦に耐えうる城ということが「最強」という観点から選びました。

Sさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、東京都を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2022-05-16)

1、江戸城;こちらは言うまでもなく。首都東京の中心に涼やかな水堀、堅固な石垣、多数の城門など日本を代表するお城の一つです。
2、八王子城;登山の要素アリ。東京の山城といえばこちらですね。自然豊かな中に石垣などの遺構があります。
3、滝山城;若干の登り要素があります。曲輪がたくさんあり、空堀も結構残存しています。

▼以下候補▼
品川台場;台場が城に含まれるのかの議論はさておき、こちらも遺構が良く残っていて面白いです。珍しいはね出しの石垣は必見ですよ。

日本で最も都市化が進んでいる地域ですので、既に滅失している城も多く、初心者向けの城も少なめです。しかし、江戸城だけは別格で初心者でも十分楽しむことができるでしょう。江戸城は本当に広いので、かなり離れた場所(例えばJR中央線の飯田橋駅付近)にも水堀跡が残っていたりします。

Sさん の読者投稿欄「車窓から見えるお城とそのポイントを教えてください」への回答が更新されました(2022-05-01)

これは面白い視点ですね。
例えば東海道山陽新幹線に乗車しているといろいろなお城が見えますよね。
建造物がある城で東から順に小田原城、掛川城、清州城…。
あれ?江戸城は見えたかな?
彦根城は瞬間的に小さく見えたような。
姫路城は見えますよね。
福山城も見えますけどホーム壁に遮られて通過列車だとあっという間。
三原城は建造物はないですけど駅が城w
新幹線は高速なので写真を撮影しようと思ってもなかなか撮影は厳しいですw
攻城団の企画として全国の新幹線の車窓から見える城の特集なんていかがでしょうか?

Sさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、富山県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2022-04-16)

1、富山城;模擬天なれど雰囲気があります。やはり天守があってこその城という感じがしますし。天守内は資料館になっており、初心者にもおススメといえるでしょう。
2、高岡城;天守がない分富山城よりは優先度は落ちますが、こちらも水堀や石垣が良く残りおススメです。石垣に刻まれた刻印探しなど面白いんじゃないでしょうか。
3、松倉城;山城ではこちらがおすすめです。かなりの山奥なのでそこに取り付くまでの足が必要ですが。。山城特有の空堀がそこかしこに残っており見どころが多いです。

▼以下候補▼
城生城;富山県で上記3城以外でおススメするとすればこちらですね。こちらも山城です。非常に深い堀や土塁など、山城の魅力を堪能できるでしょう。

有力大名が不在の富山県ですので知名度のある城も少ないですが、山がちな地形を利用した山城に面白い城がある印象です。攻城する際は十分な装備を整えて挑みましょう。

Sさん が  杉本城(神奈川県鎌倉市) を攻城しました(2022-04-03)

杉本寺を訪問し、攻城とさせていただきます。
鎌倉最古の寺とのことで、とても趣深い雰囲気がありました。

Sさん の読者投稿欄「「島」にあるお城の中でオススメのお城を教えてください」への回答が更新されました(2022-04-01)

やはり対馬と壱岐の城でしょうね。
具体的には金田城(対馬)、清水山城(対馬)、金石城(対馬)、勝本城(壱岐)。この4つのお城はいずれもおススメできます。
また、一般的には城ではありませんが壱岐の原の辻遺跡は吉野ヶ里遺跡(佐賀県)に通じるものがあり、面白いですよ(資料館完備で、見学もしやすいです)。
対馬、壱岐は大陸からの文化の中継地点という側面があるため、神社仏閣も非常に歴史あるものが多数存在しておりますので、寺社に興味がある方も楽しめると思います。
私の好きな金田城の画像は読者投稿欄で何度か紹介していますので、今回は勝本城(2011/2/5撮影)を紹介させていただきます。

Sさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、徳島県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2022-03-16)

1、徳島城;天守はありませんが、青みがかった緑泥片岩が特徴的です。私は過去、阿波踊りの時期に合わせて訪問したことがありますが、エネルギッシュな阿波踊りと涼やかな石垣がとても印象に残っています。
2、一宮城;続100名城。石垣が残されているので廃城感が素晴らしい。
3、勝瑞城;こちらも続100名城。個人的には未訪問です。整備が進められており、往時の姿が取り戻されつつあるようですね。

攻城団の登録数ではやや少なめ、初心者におススメとなるとさらに少なくなってしまいます。しかし、個人的には徳島県は日本有数の祭りである阿波踊り(確かこれも江戸時代の蜂須賀家政公に関連する祭りだったかと)や鳴門の渦潮、食べ物では阿波尾鶏や徳島ラーメンなど魅力的なものが多数存在しますので、ぜひ訪問していただきたいですね^^

Sさん が  横山城(長野県長野市) を攻城しました(2022-03-13)

Sさん の読者投稿欄「過去に訪問したことのあるお城で、また再訪してみたいお城を教えてください」への回答が更新されました(2022-03-01)

私にとってはこれはもう一択です。
ズバリ長崎県対馬の金田城ですね。
やはり今の居住地から遠く、なかなかいくことができない場所にあれほどの遺構が残っている城があることが最大の理由となるんでしょうね。
お城に興味を持ち、何か所か巡って、自分もだいぶ巡ってきたなあと思っていたころに某HPで対馬にどエラい城があることを知り、衝撃を受けたことを思い出しますね~。
この城を攻城したいと思いつつ、仕事の都合でなかなか長期休暇が取れずにいましたが、人事異動により比較的休みがとりやすい部署に異動。満を持して対馬を訪問、金田城を心行くまで堪能致しました。
初めての金田城は某HPのとおりの佇まいで本当に感動したことを憶えています。私の中では今でもベスト3に入る大好きなお城です。
写真は金田城の特徴である延々と連なる石塁です(2011/2/3撮影)。

Sさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、長崎県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2022-02-16)

1、島原城;城下町込みです。普賢岳の麓に広がる静かな城下町で風情があります。
2、金田城;まず戦国時代のはるか前にこれほどの石垣(石塁)遺構が構築されていた事に驚きですね。私個人的にベスト3に入る好きなお城です。
3、平戸城;天守が格好いい!夏には爽やかな海風と気持ちいい青空を拝めることでしょう。
▼以下候補▼
原城;教科書にも出てくる島原の乱の舞台です。天草時貞になったつもりで巡ってみては如何でしょうか。
福江城;未訪問です。五島にある城ですので訪問難易度は高めですけど、遺構もよく残り、島そのものにも興味があるのでいつかは訪問したいです。
対馬清水山城;秀吉の朝鮮出兵に際して築かれた城です。対馬でよくみられる板チョコのような平べったい石で築かれた石垣が良く残っています。

離島にレベルの高いお城が点在していますね。上記の他にも壱岐の勝本城や対馬の金石城の城門、石垣なども面白いですよ。

Sさん の読者投稿欄「みなさんそれぞれ個性豊かな団員名をお持ちですが、その由来を教えていただきたいです」への回答が更新されました(2022-02-01)

苗字のイニシャルです。
面白味がなくてすみません。。。
ただ、SNSとは言っても実際に呼ばれても差しさわりのない団員名にしようとした記憶はあります。

Sさん が  十市城(奈良県橿原市) を攻城しました(2022-01-17)

十市城城址碑の脇に昭和になってから土地の改良整備事業の完成碑が建立されているので、おそらく遺構は存在しないものと思われます。実際訪問した限りでは高低差はない地形と判断しますので、堀と土塁によって防衛した平城だったのかもと想像。

Sさん が  越智城(奈良県高取町) を攻城しました(2022-01-17)

未整備のようなので、山中には入らず麓の居館跡と思われる場所だけの探索です。どこまで往時の姿を保っているのか不明ですが、段々になっており、背後は山という地勢から居館跡にはふさわしく思えました。

Sさん が  貝吹山城(奈良県高取町) を攻城しました(2022-01-17)

分かりずらいという登城口は皆様からの投稿写真と「飛鳥病院」というキーワードから容易に発見。登城道はかなりしっかりしており迷うことはないでしょう(実際攻城時に数名の方とすれ違いました)。主郭はいかにもという形状を保っています。主郭下には地元の方が書いたと思われる手作り感一杯の説明板があり、地元民に愛されている城郭ということが分かります。

Sさん が  高取城(奈良県高取町) を攻城しました(2022-01-17)

これほどの山奥にこれだけの石垣遺構とは恐れ入りました。大手門付近の説明板には明治20年頃、取り壊し直前に撮影されたという石垣上に建造物が建っている古写真を見ることができ、往時の姿を想像しやすくなっています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

猛将妄想録 1 (電撃ジャパンコミックス)

「バトル漫画で歴史が超わかる本」で大久保ヤマト先生の絵の上手さと歴史への愛を知りこちらの漫画にも出会いました。通には有名だけど蒲生氏郷や佐竹義重の漫画なんて今まで見たことない!その中でもやっぱり私にとって一番嬉しかったのは立花宗茂の一生を大久保先生の漫画で読めた事です。道雪公とのお話や誾千代さんとの掛け合いの中にも大久保先生の歴史愛を感じられました。

こまちさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る