CLAD(くらっど)さん 家老 サポーター   フォロー

歴史的には無名でも、築城者が生き残るために必死で作り上げたことが感じられるような城が大好物。有名な城でも見落とされがちなところを写真で紹介したいので、見られる遺構はできれば全部歩いて回って写真を撮ろうとします。見学にも時間がかかり、1日に4城以上攻めることはまずありません。
投稿する写真は、そのお城をプロモートするようなつもりで、実際に行って見てみたいと思えるようなシーンを狙ったものが基本です。でも現場ではつい興奮してカメラの設定をミスることもあったりします…。

CLADさんのタイムライン

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

南西端の郭の虎口堀切、北側の竪堀
南西端の郭の虎口堀切、北側の竪堀

竪堀との高低差が見事です。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

南西端の郭の虎口と北側の竪堀
南西端の郭の虎口と北側の竪堀

土橋と堀切のセットですが、左側の竪堀(横堀がそのまま斜面を登っている)が見えています。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

御坂峠の南西(甲府側)の横堀と竪堀、土塁
御坂峠の南西(甲府側)の横堀と竪堀、土塁

竪堀が、横堀の左手前から奥に向かって落ちています。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

御坂峠の南西(甲府側)の横堀と切岸
御坂峠の南西(甲府側)の横堀と切岸

このあたりは堀が埋まってしまい、一見すると犬走りみたいになっています。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

御坂峠の南西(甲府側)の横堀と切岸
御坂峠の南西(甲府側)の横堀と切岸

ハイカー(明らかにお城を見に来た人ではありませんでした)の身長と比べて高さが分かります。北条氏から見て甲府側が正面なので守りは堅いわけです。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

御坂峠の南西(甲府側)の横堀
御坂峠の南西(甲府側)の横堀

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-21)

御坂峠の南西の堀切
御坂峠の南西の堀切

続いて峠から南西方向に進みます。

CLADさん が  東金城(千葉県東金市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-21)

CLADさん が  犬成城(千葉県市原市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-21)

CLADさん が  鹿島城(茨城県鹿嶋市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-21)

CLADさん が  勝見城(千葉県睦沢町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-21)

CLADさん が  湯崎城(茨城県笠間市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-20)

CLADさん が  桑原城(長野県諏訪市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-17)

CLADさん が  猿ヶ京城(群馬県みなかみ町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-17)

CLADさん が  赤須城(長野県駒ケ根市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-17)

CLADさん が  松尾城(長野県飯田市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-17)

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-16)

甲府側のみさか道
甲府側のみさか道

峠からこの道を下っていくと甲府方面です。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-16)

北東の郭の西側横堀(竪堀)の分岐
北東の郭の西側横堀(竪堀)の分岐

横堀が二又に分かれて、それぞれ竪堀として斜面を下り、その間に腰曲輪を形成しています。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-16)

北東端の堀切、横堀
北東端の堀切、横堀

堀切と横堀で曲輪を囲んでいます。

CLADさん が  御坂城(山梨県富士河口湖町) の写真をアップしました(2020-10-16)

北東の竪堀
北東の竪堀

左にカーブを描きながら斜面を落ちています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

関東戦国史

関東地方の戦国時代 享徳の乱から小田原北条氏滅亡、徳川氏入部までを扱った本です。当時、関八州古戦録が欲しかった僕はタイトルを見て驚喜しました(もちろん内容も)。現在は「応仁の乱」効果で手軽に入手できる戦国関東の本が増えているのでそちらもオススメです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る