Tiger(とら)さん 大老   フォロー

寅年生まれ
本格的城めぐり開始は2007年頃
日本100名城2011/09/20山形城登城で完了(スタンプは全部獲得)。
続日本100名城2018/07/14品川台場登城で完了(スタンプは品川台場のみ)。
日本名城100選(小学館2008年)2018/07/15多気城登城で完了。
攻城団バッジ50個2019/05/03名島城登城で完了。残るは「日本三大陣屋」バッジ。

Tigerさんのタイムライン

Tigerさん が  禰津城(長野県東御市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-12-01)

Tigerさん が  沓掛城(愛知県豊明市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-12-01)

Tigerさん が  大胡城(群馬県前橋市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-12-01)

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

人間魚雷「回天」模型製作顕彰碑
人間魚雷「回天」模型製作顕彰碑

周辺スポットを案内して下さった町長「工藤義見」氏自身の名前が刻まれています。

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

人間魚雷「回天」模型
人間魚雷「回天」模型

日出町には「回天」の訓練基地がありました。当時の日出町長の工藤氏自ら案内して下さいました。

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

松屋寺の日出藩木下家墓所
松屋寺の日出藩木下家墓所

写真は豊臣秀吉の正室おねの母親の「朝日の方」の墓です。この日、観光案内所二の丸館で当時の日出町長の工藤氏に声を掛けられ、自家用車(町長運転)で町内を案内してくれました。町長自らの観光案内とお土産まで買って下さり、恐縮してしまいました。お礼に浜松名産のうなぎパイを町役場に送りました。

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

石段
石段

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

城下海岸
城下海岸

カレイがいます。

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

石垣
石垣

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

石垣
石垣

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

堀

Tigerさん が  日出城(大分県速見郡) の写真をアップしました(2019-11-30)

隅櫓(鬼門櫓)
隅櫓(鬼門櫓)

Tigerさん が  岩尾城(熊本県上益城郡) を「行きたいお城」に登録しました(2019-11-29)

Tigerさん が  浜松城(静岡県浜松市) の写真をアップしました(2019-11-29)

天守
天守

小学校時代、運動場から毎日見ていました。浜松で最も古く、市の中心部にある伝統校だったのですが、廃校になりました。

Tigerさん が  浜松城(静岡県浜松市) の写真をアップしました(2019-11-29)

引間城本丸跡にある家康・秀吉像
引間城本丸跡にある家康・秀吉像

家康31歳(1573年)秀吉16歳(1551年)の時の姿がなぜか並んでいます。

Tigerさん が  浜松城(静岡県浜松市) の写真をアップしました(2019-11-29)

鉄砲足軽
鉄砲足軽

Tigerさん が  浜松城(静岡県浜松市) の写真をアップしました(2019-11-29)

若き日の徳川家康公像
若き日の徳川家康公像

Tigerさん が  浜松城(静岡県浜松市) の写真をアップしました(2019-11-29)

八幡台
八幡台

浜松城の中で最も高い位置にある、そうです。

Tigerさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2019-11-29)

現存天守
現存天守

Tigerさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2019-11-29)

三の丸追手門
三の丸追手門
このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の城の一生: つくる・壊す・蘇る (歴史文化ライブラリー)

戦国時代の城が築かれてからその役目を終えて廃城になるまでの「城の一生」を、文献史料を丹念に読み解いて探る一冊。築城の仕方、日々の使われ方や維持管理、不要になったときの処理の仕方、使われなくなった城の再利用まで、決して多く残されている訳ではない史料の中から浮かび上がってきて、攻城戦や縄張りだけではないお城の魅力を引き出してくれる。「城掟」から読み解く城のメンテナンスや警備、城兵に課せられた禁止事項などが興味深い。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る