さとぴよさん 家老   フォロー

100名城、続100名城、『静岡県の歩ける城70選(図書)』を主体に基本1人で攻城しています。
***********
平成から令和へ。新たな気持ちで攻城したいと思います。最近丸18年、19万1千kmの車を更新(壊れそうでした)。おかげで久々に安心して運転できております。HV車なので今までより燃費が格段に良くたくさん攻城できそうです。
さて最近さぼり気味だった攻城ですが、今後の予定としまして、①静岡県内②100・続100名城では、滋賀県、長野県の制覇を。秋には百済寺城の紅葉を見たい。③バッヂもいくつかゲットしたい。とそんなところです。でも気の向くまま足の向くままの攻城もおそらく多々あるかと思います。
令和元年、どんな年になるんでしょうね?

さとぴよさんのタイムライン

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) の写真をアップしました(2019-07-20)

第3台場の凹部・遺構跡
第3台場の凹部・遺構跡

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) の写真をアップしました(2019-07-20)

第6台場を望む
第6台場を望む

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) の写真をアップしました(2019-07-20)

復元した砲台
復元した砲台

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) の写真をアップしました(2019-07-20)

第3台場の石垣
第3台場の石垣

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) の写真をアップしました(2019-07-20)

第3台場へ向かう
第3台場へ向かう

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) の写真をアップしました(2019-07-20)

マリンハウス前からの眺め
マリンハウス前からの眺め

第3台場が目の前です

さとぴよさん が  品川台場(東京都港区) を攻城しました(2019-07-19)

お台場海浜公園駅からマリンハウスまで徒歩で5分程。そこでスタンプをもらえます。パンフレットもあります。そこから第3台場まで徒歩で15分程度かかります。第3台場はぐるっと一周して眺めることが出来ました。次の機会にはレインボーブリッジの歩道からも見てみたい。

さとぴよさん が  龍野城(兵庫県たつの市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-06-09)

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

桜田門
桜田門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

桜田門
桜田門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

大手門
大手門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

大手門
大手門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

和田倉門跡
和田倉門跡

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

桜田巽櫓
桜田巽櫓

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

桔梗門(内桜田門)
桔梗門(内桜田門)

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

石垣と堀
石垣と堀

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

坂下門
坂下門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

石垣と水堀
石垣と水堀

桜田門付近より望む

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

西の丸大手門
西の丸大手門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-06)

桜田門
桜田門

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-05)

スタンプ設置場所(和田倉門前休憩所)
スタンプ設置場所(和田倉門前休憩所)

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) の写真をアップしました(2019-06-05)

大手門とビル群
大手門とビル群

さとぴよさん が  江戸城(東京都千代田区) を攻城しました(2019-06-04)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

図説 明智光秀

明智光秀についての最新研究成果がたくさんの写真や図版とともに紹介されています。
先入観をいったん脇に置いて、資料に残る史実を追っていくと、光秀がいかに信長に重用されていたかがわかるし、信長より先に足利義昭と対立するなど、従来の「常識人」というイメージも崩れてくるのがおもしろい。

それにしても光秀くらい著名な武将でも、いまだにわかってないことがたくさんあるんですね。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る