狸親父(たぬきおやじ)さん 太閤 サポーター   フォロー

1949年10月、現在の新潟県新発田市生、東京育ち。仕事で全国を転々とし、現在は東京在住。定年退職後は仕事をせず、古道や旧街道を歩いて、小さな知らない町を彷徨し、城跡のほか、神社、仏閣、古墳など手当たり次第に見学しています。車の運転をしない(免許返納済)ので、原則として公共交通機関と徒歩で攻城を続けています(乗り鉄です)。古稀を過ぎてから体力の衰えを痛感して城ツアーに参加することも多くなりました。容易に攻城可能な未攻城の城が少なくなってきましたが、健康に留意して、体力の続く限り多くの城を攻城したいと考えています。(2021.10.30記)

狸親父さんのタイムライン

狸親父さん が最近のひとことを更新しました(2022-12-31) 固定表示

今年も攻城団のおかげで楽しい一年をすごすことができました。来年もよろしくお願いします。今年の攻城団の5大ニュースを独断と偏見で選んでみました。第5位「コラボチラシがコレクション機能に加わる」 実はコラボチラシの美しさに惹かれて何枚か集めていました。しかし、本来は攻城団の紹介のためのものなので、古参会員の私が入手することには後ろめたさがあったのですが、これからは堂々と集めたいとおもいます(最近攻城した米沢城と駿府城にありませんでした)。第4位「群馬御城印サミットに攻城団が出店する」今回は、グッズ販売だけでなく、団長のトークや団員有志との夕食会など楽しい集いになりました。第3位「攻城団テレビが本格的に放映される」今年は多くの番組が配信され楽しむことができました(団員がチャットで参加できるものありました)。一方で攻城団ラジオが惜しまれつつ終了しました。第2位「攻城団に新規に772城が登録される」暫定登録制度ができたとはいえ、DB構築プロジェクトに参加している団員のおかげで多くの城が登録されました。第1位「団員総会開催される」コロナ禍のため3年ぶりの開催でしたが、多くの団員が集まり盛り上がりました。団長をはじめスタッフの皆様に大感謝です。来年も開催できることを切望しています。写真は、群馬御城印サミットの様子です

狸親父さん が  三直城(千葉県君津市) を攻城しました(2023-02-03)

狸親父さん の読者投稿欄「あなたにとって春夏秋冬それぞれの季節に訪れたい「四度の城」はどこですか?」への回答が更新されました(2023-02-01)

長い間攻城を続けていますが、多くの城を見たいという気持ちが強く、同じ城を何度も攻めることはあまりなく、攻城記録によれば、二条城や名古屋城など10城が4回で最多でした。しかも、同じような時期に攻城していることが多くて四季の違いを感じたことはありませんでした。季節の違う時期に攻城した城を調べてみると、弘前城に、冬(2015.02.27)、夏(2018.06.24)、秋(2021.10.26)と3回攻城していました。冬は、一面の雪のなか幻想的な天守を見ることができ、夏は、天守が移動していることに目が行って季節を感じることはありませんでしたが、秋は、紅葉が見事でした。残りは春ですが、これまでは混雑するので写真で満足していたのですが、いつかは満開の桜の季節に攻城したいと思っています。写真は、秋の弘前城です。

狸親父さん が  三条院城(茨城県つくばみらい市) の写真をアップしました(2023-01-31)

浅間神社
浅間神社

狸親父さん が  三条院城(茨城県つくばみらい市) を攻城しました(2023-01-31)

用水を渡って、ほぼ直登で城域に入ります。かなり藪化していますが曲輪の形や堀切は一応確認できますし、土塁の上は何とか歩くことがました。一方で城の一部とされる浅間神社周辺はよく整備されていました。

狸親父さん が  若栗城(茨城県つくば市) を攻城しました(2023-01-31)

みどりの駅から牛久駅行バスに乗り、茎崎若栗で下車して5分ほどで牡丹園に着きます。その北側の台地が城址なのですが、周囲を歩いてもはっきりとした登城口が見つかりません。藪の切れ目からけものみちを入っていくと土塁があるのを確認しましたが、それ以上は藪化がひどく撤退しました。

狸親父さん が  仁尾城(香川県三豊市) を攻城しました(2023-01-25)

狸親父さん が  館山陣屋(千葉県館山市) を攻城しました(2023-01-25)

狸親父さん が  黒田城(三重県津市) の写真をアップしました(2023-01-22)

城の比高
城の比高

黒田小学校の校庭から撮影しました。築城適地であることが窺えます。

狸親父さん が  黒田城(三重県津市) の写真をアップしました(2023-01-22)

新しい案内板
新しい案内板

狸親父さん が  奴野城(愛知県津島市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  田尻城(愛知県愛西市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  古木江城(愛知県愛西市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  稲生城(三重県鈴鹿市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  黒田城(三重県津市) を攻城しました(2023-01-22)

城跡は黒田小学校になっています。職員に見学を申し出ると快く校内を案内していただきました。木製の標柱が台風で倒れたため、新たにプラスチック製の案内板が立っていました。遺構はありませんが、高台になっていて築城するのに好適地であることがわかります。

狸親父さん が  川北城(三重県津市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  若山城(三重県亀山市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  亀山城(三重県亀山市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  国府城(三重県鈴鹿市) を攻城しました(2023-01-22)

狸親父さん が  平野城(三重県鈴鹿市) を攻城しました(2023-01-22)

近鉄平田町駅から亀山駅行きバスに乗り平野下車。5分ほどで城址碑と案内板がある城跡に着きます。遺構は認められず、案内板もフェンスに囲まれていて見にくくなっています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

キテレツ城あるき

れきしクンでお馴染み、長谷川ヨシテル氏の「ヘンテコ城めぐり」に続く第2弾お城ガイド本です。ちょっと違った視点でのお城ガイドですが、中身はいたって真面目かつ詳細です(笑)。今回は「古代山城」とか「舞鶴城」とかのテーマ別に詳しく紹介されています。舞鶴城に至っては、「舞鶴城多すぎ問題」として章立てされています!そして何よりオススメは、攻城団提供の写真が使われていることです。城のヘンテコ度は前著の方が勝っているような気がしますが、楽しく詳しく読めて、そのお城に行きたくなりますよ。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る