狸親父(たぬきおやじ)さん 太閤 サポーター   フォロー

1949年10月、現在の新潟県新発田市生、東京育ち。仕事で全国を転々とし、現在は東京在住。定年退職後は仕事をせず、古道や旧街道を歩いて、小さな知らない町を彷徨し、城跡のほか、神社、仏閣、古墳など手当たり次第に見学しています。車の運転をしない(免許返納済)ので、原則として公共交通機関と徒歩で攻城を続けています(乗り鉄です)。古稀を過ぎてから体力の衰えを痛感して城ツアーに参加することも多くなりました。容易に攻城可能な未攻城の城が少なくなってきましたが、健康に留意して、体力の続く限り多くの城を攻城したいと考えています。(2021.10.30記)

狸親父さんのタイムライン

狸親父さん が最近のひとことを更新しました(2022-08-25) 固定表示

青春18きっぷを使って静岡県の勝間田城を攻城しました。新幹線に乗れないので、新宿から鈍行を乗り継いで4時間かけて金谷駅に到着。そこから静波海岸行きバスに乗り15分で中島バス停下車。バスは1日4本なので時間を確認して攻城計画を立てる必要があります。バス停から城址までは道標がしっかりしていて迷うことはありません。上り坂が続きますが20分ほどで本丸に到着します。途中の登城口には駐車場とトイレがあり、城のパンフと杖も用意されていました。登城路はよく整備されていて歩きやすく、曲輪内の立ち木や草が切られていて縄張りがはっきりわかりました。また、城内には随所に解説板が立っており、地元の熱意が感じられました。予想以上に規模が大きく、また眺望も素晴らしく、攻城した団員の評価が高くて、加藤理文氏が「日本100名城、続日本100名城に負けない名城」に挙げているのも納得です。いただいたパンフには「このパンフレットは御城印の収益金で作成した」旨の記載がありました。私はかねてから、濫発される御城印に対してやや懐疑的な気持ちがあり、ほとんど御城印は購入しないのですが、ここの御城印は購入しようとしたら、販売場所である郷土菓子処「扇松堂」は水曜日が定休日でした。攻城後5時間かけて自宅に戻り、風呂上りに飲んだビールは最高でした(古稀を過ぎても青春しています)。写真は、勝間田城のパンフレットで、裏面はわかりやすい縄張り図になっています。

狸親父さん が  宮川陣屋(滋賀県長浜市) を攻城しました(2022-09-24)

狸親父さん が  河田城(愛知県一宮市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  光明寺城(愛知県一宮市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  大野城(葉栗郡)(愛知県一宮市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  尾張松倉城(岐阜県各務原市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  三井城(岐阜県各務原市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  清水城(岐阜県揖斐川町) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  大御堂城(岐阜県大野町) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  清水古城(岐阜県揖斐川町) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  本郷城(岐阜県池田町) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  関城(岐阜県関市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  小倉山城(岐阜県美濃市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  山口城(岐阜県本巣市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  長瀬城(岐阜県揖斐川町) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  神所城(岐阜県本巣市) を攻城しました(2022-09-09)

狸親父さん が  更木陣屋(岐阜県各務原市) を攻城しました(2022-09-04)

狸親父さん が  鷺山城(岐阜県岐阜市) を攻城しました(2022-09-04)

狸親父さん が  黒野城(岐阜県岐阜市) を攻城しました(2022-09-04)

狸親父さん が  皿沼城(埼玉県深谷市) を攻城しました(2022-08-31)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る