狸親父(たぬきおやじ)さん 太閤 サポーター   フォロー

1949年10月新潟県北蒲原郡加治川村生(現在は新発田市になっており、そのため新発田城を本城にしています)。東京在住。定年退職後仕事をしていないので、時間にはゆとりがあり、古道や旧街道を歩いて、小さな、知らない町を彷徨し、城跡のほか、神社、仏閣、古墳など手当たり次第に見学することに無上の喜びを感じています。車の運転をしない(昨年免許返納し名実ともにできません)ので、原則として公共交通機関と徒歩で攻城を続けています。

狸親父さんのタイムライン

狸親父さん が最近のひとことを更新しました(2021-10-17) 固定表示

攻城数・制覇率の低い香川県と高知県を攻城するため四国に行ってきました(東京→高松はサンライズ瀬戸、四国内はJR四国のバースデイ切符、高知→東京はJAL先得を利用)。100名城の高松城や丸亀城を10年ぶりに再訪し、中村城を攻城して高知県の県バッジも獲得できました(これで県バッジはすべて獲得)。また若宮神社で長宗我部元親初陣像を確認したほか多くの城郭を攻城するなど充実した遠征になりました。それにしても、「城=天守と信じていた」自分を、観光をほとんどせず、「名もなき山城でおにぎりを食べることが至福」と言わしめるまでに変えた攻城団恐るべし。写真は中村城模擬天守からの光景です。

狸親父さん が最近のひとことを更新しました(2021-09-24)

城跡は様々な形で利用されていますが、若いころに攻城した金沢城や和歌山城には大学がありました(現在は移転しています)。現在でも、構内に土塁など遺構や城址碑がある学校もかなりあり、水戸一高のように遺構の薬医門まで立ち入りを許容している学校もありますが、基本的には校内立入禁止です。しかし、職員室に連絡して目的を告げるとほとんど入校を許可してくれます(神奈川県の玉縄城のような女子高に対してはさすがに遠慮しています)。ところで、石川啄木が通った旧制盛岡中学は当時城内にあったので、学校から抜け出し盛岡城で思索にふけったという逸話があります。二の丸に「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」の歌碑が立っています。写真は、水戸一高校内にある薬医門です。

狸親父さん が最近のひとことを更新しました(2021-09-10)