なま()さん 奉行   フォロー

昔から歴史、特に、日本史が好きでしたが、4年前に、GPSで城巡りする他サイトで城巡りをポ◯モンGo的に始めたのが、城巡りの始まりで、その延長上で情報集めをしていた時に、巡りあったのが、攻城団でした。攻城団には、現地を攻城して、土塁や石垣、堀や建造遺構、銅像などをみる楽しさを教えてもらいました。今は、月1回ほどの遠征や日帰り旅で攻城すること、その事前の情報集めやスケジュールを組んだりすることも楽しんでます。現地の名物を食べたり、お土産買ってくるのも楽しんでます。よろしくお願いいたします。

なまさんのタイムライン

なまさん がバッジ「茨城県三名城」にコメントしました(2021-09-07)

100名城、続100名城の城なので、知名度もあり、笠間城が少し駅から離れてはいますが、公共交通機関でも攻城は苦ではありません。茨城には、この三城以外にも、土の城の傑作がけっこうあります。

なまさん がマイベストキャッスルを更新しました(2021-09-06)

なまさん の読者投稿欄「いままで訪問した中でどこの城下町がよかったですか」への回答が更新されました(2021-09-06)

そんなに訪問した城下町が少ないので、他にも素敵な城下町はあると思います。

1つ目は、近江八幡です。豊臣秀次の居城の八幡山城の城下町で、八幡堀や近江商人などの洋館が印象的な城下町です。側近として秀次についた田中吉政公の能力の高さなのかもしれませんが、豊臣秀次公のイメージをいい方に一新した城下町でした。

2つ目は、会津若松です。幕末の城下町のイメージが色濃く残っているのは、白虎隊や日新館などのイメージが強いからと思いますし、戊辰戦争の想いが今でも強く意識しているから、と思います。

3つ目は、滋賀県の日野です。ここは、日野駅からかなり歩いた先にあって、いくつか周囲に城あともあり、訪問した当時はあまり日野商人の知識もなく、城下町としては意識していなかったのですが、蒲生氏郷公の銅像もあり、商人の館など、城下町として、色濃く残っていて、当時としては、意外な形で城下町を味わえた町でした。

なまさん の読者投稿欄「「忠臣」と聞いて思い浮かぶ戦国武将・大名は誰ですか?」への回答が更新されました(2021-09-01)

封建体制のなか、忠臣と呼べる方は多く、少々悩みました。また、後世の創作なども含まれたりするので、真偽不明な点もあるのかもしれません。

1人目は、石田三成公です。諸説あるのかもしれませんが、徳川家康へ天下の情勢が流れる中で、豊臣氏の体制を維持しようとしていた心意気は、やはり、忠臣の一人じゃないかと思います。
2人目は、鳥居元忠公です。関ヶ原の前の戦いでの元忠公の壮烈な戦死が後の江戸時代に、鳥居家のお家騒動の際に、鳥居家のお取り潰しを免れた一要因になっていて、後々まで残る忠臣ぶりだと思います。
3人目は、片倉景綱公です。以前の投稿の際にも書いたことがありますが、豊臣秀吉から三春五万石の直臣としての誘いを政宗公への忠義から断った話しや人取橋の戦いでの逸話など忠臣としての逸話は枚挙に暇がありません。

その他にも、真田信繁公や直江兼続公なども忠臣だと思います。

なまさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、茨城県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2021-08-16)

このお題、なかなかの難問だと思います。100名城に関わる3城が候補である一方で、茨城県には、小幡城、小田城、逆井城、真壁城など、公共交通機関で行くのが困難ではあるものの、土の城の傑作がたくさんあります。こうした城だけの特別選考したいくらいです。
一つ目は、水戸城です。歴史的背景、薬医門などの現存状況、大手門などの復元など、これからも楽しめる城あとだと思います。
2つ目は、土浦城を選びます。現在、市民公園として整備されていますが、東櫓や太鼓櫓門が現存し、市民からの熱烈な要望で西櫓が復元されています。
3つ目は、東日本では珍しい石垣遺構の遺されている笠間城と迷いましたが、小幡城を選びます。交通アクセスの悪さなどはありますが、団員評価の高さも納得の土塁、空堀は、一見の価値があると思います。

なまさん の読者投稿欄「歴代征夷大将軍でもっとも印象深い人物とその理由を教えてください」への回答が更新されました(2021-08-01)

戦国期から外れてしまいますが、いわゆる幕府関連以外で、征夷大将軍といえば、やはり、坂上田村麻呂ですね。
本来の意味での征夷大将軍でしたし、私にとっては、征夷大将軍といえば、この方ですね。
この方も戦国期を外してしまいますが、次は、源頼朝です。武士としては、初の征夷大将軍ですが、正直、好き嫌いで言うと嫌いな部類です。政権を得るまでに支えていた弟、義経、範頼に対する仕打ちは、諸説あるのかもしれませんが、好きにはなれないですし、求心力はあったのかもしれませんが、家臣に対しての対応も、贔屓があったり、貶めたりした面が見えるのも、好きになれない理由です。源氏の正統が三代で絶えてしまったのも、この辺が影響していると思います。
最後も戦国期を外してしまいますが、足利義満です。泰平の世を作り出した徳川幕府もそうですが、それ以前に最も安定した世の中を作り出したのは、この方だと思います。

なまさん がバッジ「東北三名城」にコメントしました(2021-07-29)

すべて、JRの駅から徒歩で攻城可能です。会津若松と白河小峰城は、ついつい天守閣に目が行きますが、東北三名城のもとは、傾斜とか石垣の美しさが選定理由である通り、石垣にも目を見張るものがあります。

なまさん が  白河小峰城(福島県白河市) の写真をアップしました(2021-07-29)

大手道階段からの天守閣
大手道階段からの天守閣

なまさん が  白河小峰城(福島県白河市) の写真をアップしました(2021-07-29)

本丸御殿あとからの天守閣
本丸御殿あとからの天守閣

なまさん が 宿泊施設ホテル・アルファ-ワン郡山東口」にレビューを投稿しました(2021-07-28)

郡山駅から徒歩で約7分あれば着きます。比較的に、食事の場所は周囲にはありませんが、駅を越えた反対側にありますので、不便は感じません。また、一階にコンビニが入っていますし、大型商業施設(イオン)も近くにあります。比較的に新しいホテルのようで、清潔感があり、コーヒーのサービスもありました。また、部屋に、ズボンプレッサーが設置されていたりとビジネスでの利用も便利だと思います。(ただ、Wifi環境はなく、有線LANでの利用になる点は不便かもしれません)

なまさん が  白河小峰城(福島県白河市) を攻城しました(2021-07-28)

JR東北本線白河駅から徒歩で約8分で着きます。また、ホームから天守閣が確認できます。復元天守閣があり、石垣、水堀、空堀、土塁などが遺されています。

なまさん が  向羽黒山城(福島県会津美里町) を攻城しました(2021-07-26)

なまさん が 宿泊施設R&Bホテル盛岡駅前」にレビューを投稿しました(2021-07-26)

盛岡駅から徒歩で約5分くらいで着きます。盛岡城までは、徒歩で約20分くらいです。清掃などが行き届いていましたし、駅前で、食事やコンビニなどに困ることはありませんでした。朝食は、焼きたてパンにゆでたまごとスープバーで、書き込みには、否定的なコメントも見えましたが、パンの種類も5種類はあるし、無料での提供であるし、私は、十分満足できるものだと思います。
部屋がすごく狭かったのが難点ではありましたが、コスパのよいホテルだと思います。

なまさん が  会津若松城(福島県会津若松市) の写真をアップしました(2021-07-26)

天守閣
天守閣

背景となる青空と赤瓦の天守閣のコントラスト。

なまさん が  会津若松城(福島県会津若松市) を攻城しました(2021-07-25)

JR只見線の西若松駅から徒歩で約30分くらいで着きます。会津若松駅からは、バスも多く出ています。バスでは、約15分ほどで、最寄りバス停まで行きます。水堀、土塁、石垣が良好に遺されていますし、赤瓦の天守閣は、いつ見ても、心踊らされます。

なまさん が  九戸城(岩手県二戸市) の写真をアップしました(2021-07-25)

本丸を囲む空堀あと
本丸を囲む空堀あと

なまさん が  九戸城(岩手県二戸市) の写真をアップしました(2021-07-25)

本丸虎口付近の空堀あと
本丸虎口付近の空堀あと

空堀内に、石垣遺構が確認できました

なまさん が  盛岡城(岩手県盛岡市) の写真をアップしました(2021-07-25)

大手道の高石垣
大手道の高石垣

絶妙な反り具合でした。

なまさん が  九戸城(岩手県二戸市) を攻城しました(2021-07-25)

IGRいわて銀河鉄道の二戸駅から徒歩だと約30分くらいですが、私は、IGRいわて銀河鉄道二戸駅で300円で利用できるレンタサイクルを利用して約20分くらいで着きました。本丸、二の丸は、よく整備されていて、その他の周囲の場所も、見学に支障ないほどに整備されていました。現在も整備が進められているようで、空堀、土塁が良好に遺されていましたし、石垣遺構も良好な状態で確認できました。

なまさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、大阪府を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2021-07-24)

すっかり、締切後ですが、本城(自宅)を大阪に持つ身としては、やはり、コメントしておきたく…。
1つ目は、文句なく大坂城ですね。関東出身の私でも、やはり、豊臣大坂城を選びたいです。規模、歴史的背景など、全て文句無しです。
2つ目の岸和田城も水堀越しにみる模擬天守や庭園の美しさで、文句無しです。
3つ目が迷いどころで、私は、選ばれた飯盛城が未攻城であるし、他の候補だと、遺構はあまり遺されていませんが、歴史的背景の高さで、千早城、竪堀や大手石垣がよかった芥川山城、最近畝堀が見つかった高槻城など、気になる城も多いです。なので、飯盛山城の攻城まで、3つ目は、未選定とします。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

螢草 (双葉文庫)

とある事情で元武家の娘が、同藩の武家で女中として働く。奉公先の家にさまざまな辛苦が重なってきますが、それが自身の過去ともつながって。一途な生き方サラっと描いた歴史エンターテイメント小説です。

コースケ)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る