syama1957()さん 大老 サポーター   フォロー

I was the joining KOJODAN 4th year, so I changed the profile icon. ♤

syama1957さんのタイムライン

syama1957さん が  青ヶ台城(神奈川県横浜市) を攻城しました(14:30:13)

syama1957さん が  六浦陣屋(神奈川県横浜市) を攻城しました(14:28:39)

syama1957さん が  甲斐上野城(山梨県南アルプス市) の写真をアップしました(2022-09-10)

平岡の棚田
平岡の棚田

甲府盆地が一望できます。

syama1957さん が  甲斐上野城(山梨県南アルプス市) の写真をアップしました(2022-09-10)

本重寺 (甲斐上野城(椿城)跡)
本重寺 (甲斐上野城(椿城)跡)

syama1957さん が  甲斐上野城(山梨県南アルプス市) の写真をアップしました(2022-09-10)

大井氏一族の五輪塔群
大井氏一族の五輪塔群

syama1957さん が  甲斐上野城(山梨県南アルプス市) の写真をアップしました(2022-09-10)

本丸跡(秋山氏一族の五輪塔群)
本丸跡(秋山氏一族の五輪塔群)

syama1957さん が  甲斐上野城(山梨県南アルプス市) の写真をアップしました(2022-09-10)

本丸跡(秋山氏一族の五輪塔群)
本丸跡(秋山氏一族の五輪塔群)

syama1957さん が  甲斐上野城(山梨県南アルプス市) を攻城しました(2022-09-10)

甲府駅南口から小笠原車庫行バスで40分。終点で降りて、そこから坂道を徒歩40分。甲府盆地の東端に椿城跡五輪塔群(本丸跡)があります。また近くの本重寺に城址石碑が建っています。

syama1957さん が  大矢部城(神奈川県横須賀市) の写真をアップしました(2022-09-04)

満昌寺 (源頼朝お手植えつつじ)
満昌寺 (源頼朝お手植えつつじ)

大矢部城(横須賀市営公園墓地)から徒歩10分ほど。衣笠城で討ち死にした三浦義明の菩提を弔うため、源頼朝が創建したとされています。

syama1957さん が  大矢部城(神奈川県横須賀市) の写真をアップしました(2022-09-04)

横須賀市営公園墓地
横須賀市営公園墓地

syama1957さん が  衣笠城(神奈川県横須賀市) の写真をアップしました(2022-09-03)

大善寺
大善寺

行基開山。裏山が城跡です。

syama1957さん が  衣笠城(神奈川県横須賀市) の写真をアップしました(2022-09-03)

物見岩
物見岩

syama1957さん が  衣笠城(神奈川県横須賀市) の写真をアップしました(2022-09-03)

本郭跡
本郭跡

syama1957さん が  大矢部城(神奈川県横須賀市) を攻城しました(2022-09-03)

syama1957さん が  衣笠城(神奈川県横須賀市) を攻城しました(2022-09-03)

衣笠駅からグーグルマップ推奨とは反対の衣笠山公園西側ルートで郷山城跡(未登録)経由、約40分で城址のある大善寺に着きます。

syama1957さん の読者投稿欄「あなたにとって印象深い戦国時代の合戦とその理由を教えてください」への回答が更新されました(2022-09-01)

天正14年(1586年)の岩屋城の戦いが印象深いです。薩摩島津氏が大友氏の家臣高橋紹運の守る岩屋城を攻めた合戦。味方が少なくなっても主人大友氏に忠誠を尽くしたこともありますが、立花山城の実子、立花宗茂を守る親心があったのではないでしょうか。2万(5万とも)対763名では勝ち目はありませんでしたが島津側は想像以上の兵を失ったため、鎮西制覇ができなかったとも言われています。

syama1957さん が  上田城(長野県上田市) の写真をアップしました(2022-08-31)

西櫓
西櫓

尼ヶ淵から

syama1957さん が  上田城(長野県上田市) の写真をアップしました(2022-08-31)

東虎口櫓門、南櫓
東虎口櫓門、南櫓

syama1957さん が  上田城(長野県上田市) の写真をアップしました(2022-08-31)

夕暮れの西櫓
夕暮れの西櫓

syama1957さん が  上田城(長野県上田市) の写真をアップしました(2022-08-31)

夕暮れの櫓門
夕暮れの櫓門

南櫓、東虎口櫓門

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る