鈴木孫一()さん 奉行   フォロー

(未入力) 

鈴木孫一さんが2019年にもっとも攻城したお城

2019年にわたしは129城(129回)攻城しました。もっとも攻城したお城は「 名護屋城(佐賀県)」の1回です!

2019年の訪問ランキング TOP 100

順位 城名 所在地 回数
1 佐賀県唐津市 1回
1 徳島県鳴門市 1回
1 千葉県南房総市 1回
1 福島県二本松市 1回
1 千葉県四街道市 1回
1 福岡県太宰府市 1回
1 福島県二本松市 1回
1 福島県郡山市 1回
1 山形県米沢市 1回
1 兵庫県姫路市 1回
1 静岡県沼津市 1回
1 福島県二本松市 1回
1 千葉県四街道市 1回
1 栃木県真岡市 1回
1 栃木県鹿沼市 1回
1 福島県須賀川市 1回
1 千葉県大多喜町 1回
1 千葉県千葉市 1回
1 秋田県男鹿市 1回
1 茨城県筑西市 1回
1 千葉県四街道市 1回
1 徳島県阿波市 1回
1 山口県周南市 1回
1 佐賀県佐賀市 1回
1 静岡県浜松市 1回
1 静岡県掛川市 1回
1 静岡県浜松市 1回
1 埼玉県久喜市 1回
1 佐賀県佐賀市 1回
1 徳島県美馬市 1回
1 茨城県つくば市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 兵庫県洲本市 1回
1 福岡県久留米市 1回
1 兵庫県姫路市 1回
1 山形県酒田市 1回
1 栃木県益子町 1回
1 徳島県阿南市 1回
1 茨城県つくば市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 兵庫県姫路市 1回
1 福岡県北九州市 1回
1 静岡県島田市 1回
1 栃木県小山市 1回
1 山形県鶴岡市 1回
1 栃木県益子町 1回
1 徳島県那賀町和食町 1回
1 兵庫県明石市 1回
1 千葉県佐倉市 1回
1 香川県丸亀市 1回
1 佐賀県唐津市 1回
1 福岡県福岡市 1回
1 山梨県甲府市 1回
1 山形県鶴岡市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 徳島県那賀町 1回
1 福島県郡山市 1回
1 東京都千代田区 1回
1 大分県中津市 1回
1 福岡県福岡市 1回
1 佐賀県小城市 1回
1 山形県酒田市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 徳島県海陽町 1回
1 栃木県真岡市 1回
1 岡山県岡山市 1回
1 福島県田村市 1回
1 秋田県秋田市 1回
1 千葉県館山市 1回
1 千葉県山武市 1回
1 千葉県富津市 1回
1 徳島県三好市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 兵庫県赤穂市 1回
1 群馬県沼田市 1回
1 山形県鶴岡市 1回
1 千葉県南房総市 1回
1 千葉県いすみ市 1回
1 山形県米沢市 1回
1 栃木県さくら市 1回
1 秋田県秋田市 1回
1 兵庫県明石市 1回
1 千葉県館山市 1回
1 福島県三春町大町 1回
1 山口県山口市 1回
1 栃木県小山市 1回
1 山形県酒田市 1回
1 栃木県さくら市 1回
1 兵庫県神戸市 1回
1 山口県岩国市 1回
1 千葉県君津市 1回
1 茨城県笠間市 1回
1 栃木県小山市 1回
1 福島県会津美里町 1回
1 福島県須賀川市 1回
1 山形県鶴岡市 1回
1 栃木県大田原市 1回
1 香川県高松市 1回
1 静岡県掛川市 1回
1 山口県山口市 1回
1 栃木県矢板市 1回
1 佐賀県佐賀市 1回
1 福島県郡山市 1回
1 静岡県静岡市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 福岡県大野城市 1回
1 静岡県吉田町 1回
1 群馬県東吾妻町 1回
1 千葉県南房総市 1回
1 山口県山口市 1回
1 福島県田村市 1回
1 栃木県さくら市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 佐賀県佐賀市 1回
1 兵庫県姫路市 1回
1 群馬県みなかみ町 1回
1 千葉県南房総市 1回
1 山形県酒田市 1回
1 佐賀県基山町 1回
1 福島県二本松市 1回
1 栃木県栃木市 1回
1 佐賀県吉野ヶ里町 1回
1 徳島県吉野川市 1回
1 千葉県酒々井町 1回
1 千葉県君津市 1回
1 福島県二本松市 1回
1 東京都港区 1回
1 福島県本宮市 1回
1 栃木県栃木市 1回
攻城団に登録して、ご自身の攻城記録を残していくとあなただけのランキングを表示することができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る