ゴロウ()さん 奉行 サポーター   フォロー

コロナ禍でお城巡りも我慢の日が続きますね。むやみに出かけて、それこそ怪我をしたり寒さで風邪でもひいたら大変ですので。ぼちぼち、攻城団さんの情報を見ながら、行きたいなぁ~とか考えながらステイホームしています。お城跡は逃げませんしね。わずか一年二年で無くなる遺構はなく、むしろこの十数年を振り返れば、次々に新しく整備されたり、説明看板が立ったりと、進化してきています。何より、攻城団さんの様な便利なツールが非常に助かりますね。感謝しております。・・・しかし この馬、重いね。

ゴロウさんのタイムライン

ゴロウさん が  大野城(千葉県市川市) の写真をアップしました(2021-04-12)

天満宮の説明看板
天満宮の説明看板

将門伝説ここに有ります。

ゴロウさん が  葛西城(東京都葛飾区) の写真をアップしました(2021-04-12)

説明看板
説明看板

詳しくわかりますね。

ゴロウさん が  国府台城(千葉県市川市) の写真をアップしました(2021-04-12)

説明看板
説明看板

里見の名前が公園になっていますね。

ゴロウさん が  大野城(千葉県市川市) を攻城しました(2021-04-12)

ゴロウさん が  葛西城(東京都葛飾区) を攻城しました(2021-04-12)

ゴロウさん が  国府台城(千葉県市川市) を攻城しました(2021-04-12)

ゴロウさん が  石浜城(東京都荒川区) の写真をアップしました(2021-04-10)

説明看板
説明看板

北条が一族を入れるぐらいの拠点だったのでしょう。

ゴロウさん が  石浜城(東京都荒川区) を攻城しました(2021-04-10)

ゴロウさん の読者投稿欄「あなたのお気に入りの城門を教えてください(移築門や復元門でもOK)」への回答が更新されました(2021-04-01)

城門と聞いて一番に思い付くのは姫路城菱の門ですね。美しさと(防御力の)強さを兼ね備え、かつ姫路城を代表する門だと思います。あとは金沢城の門でしょうか。外から見ると狭間が全く無いのに内側から見るとしっかり狭間が敵を迎え撃つ。抵抗感ゼロの様に見せて万全の防御力を隠し持つしたたかさに、感動しました。お城は武骨さだけでなく、美しさも兼ね備えているというのを実感できる門の一つだと思います。

ゴロウさん が  諏訪原城(静岡県島田市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-03-31)

ゴロウさん が  小竹城(千葉県佐倉市) の写真をアップしました(2021-03-29)

説明看板
説明看板

ざっと40m×60mの長方形の館跡ですね。

ゴロウさん が  金堀城(千葉県船橋市) を攻城しました(2021-03-29)

ゴロウさん が  吉橋城(千葉県八千代市) を攻城しました(2021-03-29)

ゴロウさん が  米本城(千葉県八千代市) を攻城しました(2021-03-29)

ゴロウさん が  小竹城(千葉県佐倉市) を攻城しました(2021-03-29)

ゴロウさん が最近のひとことを更新しました(2021-03-09)

コロナ(緊急事態宣言)が明けたら、またぼちぼち城巡りを開始したいですね。個人的には今まで「城攻め」と言っていましたが、極力一人で、人との接触を避けながらの攻略は続けなくてはならないと思います。さながら、これからは「斥候」と言いますか。マスクで顔を隠して、城の縄張りを確認するわけですから。

ゴロウさん が  志津城(千葉県佐倉市) を攻城しました(2021-03-07)

ゴロウさん がプロフィールを更新しました(2021-01-25)

コロナ禍でお城巡りも我慢の日が続きますね。むやみに出かけて、それこそ怪我をしたり寒さで風邪でもひいたら大変ですので。ぼちぼち、攻城団さんの情報を見ながら、行きたいなぁ~とか考えながらステイホームしています。お城跡は逃げませんしね。わずか一年二年で無くなる遺構はなく、むしろこの十数年を振り返れば、次々に新しく整備されたり、説明看板が立ったりと、進化してきています。何より、攻城団さんの様な便利なツールが非常に助かりますね。感謝しております。・・・しかし この馬、重いね。

ゴロウさん が  須賀川城(福島県須賀川市) の写真をアップしました(2020-12-20)

本丸跡
本丸跡

この高台はもしかしたら本丸櫓的なものの跡かも知れませんが、小規模ですね。

ゴロウさん が  岩瀬山城(福島県須賀川市) を攻城しました(2020-12-20)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

最低の軍師 (祥伝社文庫)

千葉の臼井城を攻城したときに、たまたま通りすがった謙信一夜城。それらの思い出がこの本を手に取らせました。上杉謙信による臼井城攻めが丸々一冊の主題になるということが意外だったからです。そして、ハマりました。
資料の乏しい歴史上の出来事や実在の人物について、想像力の翼を広げて自在に物語を紡いでいきます。その筆力に脱帽。この著者はしばらく追いかけてみようと思います。

CLADさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る