ゴロウ()さん 奉行 サポーター   フォロー

いよいよお城巡りも再開!いつの間にか完全に習慣となったマスク。密を避けながの移動や見学。これは、自分を守るだけではなく、誰かに伝染(うつ)さない為と考え、継続していきたいですね。目標(1,000城)に向け、今は近場からコツコツ、小さい遺構でも往時の人たちの心に思いを馳せながらマイペースで城巡りですね。・・・しかし この馬、重いね。

ゴロウさんが過去に回答した読者投稿欄のお題

古い順

大阪といえば大阪城(大坂城)ですね。本丸を訪れたら天守に向かう前に、向かって左手に有る小さな日本庭園に向かってください。その庭園越しに、池に写る<逆さ城>は是非見てほしいですね。大阪城の美しさが倍増されます。天守入場チケットにもその場所からの写真が使われていますよ。ちょうどエレベーターが写らないように設計されたとも聞いています。場外には、旧秀吉時代の大坂城の石垣の一部がみられる場所や、細川忠興の正室「ガラシャ」の最後の場所となった屋敷跡に残る「越中井戸」、真田丸跡に残る幸村公の銅像や伝抜け穴跡なども見どころです。
 他には、芥川山城と飯盛(山)城ですね。元祖天下人三好長慶のお城ですが、特に飯盛山城などは調査も進み、野面積みの石垣なども多数見られます。山頂から、京都から堺まで見渡せる景観は、まさに畿内を抑えた天下人にふさわしいと思いました。以上3つの城跡は、まさに大阪を代表すると思います。

九州地方は未攻略のお城がたくさんあります。岡城、佐賀城、平戸城、延岡城、それに島原や臼杵城、などなど、枚挙に暇が有りません。これだけ交通手段の発達した現代でもなかなか行けないのに、九州征伐から東北仕置まで430年前に成し遂げた太閤秀吉様はすごいな。あっ、話が変わりましたが、やはり石垣好きとしては岡城跡ですね。画像を見るだけでもワクワクする石垣だと思います。

城門と聞いて一番に思い付くのは姫路城菱の門ですね。美しさと(防御力の)強さを兼ね備え、かつ姫路城を代表する門だと思います。あとは金沢城の門でしょうか。外から見ると狭間が全く無いのに内側から見るとしっかり狭間が敵を迎え撃つ。抵抗感ゼロの様に見せて万全の防御力を隠し持つしたたかさに、感動しました。お城は武骨さだけでなく、美しさも兼ね備えているというのを実感できる門の一つだと思います。

高取城跡は、外せないですね。あの石垣を見て石垣のファンになったり、城攻めを好きになるひともいると思います。次は、信貴山城跡でしょうか。お寺がメインになっていますが、さすがの松永久秀の縄張りだと思いますね。実は彼は実にたくさんのお城を手掛けています。大河でも鉄砲に詳しいシーンが有りますが、いち早く鉄砲の射程を意識したお城を造る所が素晴らしいと思います。最後は、少しマイナーですが椿井城跡です。石田三成が惚れ込んだまさに軍略と武勇に長けた武将の居城です。いずれもハイキング程度で攻城でき、郭や土橋などの中世のお城の特徴を感じることができる大好きなお城ですね。

つい先日訪ねた岐阜県の苗木城跡を推します。自然石を利用して、江戸期の城でありながら古風な積みかたのところも有れば、倉庫跡と言われる部分は整形された切り込みはぎで積まれ、見ごたえは十二分に有ります。岩村、伊賀上野、高松などの高石垣も魅力ですが敢えて自然石を利用した苗木城跡をおすすめします。

とりあえず営業や出張で行った先にて「近くのお城」を調べます。仕事をサボっていると思われない範囲内で、行ける場所だけ行く感じです。これは行ってみたい!というところがあれば、休みの日に改めて攻略を試み、さらに周辺のお城を調べますよ。お城が地図で探せるのは、最高に便利な機能だと思います!あとは、年に一回の歴史旅行のプランを立てる時にフル活用ですね。今年は美濃金山、苗木、岩村の3城を攻略します。駐車場や、先達の攻城記録が大変参考になります。本当にありがたいサイトです。

奈良県 大和郡山城を推薦します。
天下人、豊臣秀吉の弟で大和大納言秀長候のお城跡です。紀伊・和泉・大和100万石のお城跡で、現在は天守台を中心に整備されています。手すりやスロープも付けられ、無料でどなたでも簡単に天守台石垣に上がれます。その石垣上からは、若草山や東大寺、薬師寺の塔などが視認でき、大和盆地をパノラマで楽しめます。石垣には「転用石」といわれる「お地蔵さん」や「石灯籠」がそのまま使われているのも興味深く、歴史にあまり詳しくない人でも興味が持てるのではないでしょうか?少し歴史に詳しい人には、五代将軍徳川綱吉候の執政、柳沢吉保の城としても興味が持てると思います。ここに巨大な天守が有ったことを想像しながら、是非歴史ロマンを感じてほしいと考え、「幻の天守」に推薦いたします。

島左近!謎大き前半生!日本人の大好きな忠義の臣!大和椿井城などの城址も有り!築城にも長け、関ヶ原後も生きていたと言う漫画も有ったから、知名度も高い。石田三成を悪意表現から正義感溢れる主君として表現することも期待します。

大阪城です。城に向かって左手に小さな池と庭園がありますが、そこから池越しに撮るとエレベーターも写らず、最高に感動します!

埼玉県深谷市に有る畠山重忠公園に有る畠山重忠公の像。今までいろいろ史跡に有る石像を見たけどこのインパクトは、最強でした。

基本は一人。仲間は3人いて年一で旅行しています。合間に軍議と称して近隣の城跡を廻ります。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

いくさの子 1―織田三郎信長伝 (ゼノンコミックス)

「花の慶次」や「北斗の拳」を描いた原 哲夫氏 作画、織田信長が主人公のコミック。
幼少期から物語はスタートし、11巻現在、桶狭間の戦い前までとスローペースな進展。おぉーい!信長の人生描ききれるかぁ?(笑)とちょっと心配ではある。
コミックですし、キャラクターは濃いので、気楽に楽しめます。

たなとすさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る