和食とイタリアンの融合が楽しめる料理宿 湯田上温泉 旅館初音は新潟県の「燕・三条・岩室・弥彦」エリアにある旅館です。もっとも近いお城は護摩堂城です。

もう一度周辺地図を表示する

和食とイタリアンの融合が楽しめる料理宿 湯田上温泉 旅館初音

#湯田上の自然に囲まれた静かな温泉宿です。ごゆっくりお過ごしください。
提供:じゃらん
★★夕・朝食ともに個室★★和と伊のコラボ料理おすすめです★
旬の食材を使ったお料理をご提供!和食とイタリアンの創作料理が大好評な昭和レトロな宿♪
※当館に自販機は設置されておりません
※ただいま男湯・女湯の露天風呂の利用を停止させていただいております
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 和食とイタリアンの融合が楽しめる料理宿 湯田上温泉 旅館初音
住所 〒959-1502 新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙1318-4
交通案内
  • 【仙台より】車以外/東北新幹線大宮経由、上越新幹線長岡乗換、信越本線田上駅下車
  • 【東京より】車/関越道長岡JCT~北陸道~三条燕IC~国道289を加茂方面へ~国道403を新津方面へ 車以外/上越新幹線長岡駅乗換、信越本線田上駅下車車で3分
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 10:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を9件表示しています

護摩堂城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

護摩堂城
1998 護摩堂城 制覇   別名 護摩堂山城、菅沢城

[新潟県][越後] 新潟県南蒲原郡田上町湯川2986

平均評価:★★★☆☆ 3.00(0位) 見学時間:1時間30分(0位) 攻城人数:17人(3053位)
羽生田城
3998 羽生田城 制覇   別名 羽生田館

[新潟県][越後] 新潟県南蒲原郡田上町羽生田諏訪平

平均評価:★☆☆☆☆ 1.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:2人(4023位)
因幡城
3780 因幡城 制覇

[新潟県][越後] 新潟県五泉市橋田

平均評価:★★★☆☆ 3.00(0位) 見学時間:30分(0位) 攻城人数:3人(3896位)
金津城
521 金津城 制覇

[新潟県][越後] 新潟県新潟市秋葉区

平均評価:★☆☆☆☆ 1.00(0位) 見学時間:30分(0位) 攻城人数:11人(3307位)
加茂城
3181 加茂城 制覇   別名 加茂山要害城砦、加茂要害城砦、加茂要害山城、要害山城

[新潟県][越後] 新潟県加茂市加茂

平均評価:★★★☆☆ 3.00(0位) 見学時間:30分(0位) 攻城人数:6人(3600位)
東島城
520 東島城 制覇   別名 城ケ平城

[新潟県][越後] 新潟県新潟市秋葉区東島

平均評価:★★★☆☆ 3.00(0位) 見学時間:30分(0位) 攻城人数:21人(2866位)
村松城
389 村松城 制覇   別名 村松陣屋、松城

[新潟県][越後] 新潟県五泉市村松

平均評価:★★★☆☆ 3.00(0位) 見学時間:30分(0位) 攻城人数:50人(1968位)
五泉城
519 五泉城 制覇

[新潟県][越後] 新潟県五泉市宮町5-46

平均評価:★★★☆☆ 2.50(0位) 見学時間:23分(0位) 攻城人数:29人(2574位)
新津城
515 新津城 制覇   別名 新津館、山谷城

[新潟県][越後] 新潟県新潟市秋葉区山谷2

平均評価:★★☆☆☆ 1.50(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:44人(2122位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

近世鉱山をささえた人びと (日本史リブレット)

「日本史の知識をアップデートするための勉強会」の見逃し配信を見ていて黒まめさんが紹介していたので復習のつもりで読んでみました。この本を読むまでは鉱山労働は浮浪者、囚人等一般社会から隔離された人が行っているという悪いイメージを持っていましたが、この本を読んで江戸時代の一つの社会として成立していて近代に繋がっている事を知りました。大部分の藩は年貢米を大坂に集められて現金化していたようですが、金山、銀山等が領内にある藩(この著書では秋田藩)はここが年貢米を換金する藩財政に取って重要な場所であったようです。また、農民による一揆はよく耳にしますが、鉱山労働者も労働環境改善の為に一揆を起こしていたことが書かれていました。と、言うことで江戸時代の鉱山社会を理解したい方にお勧めの一冊です。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る