ホテルルートイン高松屋島は香川県の「高松・屋島」エリアにあるホテルです。もっとも近いお城は喜岡城です。

もう一度周辺地図を表示する

ホテルルートイン高松屋島

ホテル外観(昼)
提供:じゃらん
■高松市内まで車で10分、屋島山の麓にあります♪駐車場・朝食無料
【臨時休館のお知らせ】
当ホテルは、下記の期間中、臨時休館をさせていただきます。
2021年8月30日(月)~2022年3月31日(木)
※通常営業再開日については、確定次第、ご案内させて頂きます。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 ホテルルートイン高松屋島
住所 〒761-0101 香川県高松市春日町1653-2
交通案内
  • 【高松駅より】車以外/徒歩⇒高松築港駅 ことでん琴平線 琴電琴平行⇒春日川駅
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 10:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を11件表示しています

喜岡城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

喜岡城
2934 喜岡城 制覇   別名 高松城

[香川県][讃岐] 香川県高松市高松町

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:4人(2937位)
屋嶋城
617 屋嶋城 制覇   別名 屋島城

[香川県][讃岐] 香川県高松市屋島東町

平均評価:★★★☆☆ 2.70(0位) 見学時間:42分(0位) 攻城人数:196人(392位)
向城
2935 向城 制覇   別名 向井城、真鍋城、奥城

[香川県][讃岐] 香川県高松市木太町

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:3人(2969位)
神内城(木太町)
2938 神内城(木太町) 制覇   別名 木太城

[香川県][讃岐] 香川県高松市木太町

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:1人(3037位)
高松城
88 高松城    別名 玉藻城

[香川県][讃岐] 香川県高松市玉藻町2-1

平均評価:★★★★☆ 3.58(55位) 見学時間:1時間6分(68位) 攻城人数:2072人(40位)
前田城
2843 前田城 制覇

[香川県][讃岐] 香川県高松市前田西町

平均評価:★★★☆☆ 2.50(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:6人(2889位)
百相城
1822 百相城 制覇   別名 百合城

[香川県][讃岐] 香川県高松市仏生山町甲703-4

平均評価:★★☆☆☆ 1.50(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:26人(2259位)
藤尾城
2933 藤尾城 制覇

[香川県][讃岐] 香川県高松市香西本町

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:4人(2937位)
芝山城
2932 芝山城 制覇

[香川県][讃岐] 香川県高松市香西北町

平均評価:★★☆☆☆ 2.33(0位) 見学時間:25分(0位) 攻城人数:4人(2937位)
十河城
412 十河城 制覇   別名 十川城、西尾城

[香川県][讃岐] 香川県高松市十川東町932−1

平均評価:★★★☆☆ 2.50(0位) 見学時間:18分(0位) 攻城人数:59人(1335位)
佐料城
1112 佐料城 制覇   別名 讃綾の館

[香川県][讃岐] 香川県高松市鬼無町佐料

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:20分(0位) 攻城人数:46人(1633位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

日本から城が消える (歴史新書)

戦う事や統治のために建てられた城が、維新維新後にどのように扱われてきたのか、その役割の変遷とそのためにどのような管理や修復が行われたのかが書かれていて、今後のお城の買うようや保全について、タイトルの通り消えてしまうかも知れないという問題を投げかけた本です。
お城自体についての本ではなくその活用みたいな話なのですが、自分が普段楽しんでいるお城の背景を感じられました。

足軽くんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る