島原城
島原城

[長崎県][肥前] 長崎県島原市城内1-1183-1


  • 平均評価:★★★★☆ 3.59(--位)
  • 見学時間:1時間8分(--位)
  • 攻城人数:1422(114位)

島原城の歴代城主

島原城は松倉(まつくら)重政が築城して以来、高力(こうりき)氏や松平氏、戸田氏らが歴代城主をつとめましたが、最後の城主は徳川慶喜の弟、松平忠和でした。

島原城の歴代城主

歴代 西暦(和暦)城主メモ
11616年(元和2年)松倉重政(しげまさ)筒井順慶、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、日野江藩(島原藩)初代藩主となった。島原城が築き、政庁を日野江城から移す。領民に悪政を敷いた。享年57。
21630年(寛永7年)松倉勝家(かついえ)松倉重政の嫡男。領国に悪政を敷き、1637年(寛永14年)には「島原の乱」を引き起こし、大名としては異例の斬首刑に処された(江戸時代を通じてこの一件のみ)。
31638年(寛永15年)高力忠房(ただふさ)高力正長の長男。3代将軍・徳川家光からの信任が厚く、「島原の乱」後の復興のために移封された。享年72。
41655年(明暦1年)高力隆長(たかなが)高力忠房の長男。母は真田信之の娘。父・忠房の死去により、島原藩主となる。領民に苛税を強いたため改易となり、仙台城に幽閉された。
51669年(寛文9年)松平忠房(ただふさ)松平忠利の長男。幕府から重用され、またそれに応えて藩政改革をおこなった。享年82。
61698年(元禄11年)松平忠雄(ただお)忠房の養子となり家督を継いだ。「島原大概様子」といわれる総検地を行なって、以後の島原検地の基礎を築き上げた。享年64。
71735年(亨保20年)松平忠俔(ただみ)松平次章の四男。忠雄の養子となり家督を継いだ。病弱のため藩主をつとめたのは約3年のみで死去。享年28。
81738年(元文3年)松平忠刻(ただとき)松平忠俔の養子となり家督を継いだ。緊縮財政政策による財政再建を目指した。幕府の奏者番をつとめた。参勤交代のために江戸に向かう途中に病死。享年34。
91749年(寛延2年)松平忠祇(ただまさ)松平忠刻の長男。家督を継いだ直後に幕命により下野宇都宮に移封となる。
101749年(寛延2年)戸田忠盈(ただみつ)宇都宮藩2代藩主・戸田忠余の次男。島原藩に移封となるも、病気を理由に家督を忠寛に譲って隠居し、以後は江戸で余生を送った。享年52。
111754年(宝暦4年)戸田忠寛(ただとお)戸田忠盈の弟。忠盈の養子となり家督を継いだ。下野宇都宮に移封され、大坂城代、京都所司代といった要職を歴任した。享年63。
121774年(安永3年)松平忠恕(ただひろ)松平忠刻の次男。戸田氏と交代転封し、先祖伝来の島原に戻る。1792年(寛政4年)4月1日、普賢岳眉山が大崩落を起こし、城下の大半が埋没した島原大変が発生した。「悲運の藩主」と呼ばれている。
131792年(寛政4年)松平忠馮(ただより)松平忠恕の六男。父が雲仙岳眉山の大爆発による心労で急死したため、家督を継いだ。幕府から1万2000両を借用し、領民の救済に努めた。享年49。
141819年(文政2年)松平忠侯(ただこれ)松平忠馮の四男。父のあとを引き継ぎ、財政再建を目指した。享年42。
151840年(天保11年)松平忠誠(ただなり)松平忠侯の次男。シーボルトの弟子となり西洋医学を学び、藩の医学校・済衆館に薬草園を作り、薬草を栽培させた。享年24。
161847年(弘化4年)松平忠精(ただきよ)松平忠侯の四男。長崎警備と軍事力の強化に努めた。享年28。
171859年(安政6年)松平忠淳(ただあつ)伊予宇和島藩主・伊達宗紀の四男。忠精の養子となって家督を継いだ。脚気から衝心を引き起こしたのが原因で、江戸で死去。享年20。
181860年(万延1年)松平忠愛(ただちか)第3代藩主・松平忠侯の弟、松平忠篤の長男。第5代藩主・忠精の娘・狡子と婚約することで養子となり家督を継いだ。享年18。
191862年(文久2年)松平忠和(ただかず)水戸藩主・徳川斉昭の十六男で、第15代将軍・徳川慶喜の弟。島原藩最後の藩主。忠愛が嗣子無く急死したため、喪を秘して急遽末期養子となって家督を継いだ。版籍奉還で島原知藩事に任命された。享年67。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

島原城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦況図解 西南戦争 (サンエイ新書)

前回図解戊辰戦争を紹介するきっかけは、この本につなげる為でした。西南戦争はまったくと言っていいほど知らないことばかりなので、分かりやすく勉強になりました。熊本城籠城組が後から見るとすごい面子なのが驚きでした。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る