山下城
山下城

[兵庫県][播磨] 兵庫県加西市山下西町


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.17(--位)
  • 見学時間:30分(--位)
  • 攻城人数:30(1170位)

山下城跡の案内板

本丸跡に設置されている山下城跡の案内板の内容を紹介します。

山下城跡(想定復元図)
 山下城(やましたじょう)は、地誌(ちし)「播磨鑑(はりまかがみ)」によると、浦上久松(うらがみひさまつ)の居城(きょじょう)であるとされ、天文元年(てんもんがんねん)(1532年)頃に築城(ちくじょう)、永禄(えいろく)9年(1566年)頃に、別所氏(べっしょし)の兵站拠点基地(へいたんきょてんきち)として改修(かいしゅう)され、天正(てんしょう)6年(1578年)まで機能していたものと考えられる。
 この城郭(じょうかく)は、戦国時代に珍しい「平山城(ひらやまじろ)」で、残存状態(ざんぞんじょうたい)の極めてよい城跡(しろあと)です。
 賀茂川(かもがわ)を外堀(そとぼり)として、丘陵全体(きゅうりょうぜんたい)に削平地(さくへいち)(郭(くるわ))や堀切(ほりきり)・池などを巧みに配置して、守備の厳重化(げんじゅうか)と機能性(きのうせい)の有効化(ゆうこうか)を図っている。
 南の最高地(比高(ひこう)30m)を本郭(ほんくるわ)とし、二の郭・二重の帯郭(おびぐるわ)で「南郭群(みなみくるわぐん)」を構成し、北東に各種の屋形(やかた)を中心とした「東郭群(ひがしくるわぐん)」を設けて、政治的な機能を図っている。
 その前面には西本郭(にしほんぐるわ)を中心とした大手(おおて)を守備するための「西郭群(にしくるわぐん)」を配置している。北播磨城郭研究会(きたはりまじょうかくけんきゅうかい)
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

山下城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

長野の山城ベスト50を歩く

同様のシリーズの長野県版。山城50と平城17が掲載されています。長野県の城を訪問するときには、必ず持っていきます。
前提として50城という制約があるので、TETSUさんのおっしゃるように、ここも掲載してほしいという気持ちが生じるのは事実です。それでも、掲載されたまだ未訪の城を見ていると、いつ訪問しようかと頭を悩ませています。2018年9月現在で攻城団に未登録の城もあり、いずれ登録される日が来るのを期待させられます。

散歩者さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る