山下城
828 山下城

[兵庫県][播磨] 兵庫県加西市山下西町


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.88(--位)
  • 見学時間:43分(--位)
  • 攻城人数:24(1112位)

常行院

常行院は天台宗の寺院で、用明天皇の時代に聖徳太子により開基されました。
「田冨山田福寺(たずみさんでんぷくじ)」ともいいます。

後醍醐天皇時代に赤松家の家臣、浦上七郎左ヱ門正久(浦上太郎左衛門)が寺を焼き払って城を築いたと伝わっています。
その後、宝徳年間に、門七良兵ヱが本堂を再建し、薬師如来(現在の本尊)を彫刻安置しました。当時の常行院は山下城の城域に含まれていたものと思われ、また播磨と摂津を結ぶ街道沿いにあることから往時は栄えていたと考えられます。

なお、現在の本堂は1663年(寛文3年)のものです。
門の前に山下城の案内板が設置されています。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

山下城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る