丸岡城
丸岡城

[福井県][越前] 福井県坂井市丸岡町霞1-59


  • 平均評価:★★★★☆ 3.82(25位)
  • 見学時間:59分(74位)
  • 攻城人数:2291(20位)

丸岡城の城主メモ 投稿順

応募された日本一短い手紙が掲示されている。読んでみるとほろりとさせられるものがいくつもあった。

(2019/08/25訪問)

広い駐車場あり。天守閣までスムースに登ることができら

(2019/08/23訪問)

福井駅から路線バスで1時間弱かかります

(2019/09/04訪問)

100名城は丸岡城発券所の中に入ってすぐのとこに置いてありました。平日の午前中でまだお客さんが少なかったこともあり、係りのかたがビデオの内容を丁寧に補足してくださいました。

(2019/09/05訪問)

天守内の階段は急勾配。
女性の方スカート注意です。

(2019/05/18訪問)

天守と石垣以外遺構はあまりありませんが、お城の周り歩くと天守のいろいろな表情が見られます。城内の急階段は恐ろしくNo.1ですね。

(2019/09/07訪問)

団員総会で約10年ぶりに功城しました。何度見ても、趣のある大好きな天守です。
ガイドさんのお陰で、天守台の転用石の存在 、天守入口の真っ直ぐの階段が築城時から存在した事、狭間と思った物が採光の役目しか無かった等、初めて知りました。公園内の一筆啓上茶屋の越前おろしそばとソースカツ丼の「福井県人セット」は福井名物を一度に楽しめお勧めです。

(2019/08/24訪問)

縄張り図と現在の地図とを見比べると、内堀の外縁に沿ってキレイに道路になっています。 道路を掘ってみたい。
あと、ガイドさんの居る施設(高校生の案内ビデオが観られる)にコインロッカーが2つあります。大荷物であの階段に立ち向かうより…。

(2019/09/25訪問)

丸岡駅からタクシー利用約1600円
ボランティアガイドさんがたくさんいて説明が丁寧

(2019/09/30訪問)

駐車場の土産屋で越前そばが食べれますよ!また、お城関連のグッズが売ってて、卓上カレンダーを買いました!

(2018/09/21訪問)

現存12天守カード、ご城印をお土産に買いました。現存最古の天守閣なので、個人的には国宝になってもいいと思いますね。

(2019/07/15訪問)

22年振りに来ました。階段が急で、綱を引っ張って上りました。現存天守あるあるですね。駐車場は無料です。

(2019/10/11訪問)

天守に登る階段は現存天守だけあり、とても急です。ボランティアの、おじ様が、いろいろ教えてくださいます。

(2019/10/13訪問)

晴天で見る天守は最高!

(2019/10/23訪問)

こじんまりしているけど、このお城好き。市民に愛されていることが良く分かります。

(2019/09/22訪問)

壁は台風19号の被害だそうで、雨が降るたび染み込んでいると言われていました。

(2019/10/26訪問)

福井駅西口1番乗り場から京福バスで1時間670円。日中時間帯は1時間に2本。芦原温泉駅からだと30分で着くし、570円とやや安いが、本数が少ない。
現存天守らしく、階段がとても急。しかし地震で倒壊した建物を、その部材で修復してくれたことに大感謝かつ敬意を表します。
共通入場券で天守閣と丸岡歴史資料館、日本一短い手紙の館にも入れる。入場券についている織ネームは思い出に残ります。

(2019/11/02訪問)

『一筆啓上茶屋』前の駐車場は週末は攻城者が多く、早い時間に満車になってしまうようです。現存天守であり、笏谷石を多用した良い城です。

(2019/10/06訪問)

築城は新しめだが質素な作り。寒冷地のため屋根の材質が工夫されている。

台風19号の影響で漆喰がはがれたとのことで、修復のための足場が組まれています。

(2019/11/10訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る