丸岡城
丸岡城

[福井県][越前] 福井県坂井市丸岡町霞1-59


  • 平均評価:★★★★☆ 3.77(32位)
  • 見学時間:57分(82位)
  • 攻城人数:2456(21位)

丸岡城の城主メモ 最新順

当時の面影を遺す北陸随一の城です。天守内は急階段ですのでご注意を。

(2021/09/19訪問)

展示資料のジオラマが遊び心いっぱいで楽しめますよ♡隠れている忍者を全員探し出すのに小一時間掛かりました(笑)

(2019/07/05訪問)

本日桜吹雪まつり開催日のため、茶屋前の駐車場が使えませんでした。さらに臨時駐車場が開設されていましたが、ほぼ全て満車で周辺も大渋滞大混雑でした。なので桜まつり目当てで来る方は、早めの時間に行った方がいいでしょう。バスも渋滞に巻き込まれていたため、所要時間が+30分程度多くかかりますのでご注意下さい。電車もコロナ減便で特急の運行本数少ないため、最悪一泊覚悟で行った方がいいでしょう。

(2021/04/03訪問)

階段昇降に注意してください。キツイです。

(2021/03/27訪問)

1番近い郵便局から天守がよく見えました!

(2020/11/12訪問)

無料Pがありますが城の裏側お天守前公園横だと30分だけ無料の有料Pなのでご注意ください。階段が急でしかも一段が高いので注意。笏谷石の瓦良かったです。

(2021/02/27訪問)

天守内の階段が急なので、注意です。

(2021/02/13訪問)

駐車場は城近くより道路を挟んで向かい側の方が空いていてオススメです

(2019/11/04訪問)

丸岡駅からバスで10分くらいですが本数が少なく歩くと50分くらいかかります。スタンプは入場口にあります。見どころは現存天守や石垣・石瓦です。こじんまりしてかわいい天守です。マンホールとかも注意して見ると丸岡城モチーフで地元愛を感じます。一筆啓上の日本一短い手紙手紙の館も一緒におすすめです。

(2020/11/12訪問)

杖をつくほど足腰の弱い方、松葉杖持つほど手足骨折してる方、車椅子の方は、攻城非推奨です。手をついて縄を伝って登らないといけないほど階段が急です。降りる時もかなり大変です。エレベーターはもちろんありません。

(2020/09/03訪問)

天守閣はまさに本物のお城。天守台石垣、板張り壁、石瓦など素朴でいとおしいお城でした。

(2020/11/12訪問)

福井市から国道8号線を北へ、15km少々、車ではあったが以外に近い印象。高速道路からも近い。

(2020/11/01訪問)

福井駅前からバスで1時間ほど。想像より小ぢんまりでした。天守に昇るのは階段が急なので注意。それに見合った風景が天守からは見れます。

(2020/10/29訪問)

下見板張りと石瓦が必見。天守台の野面積石垣が安定感あり、天守とのバランスが絶妙。

(2020/10/26訪問)

JR福井駅から、丸岡城行きのバスが1時間に3本出ている。片道40〜50分。石垣も天守も美しい。時間があれば、新田義貞の墓所、称念寺に寄ってみたかったが、時間の都合で今回は断念した。丸岡歴史民俗資料館で、丸岡城付近の見取り図をもらえる。

(2017/05/29訪問)

桜も見事です。駐車場からすぐ登れます。

(2020/04/04訪問)

丸岡城の見どころはなんと言っても石瓦!城内から是非石瓦を見てもらいたい。寒い時期には温かみを感じて、暑い時期には涼しげに感じる。

(2018/11/02訪問)

こぢんまりしつつ赴き深いお城でした。
雪と笏谷石の緑の瓦のコントラストが綺麗で思い出に残ってます。

(2017/12/28訪問)

券売所横で見られる丸岡高校放送部の見所紹介ビデオは必見。非常に分かりやすかったです。

(2020/07/23訪問)

丸岡城・歴史民族資料館・日本一短い手紙の館の3施設の入場券が450円でしたが、越前織の栞にも使える織ネームが付いていました。
素敵な記念の品になりました。

(2020/07/24訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

花押・印章図典

歴史上有名人のサイン帳。花押2045点、印章393点が使用した人物名の五十音順に並んでいる。総勢1,112名には天皇、公家、僧、書家・画家などもみられるが武将、大名が大半かな。花押は肉筆なだけに人柄を想像してしまう。個を立てつつ恭順の気持ちも込めてデザインを考えたのかな、筆の勢いとかバランスとか(本人 or 右筆が)何度も練習したのかなと思うと楽しい。バリエーションの豊さ第1位は伊達政宗で花押21種印章9種。細川忠興の印章で「tada uoqui」とアルファベットを使っているのには目を引かれた。雪舟や長谷川等伯らの名前もあってページをめくっていたらあっという間に日が暮れてしまった。
男性ばっかりと思うなかれ、高台院、光明皇后の印章、そして春日局の花押も掲載されている。巻末には没年順の索引があって光明皇后(701~760年没)はその筆頭だ、偉い。

山鳩さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る