井伊谷城
井伊谷城

[静岡県][遠江] 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.03(251位)
  • 見学時間:42分(274位)
  • 攻城人数:316(176位)

「井伊城跡と城山」の案内板

井伊谷城に設置されている案内板の内容を紹介します。

井伊城跡と城山
 井伊城はこの城山の南麓にあり、本丸、二の丸、三の丸に分かれ井伊家の居城であった。
 延元元年(一三三七年)遠江介井伊道政が後醍醐天皇の皇子宗良親王をお迎えしてより、元中二年(一三八五年)八月十日宗良親王がこの地で薨去し給うまで約五十年、親王は京都と鎌倉の中間であるこの井伊城を本拠として、駿河、甲斐、信濃、越中、越後、上野の国々を転戦された。

 平時にこの城山の御所の丸に居られ

  夕暮れは湊もそことしらすげの
    入海かけてかすむ松原
  はるばると朝みつしおの湊船

   こぎ出るかたは猶かすみつつ

     の御歌がのこされている。

 この城山の一段高い所が御所丸跡で井の宮石陵があり、宮入御表門跡、からめ手門跡等がある。又東山麓には宗良親王を祭る二宮神社、親王の御念持仏を祭る足切観音堂がある。

案内板にある「延元元年(一三三七年)」ですが、延元元年は1336年なのでまちがいだと思われます。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

井伊谷城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

[新装版]戦国武田の城

武田氏が進出していった山梨からはじまり長野、群馬、静岡、愛知の5県にわたる足跡を追った1冊です。どのように攻め進んだか動きがわかるのでおもしろいです。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る