都於郡城
都於郡城

[宮崎県][日向] 宮崎県西都市都於郡町


  • 平均評価:★★★★☆ 3.76(--位)
  • 見学時間:57分(--位)
  • 攻城人数:76(544位)

都於郡城跡の案内板

都於郡城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

都於郡城跡(とのこおりじょうあと)
"春は花、秋は紅葉(もみじ)に帆(ほ)をあげて
霧(きり)や霞(かすみ)に、浮舟(うきふね)の城"

と古歌にもうたわれた都於郡城(標高一〇〇m)は建武二年(一、三三五)工藤祐経(すけつね)の子孫、伊東祐重(すけしげ)が築城しました。以来、天正五年(一、五七七)までの二四二年間、伊東氏累代の居城として栄えました。
城は空濠(からほり)や土塁(どるい)をめぐらした、中世の典型的な山城で、本丸を中心に、五つの城郭(奥の城・ニの丸・三の丸・西の丸・本丸)など七つの山城を構え、のちに佐土原城や宮崎城など日向一円に四十八の城を築きました。
天正遣欧少年使節の正使としてヨーロッパに渡った伊東満所(マンショ)もこの城で生まれています。西都市・西都市観光協会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

都於郡城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

本丸御殿の至宝 重要文化財名古屋城障壁画

2007年(平成19年)に名古屋市博物館で開催された特別展「本丸御殿の至宝―重要文化財 名古屋城障壁画―」の図録。すべての障壁画がその位置とともに掲載されている珠玉の一冊だけど市販されてないのでいまとなっては入手困難。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る