勝幡城
勝幡城

[愛知県][尾張] 愛知県愛西市勝幡町


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.66(--位)
  • 見学時間:20分(--位)
  • 攻城人数:554(226位)

名鉄勝幡駅から勝幡城へのアクセス

名鉄津島線・勝幡駅から勝幡城址までの、徒歩での道順を案内します。

北口改札を出ると、「織田信秀と土田御前に抱かれた幼少期の信長」像があります。

方角的にはこのずっと後ろのほうにあります。
左に曲がって、川沿いに歩いていくルートと、右の住宅地の中を歩いていくルートがありますが、地元で推奨されているのは右手のようです。

地面に案内が書いてありました。

住宅地に沿って歩いていきます。

道なりに進んでいくと、左折の案内がありました。
(5分くらい歩くので途中ちょっと不安になりますが、道なりに進めば大丈夫です)

左折するとひたすら直進です。

途中で三宅川という小さめの川を渡りますが、そのまままっすぐ進みます。

この黄色い美容院が目印になると思います。
(勝幡城址の石碑はこの奥にあります)

到着しました。だいたい10分ちょっとです。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

勝幡城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る