小浜城
小浜城

[福井県][若狭] 福井県小浜市城内


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.11(--位)
  • 見学時間:35分(--位)
  • 攻城人数:384(268位)

小浜城の案内板

小浜城の本丸跡に立てられている案内板の内容を紹介します。

小浜城跡
 関ヶ原合戦の戦功によって若狭の領主となった京極高次が慶長六年(一六〇一)、北川、南川を天然の濠とし、小浜の海を背に難攻不落を誇る水城(みずき)として築城を始めた。別名を、雲浜城とも呼ばれる。寛永十一年(一六三四)京極忠高が出雲に移封となり、酒井忠勝が武州・川越(埼玉県川越市)より若狭十一万三千五百石の藩主となり、天守閣の造立に着手、寛永十九年(一六四一)四十余年の歳月をかけて小浜城は完成をみた。
 以来、酒井家十四代、二三七年間の居城となり、廃藩置県を迎える。
 明治四年(一八七一)十二月、大阪鎮台分営設置の改修中に本丸櫓より出火、城櫓の大部分を消失して現在は本丸の石垣を残すのみとなった。
城地総面積
六二、四九二m2
本丸面積
一〇、三四七m2
 昭和三十一年三月十二日、福井県史跡として指定を受け、城地に藩祖・酒井忠勝公を祀る小浜神社がある。小浜市
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

小浜城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

新幹線から見える日本の名城

東京駅から博多駅めで新幹線に乗って最初に見えてくる江戸城、そして最後に見える小倉城、そしてその間の車窓から見える名城の歴史、及び見どころを紹介しています。
気になるのはどちら側の窓から見えるかですが、江戸城から彦根城までは小田原城を除いて右側に見え、明石城は左、姫路城は右、岡山城は左、福山城は右、広島城は左となっており、それ以降は小倉城まで左側となっているようです。意外だったのは名古屋城、今まで左側に有るものと思っていましたので、名古屋駅近辺では一生懸命左側を見ていました(そりゃ見えないわ)。その他、見えそうで見えないお城として駿府城、大坂城、三原城が紹介されており、確かに新幹線から見たことがないな、と納得しました。と、言うことで、仕事や遊びで新幹線を利用する機会の多い方にオススメの一冊です。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る