二条城
二条城

[京都府][山城] 京都府京都市中京区二条城町541


  • 平均評価:★★★★☆ 3.99(13位)
  • 見学時間:1時間26分(24位)
  • 攻城人数:5039(7位)

二条城周辺の宿泊施設

宿の情報は じゃらん から取得しています(お城から10km以内にある宿が最大100件表示されます)

団員のレビュー

近辺の宿泊施設のうち、団員のレビューが投稿されている施設をご紹介します。


はつみんさん
アーバンホテル京都二条プレミアム

清潔感もあってスタッフの対応もとても良かったです。朝食ビュッフェは種類も多くて美味しかったです。大浴場ははちょっと狭いですがバイブラバスもあってゆっくり出来ました。浴室の男女入れ替えがあるためか、女性向けアメニティ(化粧水など)がないです、持参した方が良いです。


こうのさん
ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条

JR二条駅の前、二条城までは徒歩10分くらいだけど西南隅櫓を(遠回りすれば西門も)見ながら東大手門まで歩けばいいので、意外と西側の立地はオススメかもしれない。
できたてなのでとてもきれいでした。カフェスペースのコーヒー類は飲み放題で、アクリル板も各席ごとに設置済み。


はつみんさん
ザ エディスターホテル京都二条 Comic&Books

立地もよく、設備も新しく清潔感のあるホテルです。スタッフの皆さんも親切で気持ちの良い接客でした。部屋はコンパクトで必要最低限という感じです。部屋の構造上、動線があまりよくなく、(体の大きい人は特に)使いづらいなぁと思うところはありましたが、お風呂に入って寝るだけなら充分。770円で朝から温かいお弁当がいただけて、ドリンクサービスは24時間利用できるのがありがたいです。
デロンギのコーヒーマシンで抽出するコーヒーが美味しかったです。


やまとやさん
東横INN京都四条大宮

普通に東横インです。
特記する事もありませんが鉄道(阪急と叡電)とバスの結節点にあるので立地は便利です。
京都の街中なのでお店も多いです。


しぇるふぁさん
ハートンホテル京都

地下鉄烏丸御池駅の前、京都御所(京都新城)徒歩圏内のホテルです。タワー式の立体駐車場付きで、1泊2000円の駐車料金です。
朝食付きで2泊宿泊し、料金は11,775円+駐車代4000円でした。だいたい1泊5800円程度です。部屋はユニットバス式で、開業したてのようなきれいな部屋でした。
朝食は1階のレストランにて食べました。ビュッフェ形式で、京都の名産品を使った料理が何点か並んでました。美味しかったです。あとデザートにわらび餅があったり、飲み物に冷やしあめがあったのが京都らしいポイントですね。
さらにお風呂についてですが、フロントで京都の銭湯入浴券が1枚430円で購入することができ、それを使って近くの銭湯に入浴可能です。一番近い銭湯は、「初音湯」という銭湯で、徒歩2分くらいで行けます。なお、シャンプーボディーソープ、タオルなど、風呂で使うものの持参が必須なので要注意。タオルはホテルのタオルを持って行けます。「初音湯」の場合だと、シャワーが昭和の銭湯によくある蛇口のような固定式でホースレスのシャワーで、扱いが難しいですが、私のような若い人には新鮮かもしれません。風呂は4つあって、水風呂、ぬるま湯風呂、熱風呂、電気風呂で、しっかり浸かれました。ただ、時間によって大混雑していたのでこの点だけ留意して下さい。初音湯以外の京都市内の銭湯でも入浴券が使えるとのことなので、このホテルに泊まった際は購入して試してみて下さい。


しのはさん
アーバンホテル京都四条プレミアム

新しい設備で非常に綺麗です。大浴場もあり。全室禁煙で共有の喫煙スペースが設置されているタイプ。二条城まではやや遠いですが、なんとか徒歩圏内。変わり種としては王将の発祥店舗もが近くにあります。

レビューを投稿するには
このページに表示されている地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。ほかの団員にオススメできるいい宿を見つけたらぜひレビューをお願いします!

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ルイス・フロイスが見た 異聞・織田信長 (サンエイ新書)

ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスと、彼の著書「日本史」について解説されています。
フロイスの鋭い観察力で記された「日本史」は量も膨大で読むのが大変そうですが、本書で雰囲気を感じることができました。フロイス本人についても解説され、日本に来た経緯、信長との関係も知ることができました。
フロイスから見た各戦国大名の印象が面白かったです。(宣教師から絶賛 大友宗麟、デウスの敵 毛利元就など)

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る