掛川古城
掛川古城

[静岡県][遠江] 静岡県掛川市掛川1104


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.78(336位)
  • 見学時間:25分(384位)
  • 攻城人数:97(371位)

「掛川城と子角山」の案内板

掛川古城・本丸跡にある「掛川城と子角山」の案内板の内容を紹介します。

掛川城と子角山
 掛川城は今川氏の重臣であった朝比奈泰煕により1500年ごろ子角山(ねずみやま)の地に築城されました(掛川古城)。
 その後、1513年には龍頭山(りゅうとうざん)(現在の掛川城公園)に新たに築城されたため、子角山には建物が残っていませんが、本曲輪は現在の龍華院大猷院霊屋(りゅうげいんたいゆういんおたまや)の位置にあったとされ、霊屋東側に残る大堀切(空堀)の跡に往時の面影が残っています。
 戦国時代の1568年、掛川城に逃げ込んだ今川氏真を攻めるため、徳川家康は大軍を率いて掛川城を攻めましたが、その際子角山に掛川城攻略の本陣を置いたという説があります。
 子角山は龍華院大猷院霊屋の西側にある尾根と小学校沿いに整備された遊歩道の先にある東側の尾根によって構成されており、現在では龍華院子角山公園(りゅうげいんねずみやまこうえん)として、両側の尾根を一体的に整備しています。
Kakegawa Castle and Nezumiyama
Kakegawa Castle - i.e., the Old Kakegawa Castle - was originally built on Nezumiyama Hill in around 1500 by Asahina Yasuhiro, a senior statesman serving the feudal Imagawa clan.
Because a new Kakegawa Castle was built in 1513 at Ryutozan (the current Kakegawa Castle Park), there is no longer a standing castle at Nezumiyama. Traces of the original castle can, however, still be seen in the remains of a dry moat east of the Ryugein Taiyuin Otamaya Mausoleum.
In 1568, during Japan's Warring States Period, Tokugawa Ieyasu, first shogun of the Tokugawa dynasty, attacked Kakegawa Castle with a vast force in pursuit of Imagawa Ujizane, who had fled into the castle. It is believed that Ieyasu used Nezumiama as his headquarters during the attack. Nezumiyama is a small hill between two ridges. The western ridge is on the west side of Ryugein Taiyuin Otamaya Mausoleum, and the eastern ridge is at the end of the promenade along the premises of a primary school. The area is being comprehensively developed as Ryugein Nezumiyama Park.
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

掛川古城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る