鬼神の如く: 黒田叛臣伝 (新潮文庫) 文庫

「わが主君に謀反の疑いあり」。筑前黒田藩家老・栗山大膳は、自藩が幕府の大名取り潰しの標的となったことを悟りながら、あえて主君の黒田忠之を幕府に訴え出た。九州の覇権を求める細川家、海外出兵を目指す将軍家光、そして忠之ー。様々な思惑のもと、藩主に疎まれながらも鬼となり幕府と戦う大膳を狙い刺客が押し寄せる。本当の忠義とは何かを描く著者会心の歴史小説。司馬遼太郎賞受賞。


藤式部卿さん

「三大お家騒動」の一つ黒田騒動を、叛臣と言われた栗山大善を主人公に描いています。様々な登場人物の思惑が交錯しながら物語が展開しますが、黒田騒動に関して知識がなかったので、ドキドキしながらページをめくりました。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 鬼神の如く: 黒田叛臣伝 (新潮文庫)
著者 葉室 麟
出版社 新潮社
発売日 2018-09-28
ISBN
  • ISBN-10 4101273731
  • ISBN-13 9784101273730
価格 724円
ページ数 405ページ
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

この書籍で紹介されているお城です。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る