徳川御三家

徳川御三家は、江戸時代において徳川氏のうち徳川将軍家(徳川宗家)に次ぐ地位を持っていた3家のことです。具体的には家康の九男である徳川義直からはじまる尾張徳川家(62万石)、十男・徳川頼宣からはじまる紀州徳川家(56万石)、十一男・徳川頼房からはじまる水戸徳川家(35万石)のことを指します。「将軍家に後嗣が絶えた時は、尾張家か紀州家から養子を出す」ことになっており、8代将軍吉宗が紀州徳川家から誕生したことは有名ですね。このバッジでは御三家の藩庁であった名古屋城、和歌山城、水戸城をめぐります。


  • 難易度:C
  • 総距離:約724km
  • 獲得人数:429人
  • 挑戦人数:796人
獲得者 他449名
挑戦する!   あと3城でバッジ獲得です!
徳川御三家(ぜんぶで3城)
名古屋城 名古屋城

[愛知県][尾張] 愛知県名古屋市中区本丸1-1

平均評価:★★★★☆ 3.75(39位) 見学時間:1時間41分(15位) 攻城人数:2962人(4位)
和歌山城 和歌山城

[和歌山県][紀伊] 和歌山県和歌山市一番丁3

平均評価:★★★★☆ 3.69(51位) 見学時間:1時間34分(21位) 攻城人数:1493人(29位)
水戸城 水戸城

[茨城県][常陸] 茨城県水戸市三の丸

平均評価:★★★☆☆ 3.13(207位) 見学時間:1時間11分(88位) 攻城人数:1091人(63位)

地図で確認

獲得者コメント

徳川御三家」バッジを獲得された団員からのメッセージです。

缶バッジのご案内

攻城団のサイト上のバッジは、じっさいにカバンや帽子などにつけられる缶バッジとして販売しています。ご自身がゲットしたバッジだけでなく、現在挑戦中のものを購入してつけている方が多いです。
(バッジが団員の目印となって現地で交流が生まれることもあるようです)

攻城団オンラインショップ

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る