ぽりへり(ぽりへり)さん 侍大将 サポーター   フォロー

お城に関する読書、縄張り図からの拡大空想(笑)、模型作りはもちろんのこと、写真を撮りに行くことが特に好きです。
撮影ジャンルが複数で、主な量の比率は、お城:クルーズ客船:航空機:植物=3:3:2:2。
それぞれのテクニックはまだ無いですが、温故知新を楽しく続けていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

ぽりへりさんのタイムライン

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2020-01-11)

喜斎門跡付近と東面の石垣
喜斎門跡付近と東面の石垣

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2020-01-11)

上山里曲輪の石垣(1)
上山里曲輪の石垣(1)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2020-01-11)

上山里曲輪の石垣(2)
上山里曲輪の石垣(2)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2020-01-11)

三の丸北部に残る井戸と、西の丸「カの櫓」
三の丸北部に残る井戸と、西の丸「カの櫓」

井戸の深部には水があり、そのすぐ西側が現在は、大天守から取り出された礎石の展示場になっています。

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2020-01-11)

三の丸北部にある井戸跡と石垣
三の丸北部にある井戸跡と石垣

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2020-01-11)

三の丸から「チの櫓」下方へ繋がる石垣・土塀
三の丸から「チの櫓」下方へ繋がる石垣・土塀

ぽりへりさん が  川島城(徳島県吉野川市) の写真をアップしました(2020-01-04)

模擬天守を、望遠レンズで上桜城から
模擬天守を、望遠レンズで上桜城から

ぽりへりさん が  秋月城(徳島県阿波市) を攻城しました(2020-01-04)

秋月歴史公園内にはイノシシやシカの痕跡が多いので、登る場合にはなるべく複数の人と一緒のほうがよさそうです。
現代に造られた石段やベンチには阿波の青石が多く使われており、意外な驚きでした。
公園出入口には開閉式の獣除け金網、近くには公衆トイレがあります。

ぽりへりさん が  上桜城(徳島県吉野川市) を攻城しました(2020-01-04)

ぽりへりさん が  重清城(徳島県美馬市) を攻城しました(2020-01-02)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) を攻城しました(2019-12-18)

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) を攻城しました(2019-12-18)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) を攻城しました(2019-12-18)

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) を攻城しました(2019-12-13)

ピンクリボンキャンペーンのライトアップを写真撮影。
秋とはいえども、風の少ない夕方などは虫除け剤をお忘れなきようご注意ください。

ぽりへりさん が  二条城(京都府京都市) を攻城しました(2019-12-13)

城内が魅力的であるのはもちろんのこと、その外でもマニアックにお過ごしになりたいなら、堀川沿いに残る石垣もオススメです。
所々に説明板とベンチがあり、春には石垣とともに桜を見上げるのもさぞや美しかろう、と思って調べてみたら、「堀川桜まつり」ってその時期に実際に開催されているのですね。

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) の写真をアップしました(2019-12-04)

モミジと黒門跡枡形石垣(1)
モミジと黒門跡枡形石垣(1)

こちら側の主な積み方は、表面の整えられた打ち込み接ぎ、隅石が切り込み接ぎで、明治以降の修理・積み直しが含まれているようです。

ぽりへりさん が  徳島城(徳島県徳島市) の写真をアップしました(2019-12-04)

モミジと黒門跡枡形石垣(2)
モミジと黒門跡枡形石垣(2)

こちらのモミジは一気に色づくことはなく、撮影タイミングが難しくて、昨年からの再チャレンジです。
隅石の赤いワンポイントで見えているのは、紅簾石片岩(こうれんせきへんがん)です。

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2019-11-26)

月の入りと淡き日の出の間に
月の入りと淡き日の出の間に

ぽりへりさん が  大阪城(大阪府大阪市) の写真をアップしました(2019-11-19)

紅葉と壮大な石垣を、クリスタルタワーから
紅葉と壮大な石垣を、クリスタルタワーから

青色系ミラーガラスの高層ビル「クリスタルタワー」21階には、平日のみオープンの、一般の方々も入れるカフェレストランがあります。

ぽりへりさん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2019-11-15)

晩秋のハロ現象と天守
晩秋のハロ現象と天守

太陽の前を覆っている雲が、少しの時間だけ虹色になっていました。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

信長を生んだ男 (新潮文庫)

織田信行が主人公の小説。通説の真面目で、謀反を起こし信長に殺されるという事柄は踏襲しつつも、こんなにも兄信長のことを考えている信行を表現できるなんて。実際はどうだったか分からないけど、出来ればそうであってほしい信行像でした。

たなとすさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る