猫セブン()さん 家老 サポーター   フォロー

漠然と『行ってみたいなぁ』と思い続けていた安土城攻城がかない、元来の歴史好きに火が付き、お城、神社、お寺を巡っています。
初心者故、詳しい事はわかりませんが歴史ある地に自らの足で立ち、その場で繰り広げられたであろう出来事に思いをはせるのが大好きです。

猫セブンさんのタイムライン

猫セブンさん が  小浜城(福井県小浜市) を攻城しました(2020-07-13)

本丸跡が小浜神社となっており鳥居の北横に2~3台分の参拝者駐車場があります。立派な本丸石垣が残っていますが天守台以外は立札等で石垣に登るのは禁止となっています。

猫セブンさん が  熊川城(福井県若狭町) の写真をアップしました(2020-07-13)

堀切
堀切

櫓台の奥(東側)です。

猫セブンさん が  熊川城(福井県若狭町) の写真をアップしました(2020-07-13)

熊川城 主郭最上部
熊川城 主郭最上部

中央奥は櫓台跡です。

猫セブンさん が  熊川城(福井県若狭町) の写真をアップしました(2020-07-13)

熊川城 主郭
熊川城 主郭

主郭は3段になってます。

猫セブンさん が  熊川城(福井県若狭町) の写真をアップしました(2020-07-13)

熊川城 中郭
熊川城 中郭

7段ある中郭の6段目と7段目です。

猫セブンさん が  熊川城(福井県若狭町) の写真をアップしました(2020-07-12)

熊川城 張出郭(北より)
熊川城 張出郭(北より)

若狭鯖街道資料館で縄張り図が頂けます。

猫セブンさん が  熊川城(福井県若狭町) を攻城しました(2020-07-12)

街道の南端にあたる国道303号の道の駅『若狭熊川宿』駐車場を利用。街道沿いにも駐車場はありますが風情を楽しみながら歩く。若狭鯖街道資料館を見学し御城印と缶バッジ購入後、資料館のすぐ北の白石神社より攻城。現在も整備を進めて下さっているようなので、これからもっと攻城しやすくなると思います。

猫セブンさん が  多羅城(岐阜県大垣市) の写真をアップしました(2020-07-11)

多羅城 石垣
多羅城 石垣

猫セブンさん が  多羅城(岐阜県大垣市) の写真をアップしました(2020-07-11)

長屋門
長屋門

猫セブンさん が  多羅城(岐阜県大垣市) を攻城しました(2020-07-11)

大垣市上石津資料館駐車場を利用。資料館の奥(北)に長屋門、東に立派な石垣があります。

猫セブンさん が  今尾城(岐阜県海津市) の写真をアップしました(2020-07-11)

今尾城移築門(西願寺)
今尾城移築門(西願寺)

猫セブンさん が  今尾城(岐阜県海津市) を攻城しました(2020-07-11)

小学校の南の駐車場を利用。小学校がかつての城跡です。堀跡が水路として残っているようです。徒歩ですぐの西願寺に移築門が現存しています。

猫セブンさん が  高須城(岐阜県海津市) を攻城しました(2020-07-11)

城跡公園の城趾碑の周辺は往時を偲ばせる面影はありませんが小学校周辺に堀跡が道路、水路として当時の面影を残しています。

猫セブンさん が  津屋城(岐阜県海津市) の写真をアップしました(2020-07-09)

本慶寺南の内堀跡(西より)
本慶寺南の内堀跡(西より)

猫セブンさん が  津屋城(岐阜県海津市) の写真をアップしました(2020-07-09)

城趾碑、案内板
城趾碑、案内板

猫セブンさん が  福束城(岐阜県輪之内町) の写真をアップしました(2020-07-09)

福満寺
福満寺

猫セブンさん が  氷取城(岐阜県安八町) の写真をアップしました(2020-07-09)

氷取城 案内板
氷取城 案内板

ゴミステーションと木のあいだ

猫セブンさん が  森部城(岐阜県安八町) の写真をアップしました(2020-07-09)

森部城 案内板
森部城 案内板

写真中央奥が金峯神社です。

猫セブンさん が  津屋城(岐阜県海津市) を攻城しました(2020-07-08)

猫セブンさん が  福束城(岐阜県輪之内町) を攻城しました(2020-07-08)

グーグルマップの示す位置は対岸です。揖斐川を挟んだほぼ真東に福満寺があります。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

信長: 「歴史的人間」とは何か

この本の内容を題材に雑談したら、さまざまな視点が集まるだろうなぁ。戦国時代がなぜ収束したか、を信長を題材に、鎌倉幕府、室町幕府を例にしながら書いてあります。国文学ではないので、心理推察描写はありません。氏の考える国の構造に関する講義を受けている感じに近いかな。

コースケ)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る