片桐且元()さん 武将   フォロー

出生地 明智町(大正村) 明智光秀の出生地とほど近く、幼少期の遊び場は光秀ゆかりの八王子神社。5才で小里城や一日市場館址のある瑞浪市に転居。今もそこが親の住む地。化石が多く採掘される地に育ち幼い頃から、ゲンノウとたがね持参で採掘。現在化石コレクション多く、その頃から他の石という石が大好き。歴史が大好きな子どもで、中学生の時、自転車で市内の城址や史跡の写真を撮り調べたことをレポートしたのが金賞を受賞。高校は大井城址であった恵那高校に行き、大学は、これまた八王子城址に建てられた東京造形大学で彫刻を学ぶ。そこでも石を彫ったりしてた。大学卒業し結婚して尾張に転居。現在に至ります。片桐且元の末裔という家系図あり。半分信じる。

片桐且元さんのタイムライン

片桐且元さん が  尾張岩倉城(愛知県岩倉市) を攻城しました(2020-10-23)

片桐且元さん が  金沢城(石川県金沢市) の写真をアップしました(2020-10-20)

見上げる橋爪門
見上げる橋爪門

片桐且元さん が  犬山城(愛知県犬山市) の写真をアップしました(2020-10-18)

移築黒門を内側から望む
移築黒門を内側から望む

桐の丸と樅の丸、道具櫓と本丸への登り階段に挟まれた場所に立っている自分が居る。

片桐且元さん が  犬山城(愛知県犬山市) の写真をアップしました(2020-10-18)

移築された黒門
移築された黒門

左側樅の丸の石垣、右側道具櫓の石垣に挟まれている姿を妄想。

片桐且元さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、鹿児島県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-10-16)

鹿児島城……別名鶴丸城のこの城が真っ先に浮かびます。あの島津家の居城として、鹿児島では絶大な存在力を示す鹿児島城は誰の頭にも真っ先に浮かぶのではないでしょうか。
あと二つ選ばせていただきますが、個人的にはこちらの城の方がドキドキしてしまいます。(と言っても、行った事なくて、攻城した皆さんの投稿写真とか見てですが)
志布志城と知覧城を残り二つの枠に入れさせていただきます。

片桐且元さん が  金沢城(石川県金沢市) の写真をアップしました(2020-10-15)

橋爪門続櫓接近
橋爪門続櫓接近

より近づいてみる。遠くから少しずつ……少しずつ。

片桐且元さん が  岐阜城(岐阜県岐阜市) の写真をアップしました(2020-10-15)

二ノ門跡
二ノ門跡

片桐且元さん が  金沢城(石川県金沢市) の写真をアップしました(2020-10-13)

橋爪門続櫓
橋爪門続櫓

片桐且元さん が  岐阜城(岐阜県岐阜市) の写真をアップしました(2020-10-13)

馬の背登山道を登る
馬の背登山道を登る

きついが、曲輪や石垣に出会えるコース。

片桐且元さん が  金沢城(石川県金沢市) の写真をアップしました(2020-10-10)

菱櫓
菱櫓

片桐且元さん が  八王子城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2020-10-07)

竹やぶの堀切
竹やぶの堀切

大手門に向かう途中のもの。

片桐且元さん が  江戸城(東京都千代田区) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-07)

片桐且元さん が  尾張岩倉城(愛知県岩倉市) を攻城しました(2020-10-02)

片桐且元さん の読者投稿欄「過去に訪問したお城のチケットやパンフレットが気に入ってるものの写真を添付して見せてください」への回答が更新されました(2020-10-01)

僕は、小牧山城の「主郭地区発掘調査」からのレポートパンフレットが大好きである。特にこのイラストで表した各曲輪が配置されて、大手道などとの位置関係がよくわかる「永禄期小牧山城推定想像図」の部分が気に入っています。ほら、このイラストみるだけで、今いる辺りのイメージが、スッとわくでしょ。これが一番大切な事なんです。僕にとっては。
このイメージがわくか、わかないかで、発見しよう、見よう、感じよう、その当時の人々の気持ちに思いを馳せよう、……などといった様々な「したいこと。意欲を持って……」が充実するかどうか差が出るし、イメージがわかないと、いくら予習していっても、見落として後から「しまった!」って事になりかねないのです。
この推定想像図、10月1日の時点で最新の「(片桐且元の) 最近のひとこと」を合わせ見ていただくと、僕の言いたい事が、更によく伝わると思います。

片桐且元さん が  尾張岩倉城(愛知県岩倉市) を攻城しました(2020-09-29)

片桐且元さん が  犬山城(愛知県犬山市) の写真をアップしました(2020-09-29)

紅葉 天守閣
紅葉 天守閣

昨年の秋の写真。今年も赤く燃えるような風景を期待しながら、今の時期は今でしかない空気を吸おう。

片桐且元さん が  小牧山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2020-09-27)

片桐且元さん が  尾張岩倉城(愛知県岩倉市) を攻城しました(2020-09-27)

片桐且元さん が  犬山城(愛知県犬山市) の写真をアップしました(2020-09-26)

犬山城天守閣
犬山城天守閣

西谷曲輪から。

片桐且元さん が最近のひとことを更新しました(2020-09-24)

「信長と家臣団の城」中井均著(角川選書)を購入して読んで衝撃を受けました。小まめに小牧市役所小牧山課の発掘調査の報告などの情報をキャッチしてれば、わかっていなければならないことですが、完全に僕の手落ち。わかったつもりでわかってなかった。
主郭の南側、一段下がった場所で礎石建物が検出されていたようです。この写真辺りの帯曲輪ではないかと。礎石に並行して、玉石を敷き詰めた部分があり、倉庫とかではなく、玉石居住性の高い建物の一部と考えられるらしい。
小牧山城は山上に居住空間をもっていた山城だったと判明されたとあり、ここで信長が居住して私の場としてあり、麓の館は、大河ドラマでも演出されていたように、対面や饗応としての公の場として用いられていたらしいのです。
いゃあ、知ったかぶり、思い込みはいけませんな。もっともっと調べなければ。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

覇道の槍 (時代小説文庫)

三好長慶フィーチャー記念。とはいえ主人公は長慶ではなく父元長で堺幕府の成立と瓦解の物語です。信長登場以前の近畿情勢をよく知らない所で読んだので、複雑ながら面白かったです。物語のラストから三好長慶の凄さを感じてほしいです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る