ますな(ますな)さん 家老   フォロー

(未入力) 

ますなさんのタイムライン

ますなさん が  松山城(愛媛県松山市) の写真をアップしました(2022-09-20)

登り石垣
登り石垣

登り石垣は洲本、彦根城でも見られるが、松山城の南登り石垣はほぼ完全に残っているため、日本で最大の規模とされる。

ますなさん が  大洲城(愛媛県大洲市) の写真をアップしました(2022-09-20)

西門跡から見た天守
西門跡から見た天守

西門跡は、天守の南、大洲高校の東。ここからお城に向かって北上すると三の丸南隅櫓がある。

ますなさん が  松山城(愛媛県松山市) を攻城しました(2022-09-19)

松屋城への登城ルートはいくつかあるが、県庁裏の道を登ると登り石垣を見学することができる。乾門から天守の北西、古町口に通じる道は、気持ちの良い山道となっている。

ますなさん が  大洲城(愛媛県大洲市) を攻城しました(2022-09-19)

ますなさん が最近のひとことを更新しました(2022-07-27)

洲本城の本丸がある三熊山の西、曲田山の北麓に旧益習館庭園がある。城下町を散策しているときに偶然出会った。ここは淡路城代家老稲田氏の西荘(別荘)庭園として築かれた。嘉永7年に稲田氏の私塾学問所がにここに移り、益習館と称された。ダイナミックな巨岩の石組みに圧倒される。元々は石切場だったようだ。池泉回遊式庭園なので、上の岩からの庭園風景も楽しめる。

ますなさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2022-07-14)

搦め手虎口
搦め手虎口

天守台の西に位置する。搦め手口の北に西登り石垣がある。

ますなさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2022-07-14)

西の丸
西の丸

西の丸は、本丸から西に少し離れたいちにある。西の丸の西側の石垣。

ますなさん が  洲本城(兵庫県洲本市) の写真をアップしました(2022-07-14)

南の丸隅櫓跡
南の丸隅櫓跡

この石垣の上が南の丸。

ますなさん が  洲本城(兵庫県洲本市) を攻城しました(2022-07-14)

ますなさん が  高知城(高知県高知市) の写真をアップしました(2022-06-17)

三の丸長宗我部石垣
三の丸長宗我部石垣

三の丸に埋まっていた長宗我部時代の石垣。山内一豊が長宗我部氏に代わって土佐に入国した際にに当時の建物を破壊し、石垣の全面に盛土をして曲輪を拡張したとされる。山内氏石垣の石材より少し小ぶり。

ますなさん が  高知城(高知県高知市) の写真をアップしました(2022-06-17)

水路遺構
水路遺構

三の丸にある石樋に通じる水路の遺構

ますなさん が  高知城(高知県高知市) を攻城しました(2022-06-09)

ますなさん が  伊賀上野城(三重県伊賀市) を攻城しました(2022-05-25)

ますなさん が  福地氏城(三重県伊賀市) の写真をアップしました(2022-05-25)

福地城跡石碑
福地城跡石碑

城郭の南に位置する。

ますなさん が  福地氏城(三重県伊賀市) を攻城しました(2022-05-24)

ますなさん が  郡山城(奈良県大和郡山市) を攻城しました(2022-05-24)

ますなさん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) の写真をアップしました(2022-05-11)

案内板と縄張り図
案内板と縄張り図

縄張り図を持っていない人は、この案内板の図を参照あれ。

ますなさん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) の写真をアップしました(2022-05-11)

西門
西門

西門は、歴史的建造物群保存地域の北のほうにある道標を西に少し入ったところにある。

ますなさん が  観音寺城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2022-05-11)

伝目加田丸
伝目加田丸

観音正寺への参道の脇にある。

ますなさん が  観音寺城(滋賀県近江八幡市) の写真をアップしました(2022-05-11)

伝本丸の虎口
伝本丸の虎口

伝本丸裏の虎口。ここから北に下れば桑実寺に至る。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る