有楽斎()さん 家老   フォロー

身体を動かすきっかけとして始めたお城めぐりですが今ではすっかり城址の遺構を見るのが楽しみになってしまいました。特に土の城は本当に面白いですね

有楽斎さんのタイムライン

有楽斎さん が  河村城(神奈川県足柄上郡) の写真をアップしました(2020-01-14)

茶臼郭から見た障子堀
茶臼郭から見た障子堀

向かって奥が小郭で手前の茶臼郭とを分ける障子堀です。美しいのでしばし見とれてしまいます。

有楽斎さん が  葛山城(静岡県裾野市) の写真をアップしました(2020-01-14)

西曲輪
西曲輪

西の堀切から急な斜面を登った先にあります。この先は西の尾根に繋がっており小さい曲輪跡があるようですが崩落の危険がありそうで進むのは躊躇われました。

有楽斎さん が  葛山城(静岡県裾野市) の写真をアップしました(2020-01-14)

西の堀切
西の堀切

二の丸・本曲輪と西曲輪を分ける深い堀切です。ここから6号竪堀も伸びています。

有楽斎さん が  葛山城(静岡県裾野市) の写真をアップしました(2020-01-14)

登城口から登城路を見上げる
登城口から登城路を見上げる

ここを10分程度まっすぐ登ります。整備されていて楽に登れます。登った先に東の堀切と2号竪堀に行けます。元は登城路ではなかったかもしれません。

有楽斎さん が  葛山城(静岡県裾野市) の写真をアップしました(2020-01-14)

仙年寺参道
仙年寺参道

この参道を登ってお堂の左側に登城口があります。参道のすぐ脇に駐車スペースがあります。

有楽斎さん が最近のひとことを更新しました(2020-01-14)

今年最初の攻城は地元の平山城・葛山城。この遺構の素晴らしいのは、平地の館跡と山城部分がほぼ完全な形で残されていることです。これが中世城郭の典型ともいえる構造になっており、100名城でなくてもこれだけの規模の遺構を見せてくれる城郭は静岡県東部ではあまりありません。無名なせいで注目度は低いですが、手付かずのまま残されているにもかかわらず登城路の整備や遺構を紹介する案内板などじっくり楽しみたい人にはたまらないお城です。静岡東部にお越しの際はぜひ裾野ICからクルマで15分のこの城をぜひマークしてください。

有楽斎さん が  河村城(神奈川県足柄上郡) を攻城しました(2020-01-14)

有楽斎さん が  葛山城(静岡県裾野市) を攻城しました(2020-01-14)

前回は駆け足で攻城したので今回は城の西側を中心に探索。仙年寺参道前に駐車し、寺の横にある登城口から登る。西曲輪と二の丸・本曲輪を分ける西の堀切から西曲輪によじ登るような感じなるが大したことはありません。西曲輪も十分な広さがありそこから西の尾根に沿って小さい曲輪があったものと想像できます(今はだいぶ崩れてしまったのか痕跡は少なめ)西曲輪の北側は急斜面になっており一部段々の腰曲輪状になっています。それにしてもこの城はあまり有名ではないですが地元の方の手入れが行き届き遺構をじっくり観察できます。感謝。

有楽斎さん の読者投稿欄「来年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀はどんな人だったと思いますか?」への回答が公開されました(2020-01-01)

 大河も始まりますし、ナイスなお題ですね。朝倉家に仕え、そこから足利義昭に仕えることになったりして、最後は信長にも目を付けられ出世していきます。まさにあの信長でさえ見込んだ「知略にとんだ武将」であったと思うしかないですよね。信長がそれだけ信頼していたからこそ、見事なクーデターになったわけで、その辺の裏事情を1年かけて解き明かしていってもらいたいものです。
 三英傑はのちにいろいろな脚色された?エピソードが多く伝わっていますが、光秀のように、これだけ出世した武将がそれに類するエピソードがないはずがないだろうと思います。その辺も大河で描かれるのがとても楽しみです。

有楽斎さん が  黒井城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2019-12-24)

興禅寺水堀
興禅寺水堀

戦国時代の館の雰囲気がぷんぷんします。

有楽斎さん が  黒井城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2019-12-24)

興禅寺門前の春日局出生地の石碑
興禅寺門前の春日局出生地の石碑

興禅寺は黒井城の麓にあり館があった場所です。斎藤利三の娘である春日局はここで生まれたんですね

有楽斎さん が  亀山城(京都府亀岡市) を攻城しました(2019-12-22)

有楽斎さん が  篠山城(兵庫県丹波篠山市) を攻城しました(2019-12-22)

有楽斎さん が  黒井城(兵庫県丹波市) を攻城しました(2019-12-22)

有楽斎さん が  鬼ノ城(岡山県総社市) の写真をアップしました(2019-12-22)

西門
西門

西門から南側エリアは急激に下っていく感じです。南側の見晴らしが非常に良くこの方向の監視が重視されていたのかと感じます。今となっては絶景ポイントです。振り返ると西門が大きく高く見えます。

有楽斎さん が  津山城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2019-12-22)

表中門
表中門

三の丸から備中櫓を見上げると要塞感満載です。

有楽斎さん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2019-12-22)

天守(北側から)
天守(北側から)

本丸から見える姿もいいですが北側の姿は変化があって勇壮です。

有楽斎さん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(2019-12-22)

西丸西手櫓
西丸西手櫓

コンフォートホテル南隣の駐車場から見上げることができます。

有楽斎さん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2019-12-22)

遥か下に城下を望む
遥か下に城下を望む

シャトルバスに感謝しつつ、それでも険しい登城を経て振り返ると高梁市街地です。

有楽斎さん が  竹田城(兵庫県朝来市) を攻城しました(2019-12-22)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版 (歴史群像シリーズ)

現存天守である姫路城を遙かに凌駕した寛永期江戸城や駿府城・徳川期大阪城など、再現されているだけでワクワクします。徳川期城郭の主役、藤堂高虎一代記もとても興味深かったです。天下統一なった徳川だからこそ実現した白亜の大規模城郭が堪能できます。

hiro.Eさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る