ハーツクライ()さん 奉行 サポーター   フォロー

100名城と続100名城を中心にめぐってます。
城巡り前の下調べでは攻城団活用させてもらってます。1月に大河ドラマにちなみ明智光秀バッジ獲得を目標にし、あと3つで足踏み状態です。コロナが落ちつくまで焦らずしていきたいです。
代わりに自宅から日帰りでまわれるお城を中心にコロナ対策をしながらまわっています。そのときは現地で手に入れられる御城印も集めようと思います。
(ただ、地元秋田県は4月くらいから熊目撃情報多発により公園以外は後回し中)
8月に11城に増えた南部お城めぐりはコンプできました。次は村上城か米沢城目標です。

9/8現在
日本百名城 93/100(スタンプは92個)
続百名城 57/100
攻城団バッジ 33個
通算御城印獲得 27城

ハーツクライさんのタイムライン

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(10:18:57)

復元石垣と三の門
復元石垣と三の門

料金所側から

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(10:18:57)

天守台石垣
天守台石垣

南側から

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:18)

光岳寺山門
光岳寺山門

小諸城移築足柄門

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:18)

大手門公園
大手門公園

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:17)

小諸宿本陣主屋
小諸宿本陣主屋

地下道をくぐり大手門公園手前

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:17)

北の丸横
北の丸横

二の丸側へ向けて

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:16)

水の手不明御門跡
水の手不明御門跡

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:16)

馬場横の土塁
馬場横の土塁

南側から

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:16)

馬場
馬場

南側から

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(09:46:15)

富士見展望台
富士見展望台

ここから富士山が見えるようですがこの日は雲で見えず

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

天守台石垣の上
天守台石垣の上

南側

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

天守台跡
天守台跡

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

天守台石垣と馬場
天守台石垣と馬場

北側から

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

天守台石垣
天守台石垣

北西側から

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

黒門跡石垣
黒門跡石垣

北側から
苔と野面積み石垣マッチしてなんとも言えないほどいいです。

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

懐古神社
懐古神社

本丸跡に鎮座
社務所で御朱印と御城印も販売しています

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

天守閣跡
天守閣跡

天守台の上に上れます

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

天守台と手前の石垣
天守台と手前の石垣

大ケヤキの近くから

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

鏡石
鏡石

懐古神社内

ハーツクライさん が  小諸城(長野県小諸市) の写真をアップしました(2020-10-25)

懐古神社鳥居
懐古神社鳥居

本丸跡

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

明石城完全攻城ガイド

各見所のポイントを箇条書きにしたところは新鮮でした。だらだらと文章で書かれるより良いですね。文章を読ませたいわけではなく、見所をプロモーションしたいわけなのだから。
見落とされがちな遺構を丹念に拾っているのも好感が持てます。複数の城を紹介した書籍では、その中の1つの城にここまでは紙幅を割けないですからね。
1つの城について1冊にまとめて刊行されるのは(地元の歴史家の自費出版を除くと)一部の有名城郭に限られるので、ややマイナーな城をフィーチャーしたこういう取り組みは価値があると思います。シリーズ化を期待します。

CLADさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る