ハーツクライ()さん 奉行 サポーター   フォロー

100名城と続100名城を中心にめぐってます。
城巡り前の下調べでは攻城団活用させてもらってます。1月に大河ドラマにちなみ明智光秀バッジ獲得を目標にし、あと3つで足踏み状態です。コロナが落ちつくまで焦らずしていきたいです。
代わりに自宅から日帰りでまわれるお城を中心にコロナ対策をしながらまわっています。そのときは現地で手に入れられる御城印も集めようと思います。
(ただ、地元秋田県は4月くらいから熊目撃情報多発により公園以外は後回し中)
8月に11城に増えた南部お城めぐりはコンプできました。次は村上城か米沢城目標です。

9/8現在
日本百名城 93/100(スタンプは92個)
続百名城 57/100
攻城団バッジ 33個
通算御城印獲得 27城

ハーツクライさんのタイムライン

ハーツクライさん が  上山城(山形県上山市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-12-11)

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-12-06)

黒門
黒門

土塁上から。上から見ると桝形なのがよくわかります。黒門の復元計画が待ち遠しいです。

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-12-06)

二の丸土塁と紅葉
二の丸土塁と紅葉

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-12-06)

本丸土塁の雪吊り
本丸土塁の雪吊り

本丸土塁一面の雪吊り(つつじ)。これを見ると冬の訪れを感じられます。

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-12-06)

裏門跡
裏門跡

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-29)

帯曲輪門跡
帯曲輪門跡

土塁の上から見たところ、かなりの高さの土塁です

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-29)

帯曲輪門跡
帯曲輪門跡

御隅櫓の東側、高い土塁で囲まれた桝形になってます

ハーツクライさん が  岩崎城(秋田県湯沢市) の写真をアップしました(2020-11-29)

三の郭
三の郭

主郭から

ハーツクライさん が  岩崎城(秋田県湯沢市) の写真をアップしました(2020-11-29)

帯曲輪
帯曲輪

主郭東側の帯曲輪

ハーツクライさん が  岩崎城(秋田県湯沢市) の写真をアップしました(2020-11-29)

主郭からの眺め
主郭からの眺め

十文字方面
美味しい十文字ラーメンのお店多数あります

ハーツクライさん が  西馬音内城(秋田県羽後町) の写真をアップしました(2020-11-29)

堀跡
堀跡

主郭と飯塚館間の堀跡

ハーツクライさん が  西馬音内城(秋田県羽後町) の写真をアップしました(2020-11-29)

南郭
南郭

主郭南側から見たところ

ハーツクライさん が  西馬音内城(秋田県羽後町) の写真をアップしました(2020-11-29)

本丸跡
本丸跡

ハーツクライさん が  西馬音内城(秋田県羽後町) の写真をアップしました(2020-11-29)

井戸跡
井戸跡

本丸跡標柱手前

ハーツクライさん が  西馬音内城(秋田県羽後町) の写真をアップしました(2020-11-29)

西馬音内城跡
西馬音内城跡

本丸跡標柱手前

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-24)

本丸土塁と御隅櫓
本丸土塁と御隅櫓

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-24)

御隅櫓
御隅櫓

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-24)

本丸
本丸

表門の先

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-24)

表門
表門

ハーツクライさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-11-24)

長坂門
長坂門

表門側

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る