ハーツクライ()さん 奉行 サポーター   フォロー

100名城と続100名城を中心にめぐってます。
城巡り前の下調べでは攻城団活用させてもらってます。
2020年は麒麟がくるの大河にあわせて明智光秀にちなんだお城を中心にまわり、明智光秀バッジ獲得目標です。
地方に住んでいるので一気にまわれませんがコツコツとまわっていきたいです。

1/15現在
日本百名城 93/100(スタンプは92個)
続百名城 57/100
攻城団バッジ 23個

ハーツクライさんのタイムライン

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-24)

西曲輪の土塁上
西曲輪の土塁上

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-24)

西曲輪北枡形内部
西曲輪北枡形内部

土塁上から

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-24)

西曲輪北枡形
西曲輪北枡形

北側から

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-24)

西曲輪北桝形
西曲輪北桝形

曲輪内部から

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-24)

西曲輪内部
西曲輪内部

南側から北桝形に向けて

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-24)

西曲輪内部
西曲輪内部

北側から

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-24)

主郭
主郭

政岡の墓のある郭

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-24)

主郭の南側の崖
主郭の南側の崖

写真奥側が崖になってました

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-24)

堀切
堀切

藪がなければえぐれているのがもっとわかりそう

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-24)

政岡の墓のある郭と西側の郭のの間の土橋っぽいところ
政岡の墓のある郭と西側の郭のの間の土橋っぽいところ

写真の左右が堀切になってました

ハーツクライさん が  堀田城(秋田県大仙市) の写真をアップしました(2020-06-20)

姥杉
姥杉

樹齢600年と言われる杉の巨木

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-20)

政岡の墓のある郭
政岡の墓のある郭

登りきると平らな郭になってました。

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-20)

政岡の墓のある郭入り口
政岡の墓のある郭入り口

虎口のようになっている感じです。(あとから造られたものかも)

ハーツクライさん が  堀田城(秋田県大仙市) の写真をアップしました(2020-06-20)

空堀と土塁遺構
空堀と土塁遺構

芝生広場の水路を近くから

ハーツクライさん が  堀田城(秋田県大仙市) の写真をアップしました(2020-06-20)

空堀と土塁遺構
空堀と土塁遺構

城址西側の芝生広場の水路

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-19)

西曲輪南枡形
西曲輪南枡形

土塁上から

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-19)

西曲輪南枡形
西曲輪南枡形

曲輪内部(北側)から

ハーツクライさん が  躑躅ヶ崎館(山梨県甲府市) の写真をアップしました(2020-06-19)

西曲輪南枡形
西曲輪南枡形

みその橋側から

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-19)

登城道
登城道

冨塚重信の墓案内板から更に登っていきます。

ハーツクライさん が  真坂館(宮城県栗原市) の写真をアップしました(2020-06-19)

冨塚重信の墓案内板
冨塚重信の墓案内板

登城道途中にあります

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

最低の軍師 (祥伝社文庫)

発売当初、手に取ってそっと戻した本でした。今回改めて読む気になったのは臼井城攻城と攻城団のレビューでした。読み始めたら止まらず、一気に読んでしまいました。途中話が大きくなっていく為、大丈夫だろうかと心配しましたが、それこそがクライマックスの仕掛けで唸ってしまいました。
ちなみに前に紹介したアンソロジーの小川祐忠の作家はこの人でした。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る