あきお()さん 家老   フォロー

尾張を拠点にお城巡りをしています。
100名城を目指しながらも寄り道ばかりしています。

あきおさんのタイムライン

あきおさん が最近のひとことを更新しました(2020-10-13)

年内中に東北の100名城あと6城をなんとか攻略できないかと計画中。
しかもそれぞれ日帰り旅行にて( ; ; )
効率の良い周り方を模索中です。

あきおさん が  敦賀城(福井県敦賀市) を攻城しました(2020-10-12)

日本海さかな街で海鮮丼を食べた後に寄りました。車で10分です。真願寺の境内の中に城跡碑はあります。

あきおさん が  敦賀陣屋(福井県敦賀市) を攻城しました(2020-10-12)

敦賀城跡から車で約5分。
ナビ通りに進み、鞠山神社前に車を停め、歩いて奥に見えるフェンスまで行き写真を撮りました。

あきおさん が  久保田城(秋田県秋田市) の写真をアップしました(2020-10-11)

御隅櫓
御隅櫓

舗装された土塁?の上を進むと御隅櫓です。

あきおさん が  盛岡城(岩手県盛岡市) の写真をアップしました(2020-10-10)

本丸門の石垣
本丸門の石垣

石の加工、仕上げに目が行きました。

あきおさん が  盛岡城(岩手県盛岡市) の写真をアップしました(2020-10-09)

盛岡城の石垣
盛岡城の石垣

見事な総石垣造のお城でした。
石垣には矢穴が目立ち、荒削りな印象でした。

あきおさん が  盛岡城(岩手県盛岡市) を攻城しました(2020-10-04)

もりおか歴史文化館にてスタンプをゲットしたあとガイドマップを手に攻城。
東北随一の石垣の城を散策しました

あきおさん が  久保田城(秋田県秋田市) を攻城しました(2020-10-04)

小雨の中の攻城。見事に土で造成された曲輪でした。御隅櫓からは秋田市内を一望できます。

あきおさん が  犬山城(愛知県犬山市) の写真をアップしました(2020-09-13)

木曽川鵜飼と犬山城
木曽川鵜飼と犬山城

鵜匠さんが屋形船に向かって鵜飼の説明を始めるところです。

あきおさん が  小牧山城(愛知県小牧市) の写真をアップしました(2020-09-12)

史跡小牧山模型
史跡小牧山模型

山の全周を土塁で取り囲まれているのが再現されています。
山の南側に信長が整備した町割りが表されています。

あきおさん が  小牧山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2020-09-12)

あきおさん が  小牧山城(愛知県小牧市) の写真をアップしました(2020-09-06)

小牧市歴史館
小牧市歴史館

最上階からの眺望は素晴らしいです。
信長や秀吉がこの山に住居を構え、後に家康もここに陣を置きました。

あきおさん が  小牧山城(愛知県小牧市) の写真をアップしました(2020-09-06)

眺望 南側
眺望 南側

小牧山の南側には当時、信長が作った城下町が広がっていました。手前の市役所から中央を走る高速道路を越えた辺りまで。

あきおさん が  小牧山城(愛知県小牧市) の写真をアップしました(2020-09-06)

眺望 岐阜側
眺望 岐阜側

判りづらいですが、遠くに見える正面の山が稲葉山、岐阜城です。その奥には伊吹山。山を超えると琵琶湖です。

あきおさん が  小牧山城(愛知県小牧市) を攻城しました(2020-09-06)

山頂の小牧市歴史館のガイドの方の説明が面白おかしく、ためになります。
ついつい聞き入っていました。

あきおさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2020-09-04)

緑に埋もれる未申櫓
緑に埋もれる未申櫓

よく見ると櫓の瓦も緑色の銅瓦となっています。

あきおさん が  弘前城(青森県弘前市) の写真をアップしました(2020-08-29)

天守
天守

寒冷地対策の銅瓦が、青味を帯びて独特の風格があります。

あきおさん が  弘前城(青森県弘前市) を攻城しました(2020-08-29)

あきおさん が  浪岡城(青森県青森市) の写真をアップしました(2020-08-28)

城跡図
城跡図

あきおさん が  浪岡城(青森県青森市) の写真をアップしました(2020-08-28)

北館
北館

土塁で囲まれた曲輪の中に板塀で通路が再現されています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

覇道の槍 (時代小説文庫)

三好長慶フィーチャー記念。とはいえ主人公は長慶ではなく父元長で堺幕府の成立と瓦解の物語です。信長登場以前の近畿情勢をよく知らない所で読んだので、複雑ながら面白かったです。物語のラストから三好長慶の凄さを感じてほしいです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る