n1951()さん 太閤 サポーター   フォロー

子供の頃から歴史好きでした。
長篠城の案内標識をドライブ途中で見つけ、なにげなく寄ったのをきっかけに
歴史好きが再燃し、城めぐりにハマっています。

n1951さんのタイムライン

n1951さん が  勘次ヶ城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

城址風景
城址風景

n1951さん が  勘次ヶ城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

城址風景
城址風景

n1951さん が  勘次ヶ城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

倭寇像
倭寇像

n1951さん が  勘次ヶ城(長崎県五島市) を攻城しました(2022-09-27)

n1951さん が  富江陣屋(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

大手門(實相寺山門)
大手門(實相寺山門)

ご住職にお話を伺えました、陣屋からの移築門で間違いないそうです。
老朽化が激しく都度修復を重ねたので、だいぶ外観は変わってしまったそうです。

n1951さん が  富江陣屋(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

舟手の石倉(非常倉)
舟手の石倉(非常倉)

救貧に備え町方に建てられた非常倉です。

n1951さん が  富江陣屋(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

六道地蔵塔
六道地蔵塔

陣屋内西隅にあった地蔵塔です。
九州唯一の偈碑だそうです、上部には六体の地蔵尊が彫られています。

n1951さん が  富江陣屋(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

石蔵内部
石蔵内部

n1951さん が  富江陣屋(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

陣屋石蔵
陣屋石蔵

n1951さん が  富江陣屋(長崎県五島市) を攻城しました(2022-09-27)

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-27)

嘯月園(詰城)
嘯月園(詰城)

表向きは五島氏の茶亭となっていますが、総石垣造りの詰城だったようです。
太陽光パネル施設建設のため破壊されかけましたが史跡として守られました
しかしその後全く未整備で放置され、背丈を超える雑草に全てが覆われ僅かに石垣が見えるだけです
非常に残念な遺構です。

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-26)

御隠殿埋門(二ノ郭側)
御隠殿埋門(二ノ郭側)

二ノ郭側は土塁ですが、御隠殿側(五島氏庭園)は石垣です。

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-26)

常灯鼻
常灯鼻

防波堤を兼ねた灯台です。

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-26)

城址碑
城址碑

めがね橋門の横にあります。

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-26)

舟入と水門跡
舟入と水門跡

図書館の裏側にあります。

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-26)

御隠殿の抜け穴
御隠殿の抜け穴

御隠殿(五島氏庭園)から外濠に抜けられ、外側には常に小舟が置かれていたそうです。

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) の写真をアップしました(2022-09-26)

本丸めがね橋門跡
本丸めがね橋門跡

n1951さん が  福江城(長崎県五島市) を攻城しました(2022-09-26)

n1951さん が最近のひとことを更新しました(2022-09-25)

23日から五島列島の福江を廻っていました、今帰りの飛行機待ちです。台風は逸れてくれたので、予定の攻城団登録3城、未登録4城全て攻城できました。
お土産はもちろん石田城もなか、砂糖をまぶした豪華版です。

n1951さん が  黒井城(兵庫県丹波市) を攻城しました(2022-09-13)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る