韓琦()さん 奉行   フォロー

(未入力) 

韓琦さんのタイムライン

韓琦さん が  八百里城(兵庫県丹波篠山市) の写真をアップしました(2024-04-16)

登城路
登城路

フェンスすぐ横を歩いて登ってください。先に鳥獣防護柵があるのでそれを越えたら尾根まで直登です

韓琦さん が  八百里城(兵庫県丹波篠山市) の写真をアップしました(2024-04-16)

登城口入り口
登城口入り口

八百里集落からの入り口

韓琦さん が  光明山城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-15)

登城林道
登城林道

倒木多数:車高の高い車両は不可です

韓琦さん が  光明山城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-15)

高速高架をくぐったところ
高速高架をくぐったところ

中央の林道(ダート)に進入してください

韓琦さん が  光明山城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-14)

駅北第1公園の先の分岐
駅北第1公園の先の分岐

ここは右に進んでください

韓琦さん が  下土井城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-14)

遠景
遠景

バス停下土井からの遠景

韓琦さん が  下土井城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-14)

登城口
登城口

韓琦さん が  下土井城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-14)

登城路
登城路

鳥獣防護柵の先は藪漕ぎ必至です

韓琦さん が  下土井城(兵庫県相生市) の写真をアップしました(2024-04-14)

登城口
登城口

バス停下土井の前の民家の脇に登城口あり

韓琦さん が団員名を変更しました(旧・范仲淹さん)(2024-04-13)

韓琦さん が  須知城(京都府京丹波町) の写真をアップしました(2024-04-12)

玉雲寺手前の案内板
玉雲寺手前の案内板

とっても小さいので見落とさないよう注意

韓琦さん が  仁位山城(兵庫県佐用町) の写真をアップしました(2024-04-08)

登城口
登城口

仁位山公民館の奥の小径を入ったところに登城口あり。ゲートを開けてそのまま車で頂上まで登れます。

韓琦さん が  長谷高山城(兵庫県佐用町) の写真をアップしました(2024-04-08)

登城路分岐
登城路分岐

駐車スペース横の小径を上がった先の分岐:左が鐘撞堂への最短路。そこから尾根を辿って主郭に行けます。分岐右は主郭への直行路ですが、藪がかなり深い。

韓琦さん が  長谷高山城(兵庫県佐用町) の写真をアップしました(2024-04-08)

駐車スペース横のトイレ
駐車スペース横のトイレ

昔(2019年以前)は高山城ふれあいの里のトイレだったようです。現在は見捨てられた状態。ちなみにトイレ横で城跡案内板も横倒しになっていました。

韓琦さん が  長谷高山城(兵庫県佐用町) の写真をアップしました(2024-04-08)

登城口入り口
登城口入り口

r547入ってすぐ、高速をくぐる部分。奥の防護柵は自由に開けられます。

韓琦さん が  三尾城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2024-03-23)

中山登城口ゲート
中山登城口ゲート

中山公民館の先にあります。ただこのゲートを抜けた先は案内がまったくありません。

韓琦さん が  三尾城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2024-03-23)

中山公民館から三尾山遠望
中山公民館から三尾山遠望

韓琦さん が本城を  黒井城(兵庫県丹波市) に変更しました(2024-03-22)

韓琦さん が  篠原城(徳島県阿波市) の写真をアップしました(2024-03-15)

フェンス越しの石碑
フェンス越しの石碑

周囲には太陽光パネル設置が複数個所ありますので注意。石碑は案内神社の北西方向。

韓琦さん が  原田城(徳島県阿波市) の写真をアップしました(2024-03-15)

登城路入り口
登城路入り口

民家の間を進んでください

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る