市川グランドホテル(BBHホテルグループ)は千葉県の「舞浜・浦安」エリアにあるホテルです。もっとも近いお城は国府台城です。

もう一度周辺地図を表示する

市川グランドホテル(BBHホテルグループ)

駅から近くて、都内・TDR・幕張も好アクセス!飲食店も多数あり♪
提供:じゃらん
JR市川駅徒歩約3分。ビジネス、TDR、スカイツリー観光も便利
幕張メッセ、TDR、東京スカイツリーなどの観光、ビジネスに最適な立地。
全客室・加湿空気清浄機常備、無線LAN(Wi-Fi)接続無料!、サータ社仕様ベッド導入
全国約140店舗展開中のBBHホテルグループ!
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 市川グランドホテル(BBHホテルグループ)
住所 〒272-0034 千葉県市川市市川1-3-18  SRビル市川(1階千葉興業銀行)6階フロント
交通案内
  • 【東京駅より】車/国道14号線を千葉方面へ走ると案内看板あり ~京葉道路 市川IC~国道14号線に出て東京方面に走ると、道沿いの左手にあり 車以外/総武快速線で一本約19分。JR市川駅から北口を出て徒歩3分
チェックイン
  • チェックイン 14:00
  • チェックアウト 11:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を10件表示しています

国府台城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

国府台城
483 国府台城 制覇   別名 市川城、市河城、鴻之台城

[千葉県][下総] 千葉県市川市国府台

平均評価:★★★☆☆ 2.61(0位) 見学時間:40分(0位) 攻城人数:246人(305位)
大野城
1126 大野城 制覇   別名 御門城

[千葉県][下総] 千葉県市川市大野町3

平均評価:★★☆☆☆ 2.20(0位) 見学時間:23分(0位) 攻城人数:67人(989位)
松戸城
950 松戸城 制覇   別名 松渡城

[千葉県][下総] 千葉県松戸市松戸

平均評価:★★☆☆☆ 2.40(0位) 見学時間:34分(0位) 攻城人数:127人(527位)
葛西城
943 葛西城 制覇

[東京都][武蔵] 東京都葛飾区青戸

平均評価:★★☆☆☆ 2.21(0位) 見学時間:19分(0位) 攻城人数:133人(504位)
相模台城
2440 相模台城 超制覇   別名 岩瀬城

[千葉県][下総] 千葉県松戸市岩瀬473-9

平均評価:★★☆☆☆ 2.14(0位) 見学時間:20分(0位) 攻城人数:94人(686位)
金杉城
1128 金杉城 超制覇

[千葉県][下総] 千葉県船橋市金杉2

平均評価:★★☆☆☆ 1.71(0位) 見学時間:18分(0位) 攻城人数:57人(1191位)
夏見城
1127 夏見城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県船橋市夏見6-23

平均評価:★★☆☆☆ 2.47(0位) 見学時間:19分(0位) 攻城人数:66人(1006位)
米ヶ崎城
1130 米ヶ崎城 超制覇

[千葉県][下総] 千葉県船橋市米ケ崎町城之内

平均評価:★★☆☆☆ 2.18(0位) 見学時間:16分(0位) 攻城人数:60人(1125位)
高根城
1129 高根城 制覇

[千葉県][下総] 千葉県船橋市高根町

平均評価:★★☆☆☆ 2.21(0位) 見学時間:19分(0位) 攻城人数:59人(1152位)
石浜城
1373 石浜城 超制覇

[東京都][武蔵] 東京都荒川区南千住3

平均評価:★★☆☆☆ 2.15(0位) 見学時間:18分(0位) 攻城人数:112人(578位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

歴史を考えるヒント (新潮文庫)

いわゆる「網野史学」の入門みたいな感じの一冊です。百姓=農民ではない、「日本」という言葉をいつから使うようになったのか、など「言葉」から中世の歴史を読み解いています。言葉が世の中に浸透していった背景などを紐解きつつ、定住農耕民族以外の「無縁」社会についての史学観にふれることが出来ます。(余談ですが、隆慶一郎さんの小説は、網野史学を大いに取り入れていますね)

コースケさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る