まだすべての情報を掲載できていませんが、順次加筆していきます。
いいけ

彦根橘(井伊橘) 井伊家(兵部少輔家)

井伊家(兵部少輔家)の概要

大名種別
いわゆる親藩・譜代・外様の分類
譜代
大名の格
幕府が定めた大名家の格付け
城主格
石高
歴代当主が与えられた最高石高
2万石
控えの間
江戸城に登城した際に待機する部屋(詰所)
帝鑑之間
官位(武家官位)
歴代当主が与えられた最高官位
従四位下
爵位
1884年(明治17年)の華族令制定時に与えられた爵位
子爵

井伊家(兵部少輔家)の歴史

近江国彦根藩井伊家の分家は、宗家の初代・直政の嫡男・直勝が興している。直勝は病気がちだったため、宗家の家督は弟の直孝にゆずったのだ。
1615年(元和元年)、直勝は家康から3万石を与えられ、上野国安中藩を立てる。2代・直好のときに三河国西尾藩、遠江国掛川藩へと転封された。

しかし、4代・直朝が「失心」をわずらい、参勤交代の期日を破ったことで一度、改易されてしまう。ただ、分家とはいえ群を抜く家格を持つ井伊家の血筋であることから家督の相続は許され、越後国与板藩2万石が5代・直矩に新たに与えられた。

幕末の「桜田門外の変」は分家の井伊家にも大きな衝撃を走らせる。戊辰戦争では与板藩井伊家はいち早く新政府軍に加わるが、徳川家の宿老たる井伊一門が倒幕に走ったと佐幕派の怒りを買い、会津藩を中心とした奥州の幕府軍の猛攻を受けて与板城は焼失した。
版籍奉還後、14代・直安が与板藩知事に任命され、後に子爵位を授けられた。

井伊家(兵部少輔家)の歴代当主

  1. 井伊直勝
  2. 井伊直好
  3. 井伊直武
  4. 井伊直朝
  5. 井伊直矩
  6. 井伊直陽
  7. 井伊直員
  8. 井伊直存
  9. 井伊直郡
  10. 井伊直朗
  11. 井伊直暉
  12. 井伊直経
  13. 井伊直充
  14. 井伊直安

井伊家(兵部少輔家)の分家

井伊家(井伊掃部頭家)

井伊家(兵部少輔家)

井伊家(兵部少輔家)が藩主をつとめた藩の履歴

江戸幕府が樹立された1603年(慶長8年)から、廃藩置県が断行された1871年(明治4年)までの期間において、井伊家の当主が藩主をつとめた履歴です。

佐和山藩 18万石

1600年(慶長5年)〜1615年(元和元年) 彦根藩の成立とともに廃藩

与板藩 2万石

1706年(宝永3年)1月〜1873年(明治6年)

井伊家(兵部少輔家)の家紋

  • 彦根橘(井伊橘)

    彦根橘(井伊橘)

このページに記載してある内容の大半は 榎本事務所に寄稿していただきました。ありがとうございます!
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

古城物語 (時代小説文庫)

櫓や門、井戸と言った遺構(場所もはっきりしないものもありますが)にまつわるエピソードとメインテーマにした作品。
全9話の短編(安土城の鬼門櫓・大阪城の天守閣・春日山城の多聞堂・名古屋城のお土居下・稲葉山城の一の門・熊本城の空井戸・姫路城の腹切丸・彦根城の廊下橋・鹿児島城の蘇鉄)
不条理で暗い物語が多いですが、攻城の際に現地で想いを馳せるのも一興かと。

遠里小野さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る